2013/3/2

ザンスカールのヤクウール絞り染め肩掛け  民族衣装



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド・ジャンムー&カシミール州 ザンスカール  製作年代 20世紀半ば
民族 チベット系民族  素材/技法 ヤクウール、染料/綾織り、絞り染め、三枚接ぎ


クリックすると元のサイズで表示します


標高3500mを超える高地に生活するザンスカールの人々が、自身が放牧し育てたヤクから収穫したウールを素材に、紡ぎ・織り・染めの手仕事により手掛けた絞り染めの肩掛け。

丸の中に十字を描く絞りモチーフは、チベット仏教の伝統のもと古来より受け継がれてきたものですが、日本では江戸時代に“蒙古絞り”としてもてはやされたものとも縁の深い染織の意匠です。

一年の3分の2近くは外地との交通が遮断される厳寒の山里ですが、それ故、他の地域では既に失われてしまった染織や衣装の伝統が継承されてきたのかもしれません。



クリックすると元のサイズで表示します
※上写真はsansabbaisabel氏撮影




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ