本田博太郎さん観賞ノート

新作・旧作・・・観賞繁多のこの頃です。
このページの“見張り用”は映画やネット配信の予定です。
TVドラマ予定はリンクから“観賞ノートのオマケだよ”をご覧ください。
DVD発売予定はMrIijimaJournalのトップページ。秘密の手紙はrokuya@infoseek.jp、または、左下のメッセージボックスへ!

 

カレンダー

2017年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

rokuyaの掲示板の記事

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

amazon

Who are you? What time is it now? Who's Camus anyway?

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:rokuya
尾張のむるぞうさま
レポートありがとうございます。
聴衆が20人弱とはさびしいですね。「まだ空いてるんだろうか!」などと書いてはまずかったかも。
『カミュなんて知らない』の話題はあまり出なかったんでしょうか。
投稿者:尾張のむるぞう
似た内容のを“学生宣伝部ブログ”にもコメントいたしましたが、あしからず。
投稿者:尾張のむるぞう
「映画座談会」に出席した尾張のむるぞうです。
聴衆はほとんど爺さん婆さん、まあ『タイクツな殺人者』の被害者ヨロシクというところで、20人弱ほど。
柳町監督は、愛知県というロケーションと聴衆の年齢構成を意識なさったのか、豊川の事件と不可解な若者ということを強調なさっていました。ただ、私の見るところ(実は、もう『カミュなんて知らない』は拝見していてシナリオも読んでますが)、『カミュなんて知らない』は、豊川事件を正面から扱ってはいない。もちろん、柳町監督個人は豊川事件に興味をもたれ触発されたこともおありでしょうが、『カミュなんて知らない』の中では、あの事件は触媒のようなもので、それを扱った映画制作によって学生たちは火花を散らし始め様々な面を見せるのだと思います。
この会では、第一部は講演のはずでしたが、それはなくなってずーっと座談会でした。『カミュなんて知らない』は、当初早稲田大学の協力を得て撮るつもりで仮題は『早稲田の森のタイクツな殺人者』だったこと、監督は、監督としてのキャリアを始める頃はご自分の40歳代くらいで映画はなくなるかもしれないと思っていらっしゃったことなどは大変興味深く聴かせていただきました。しかし、柳町監督と司会者やシネマスコーレの人は事前に何を話題にするかなど何の打ち合わせもしてなかったのでしょうか?どうも“映画の仕事師”とか“柳町流映画作法”、“映画の中の映画”といううたい文句から期待されるのとは大きくかけ離れた話題になっていました。特に司会者は、どんなバックグラウンドの人か知りませんが、映画とはまるで関係ない話を長々としたり大問題です。そのためもあってフロア(というよりも畳)からの質問も人生相談だか教育相談みたいで、柳町監督にはお気の毒だったかもしれません。司会者がダメなら、シネマスコーレの方が『カミュなんて知らない』の魅力をアピールするような方向に話を持っていくとか、もっとがんばらなければいけなかったですね。正直言ってあまり結構な会とは申せませんでした。聴衆の少なさや年齢構成から手を抜いたのだとしたら、一言申しあげます、年寄り(といっても、ワシ、柳町監督や司会者より若いぞ)をなめてんじゃねえぞ!
投稿者:rokuya
三宅輝聡さま
“コミカルにシニカルに,そして,リリカルに”
そうです!これが同居するのが、博太郎さんの魅力です。NO1は、人それぞれですから。
投稿者:三宅輝聡
本田さんのキャスティングは予想以上に素晴らしくて作品に大きな力を与えてくれたように思います。どういう角度から観ても,柳町監督がモデルなのに,全く正反対の「こもった声と抑制した動き」で鬱屈した初老の雰囲気を見事に表現し,さらに見事に若者達から肘鉄をくらうピエロを,コミカルにシニカルに,そして,リリカルに演じられる人が他にいるでしょうか。素晴らしい! 私の「カミュ〜」のNO1は中泉さんで,NO2が本田さんです。すみません,NO1ではなくて。
投稿者:rokuya
map-kozouさま
迷惑などとトンデモナイ。ありがとうございます。
すでに、『見張り用』という固定記事から勝手にリンクさせていただいてますが、サイド・メニューのほうにも載せました。これからもよろしくお願いいたします。
投稿者:map-kozou
『カミュなんて知らない』学生宣伝部のmap-kozouです。いつもお世話になっております。
学生宣伝部ブログの右下に、『本田博太郎さん鑑賞ノート』のリンクを貼りました。mapが勝手にバナーも自作しちゃいました。ご迷惑でしたらすぐ消します。宜しかったら相互リンクお願いします。
それでは引き続き宜しくお願いします。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ