本田博太郎さん観賞ノート

新作・旧作・・・観賞繁多のこの頃です。
このページの“見張り用”は映画やネット配信の予定です。
TVドラマ予定はリンクから“観賞ノートのオマケだよ”をご覧ください。
DVD発売予定はMrIijimaJournalのトップページ。秘密の手紙はrokuya@infoseek.jp、または、左下のメッセージボックスへ!

 

カレンダー

2017年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

rokuyaの掲示板の記事

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

amazon

Who are you? What time is it now? Who's Camus anyway?

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:rokuya
渡辺監督 
いずれDVDが出るんですネ。楽しみです。

芥川龍之介よりピカソの方が、芸術という虚について肯定的みたいですね。これは、長生きした人とそうでない人の違いでしょうか?芸というものは実と虚との皮膜の間にあるもの也とか喝破した人、近松門左衛門も江戸時代としては長生き。

野蛮人を魂の奥底に住まわせるのはよいとして、ワタクシの場合、日々の振る舞いをその野蛮人に乗っ取られないようにしなくては。

上映会のサイトをさっき覗いてみたらば、当日券の案内が掲載されていました。

http://www.geocities.jp/hirotarou_rokuya/
投稿者:渡辺寿
 rokuyaさん、
 いつもいつもありがとうございます。
『侏儒の言葉』の最後の項“作家”は大好きでよく読み返すのですが、最後の最後「俳優や歌手の……」になるとぼくも分からなくなってしまいます。
 それはさておき、魂の奥底に野蛮人を一人養わねばなりません。

『Breath Less』のDVDは、出ます。たぶん。
 発売日はまだ未定です。決まり次第お知らせします。

『侏儒の言葉』をもうひとつ。“虚偽”
「わたしは不孝にも知っている。時には嘘に依る外は語られぬ真実もあることを」

 パブロ・ピカソが同じ趣旨のことを言っていた記憶があるのですが……。
 芸術とは我々に真実を語らせてくれる嘘である、だったような、ないような。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ