アジア手工藝 AEO LIFE MARKET ご案内  分類なし



●イオ・ライフ・マーケット オンラインショップ
http://www.aeolm.com/



●イオ・ライフ・マーケット ショールーム
東京都荒川区町屋3−23−18(2階)

クリックすると元のサイズで表示します

オンラインショップ掲載の品モノ全品を手にとってご覧いただけるスペースです。
ご来店を心よりお待ちいたしております。

ショールームはご予約制にて営業させていただいております。

ご来店希望の方は、準備の都合上誠に恐縮ながら、お越しの前日までに
お電話若しくはメールにて事前のご予約をお願い申し上げます。


●最寄の「町屋駅」(千代田線・京成本線・都電荒川線)からの道順ご案内
(画像をクリックしていただくと拡大します)

クリックすると元のサイズで表示します
尾竹橋通り沿い「町屋3丁目バス停」の真ん前が目印です

●ご予約 tel. 03-3819-6445/e-mail. maruyama@aeolm.com 店主 丸山まで
 
店舗へのお越しにあたって、ご不明な点はメールかお電話にてお問い合わせください。

2017/9/24

サムヌアのカンボウジュ種シルク 在来種黄繭  染織




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

サムヌア産カンボウジ種シルクの繭と手引きの生糸

2017/9/23

サムヌアのカンボウジュ種シルク 在来種黄繭  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ラオス・フアパン県 サムヌアにて)

2017/9/21

20c前 タイ・ヌア 木綿×絹交織縞・腰衣用裾布  染織





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 ラオス北東部 フアパン県 Houaphan Province
製作年代(推定) 20世紀前期
民族名 タイ・ヌア族(Tai Nuea)  ※フアパン県に生活するタイ・ダム族、タイ・デーン族、タイ・カオ族等の総称
素材/技法 木綿、天然藍、絹、天然染料/平地、経縞織
サイズ @幅(緯)約5cm×長さ(経)150cm/A幅(緯)約4cm×長さ(経)128cm/B幅(緯)約7cm×長さ(経)138cm


ラオス北東部のフアパン県に生活する「タイ・ヌア族(Tai Nuea)※」の手による、木綿×絹交織縞・腰衣用裾布、20世紀前期の準アンティークの作品です。

本品は筒状に縫製される腰衣”シン(sinh)”の裾部に付されるもので、幅(緯)4〜8cm程度・長さ(経)130〜180cm程度の帯状の経縞織物として織り上げられたものとなります。

経の藍糸は木綿、経の色糸及び緯の藍糸は絹の交織(こうしょく)で織られている点が特徴で、本布の場合は2〜3枚の接ぎ合わせで仕立てられております。

この裾布は腰衣の最下部(足元)に付されるもののため、着用の中で傷みやすく、20世紀前期にまで遡る時代のものが状態の保たれたまま残存することは稀となります。本裾布はフアパン県に生活するタイ・ヌア族が盛装用のシンのために手掛け、使用頻度の少ないままに大切に保管してきたと推察されるもの、資料的に貴重なフアパン伝統染織の一作例です。







クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●参考画像 同種の腰衣用裾布の使用例

クリックすると元のサイズで表示します

※上記画像はPhaeng Mai Gallery刊「Sinh and Lao Women」より転載いたしております







●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2017/9/19

20c前 タイ・ヌア 木綿”浮文”緯紋織ブランケット  染織





クリックすると元のサイズで表示します


製作地 ラオス北東部 フアパン県 Houaphan Province
製作年代(推定) 20世紀前期
民族名 タイ・ヌア族(Tai Nuea)  ※フアパン県に生活するタイ・ダム族、タイ・デーン族、タイ・カオ族等の総称
素材/技法 木綿、天然藍/平地、緯紋織
サイズ 横幅(緯)40cm×縦(経)147cm


ラオス北東部のフアパン県に生活する「タイ・ヌア族(Tai Nuea)※」の手による、木綿緯紋織ブランケット”パー・ホム(phaa hom)”、20世紀前期の準アンティークの作品です。

ラオス北東部の山間地域では、最寒季の朝晩には気温が10℃を下回り0℃近くに達するほどの寒さとなる場合があり、防寒用のブランケットを日用の染織作品として手掛ける伝統が受け継がれてきました。ブランケットは敷き布・蚊帳・ドアカーテンなどとともに婚礼仕度品とも位置付けられ、手の込んだ染め織り技法による装飾性豊かな作品が生み出されてきました。

本布は二枚接ぎ・縁布付きで製作・使用された大判ブランケット“パー・ホム”の片身の布で、手紡ぎ木綿の無染白糸で密に織られた地に、手紡ぎ木綿を濃藍に染めた糸を絵糸とする”浮文”緯紋織の技法によって多重の菱文様が精緻に織り描かれたもの、多重の菱文様は”蛇龍神ナーガ”を表わす鉤状モチーフと”猿”の具象モチーフを中心に構成されており、素材遣い及び意匠からサムヌア様式(或いはタイ・ヌア様式)と呼称される種類の作例となります。

白の地と藍の紋織とのコントラストが何とも力強く文様がくっきりと表情豊か、これぞラオスの”浮文織”といった技巧の卓越及び立体的造形の完成美が感じられる一枚です。取り分け”猿”の描写は生き生きとして印象的であり、本作品の魅力を高める要素となっております。

蚊を媒介とするマラリア等の病気が多いラオス北東部の山間地域において、ブランケットは防寒性とともに蚊除けの用を成すものであり、神仏への祈りとともに吉祥・守護の文様が織り込まれるもの、作品からは単なる装飾デザインとは異なる精神性が感じられるところとなります。







クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2017/9/17

夜明け前から  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ラオス・ルアンパバンにて)

2017/9/15

20c中 タイ・デーン シャーマン儀式用縫取織布  染織





クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ラオス北東部 フアパン県 Houaphan Province
製作年代(推定) 20世紀中期
民族名 タイ・デーン族(Tai Daeng)
素材/技法 絹、木綿、天然染料/木綿(経)×絹(緯)交織地、緯紋織、縫取織
サイズ 幅(緯)34cm×全長(経)170cm(フリンジ除く)


ラオス北東部のフアパン県に生活する「タイ・デーン族(Tai Daeng)」の手による、シャーマン儀式用縫取織布”パー・ピー・モン(phaa phii mon)”、20世紀中期の準アンティークの作品です。

”パー・ピー・モン(=シャーマン・クロス)”は、“パー・サバイ(=ヒーリング・クロス)”とともにアニミズム(精霊信仰)色の強い仏教或いはアニミズムそのものを信仰するラオス北東部のタイ族系民族グループの間で製作・使用されてきたもので、“パー・サバイ”がシャーマン以外の者も儀式・治療の際に身に着けることがあるのに対し、この”パー・ピー・モン”はシャーマン(巫師)のみが使用・着用を許される布であることに違いがあります。

本品は経に木綿、緯に絹を配した交織の赤平織り地に、白・黄・山吹・橙・浅葱・青緑・黒の7色の絹を用いた緯紋織及び縫取織により、”聖鳥””馬””蛇龍神ナーガ(ナーク)”等の具象モチーフが幾何学文様を交えて立体的な浮文として長布の上下に織り込まれたもの、サイズ及び意匠から儀式用の肩掛けとして用いられたものと考察されます。

布上二箇所の装飾部分はびっしりと密度濃く緻密な糸遣いで多様な文様が織り描かれておりますが、中でも”尾を高く上げる聖鳥(Nok haang kang)”が大小連なるデザイン構成が印象的で、もう片方に高密度で描かれた”蛇龍神ナーガ”の複雑なモチーフを併せて、作品からはシャーマンが用いる布たる固有の存在感と荘厳美が薫ってまいります。

やや紅色掛かった鮮やかな赤の織り地は、一見すると化学染料による染めとも感じられますが、これは経に木綿の蘇芳染め(赤茶)、緯に絹のラック染め(ピンク掛かった紅赤)を交織することで表出させた色彩で、高度な染色と視覚的計算により生み出されたものとなります。

信仰の祈りとともに生み出された織物が発する”気”と”生命感”に目と心を奪われる一枚です。






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します








●参考画像 シャーマン儀式用布”パー・ピー・モン”の他作例

クリックすると元のサイズで表示します

※上写真はStudio Naenma Co Ltd刊「Lao-Tai Textiles」より転載いたしております








●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2017/9/13

古都ラーンサーンの露地風景(2)  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ラオス・ルアンパバンにて)

2017/9/11

古都ラーンサーンの露地風景(1)  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ラオス・ルアンパバンにて)

2017/9/9

竹籠を頭に掛けて  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ラオス・フアパン県 サムヌアにて)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ