2018/2/27

12−13cクメール王朝期 褐釉陶器・鳥形石灰壺  古陶磁






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 クメール王朝 現カンボジア北部〜現タイ東北部(イサーン南部)
製作年代(推定) 12−13世紀
種類 施釉陶器 
サイズ 胴径:約9.5.cm、全長:約9.5cm、高さ:約7cm、口径:約3.6cm、重さ267g


クメール王朝で手掛けられた褐釉陶器・鳥形石灰壺、12〜13世紀のアンティークの作品です。

この胴径約10cmの鳥型の容器は、噛み嗜好品”蒟醤(キンマ)”に用いられる石灰を入れるための壺(石灰壺)として作られたもので、壺内部には石灰の付着痕が確認できます。

顔部から”ふくろう”が象られたと考察されるもので、ロクロ成形ののち貼付け・線刻により加飾がなされたもの、同種品の中ではつくりが端整でややオリーブ掛かって目に映る褐釉の色味は雅趣に富み、作品からは見飽きることの無い表情の豊かさ、そして愛らしさが感じられます。

アンコール期(日本の平安時代後期〜鎌倉時代)の古陶としての時代の浪漫が薫る一品です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ