2011/2/6

零式三座水偵その4?  144日本軍

久しぶりの模型記事の更新です。

まずは画像を

クリックすると元のサイズで表示します

何にも進んでいないようですが・・・

一応リベット打ってます。

さらに動翼に帆布表現も・・・

拡大すると

クリックすると元のサイズで表示します

全然わからん・・・。

動翼の帆布表現についてはまた大失敗をしてしまいました。

レジンキットでは表現されていなかったのですが、何もないのも寂しいと
思ったのが失敗の始まりでした。

いつもの手抜きでいこうと思い、オリジナルの動翼を切り取って移植する
手法を採用しました。

が・・・、結果は厚みが合わなくてどうしようもありませんでした。

切り取った元の動翼を貼り直して、隙間をパテで埋めるという全く無駄な
工程を経て、0.3mmのぷら棒を貼っていきました。

これもあんまりいい出来ではないですし、切り取った傷跡が消えるかどうか
は塗装工程まで行ってみないとわかりません。

相変わらずのいきあたりばったりの工作です。

本日はここまで。

来週はカウリングとか排気管まわりの予定です。



2011/2/10  9:06

投稿者:さっちゃん

ヘタ朗さん
ご無沙汰してます。
結構さぼっていたので、飛行機模型製作の手順がまるでわからなくなってました。このタイミングでリベット打った(正確にはリベットツール転がしただけ)ところで士の字にして継ぎ目消ししたら、リベットも消えちゃうじゃん、と今頃気付いた私。
去年の今頃は、144コンに出品すべく、睡眠時間削って物凄い突貫工事をやってましたが・・・、その反動のせいか、ブログを見返したら、その後、1機も完成させていないことに今頃気付きました。情けないことです。まったく。

2011/2/7  22:20

投稿者:ヘタ朗

白いレジンは加工具合が見えにくくて、やりづらいでしょ。
機内のリブで精密感が見事に感じられますよ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ