2018/4/3

19cミャンマー(英領インド) シルバー彫金ボウル  生活と祈りの道具




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ミャンマー(英領インド)
製作年代(推定) 19世紀半ば〜後半
素材 シルバー
サイズ 口径:約10cm、高さ:約6.4cm、底径:約6.2cm、重さ98g


英領インド時代のミャンマーで手掛けられたシルバー彫金ボウル、19世紀半ば〜後期のアンティークの作品です。

このシルバー彫金ボウルは、現地で托鉢用の鉢を意味する”ザベイク(thabeik)”と呼ばれますが、実際に托鉢に用いられることは無く、装飾用の調度品として手掛けられる伝統を有してきたものとなります。

銀を素材に巧みな打ち出し及び彫金により立体感豊かなレリーフ入りのボウルに仕立てられますが、デザインは”仏教・ヒンドゥ”に由来する神話や説話(ジャータカ等)の場面、またミャンマーの土着の”ナッ神”に由来するモチーフなど専ら信仰から題材がとられており、漆器・染織・木彫等とともに信仰と不可分の美術工藝として技術が高められていった様子を伺うことができます。

本品はアーチ状に区画されたん中に様々なポーズをとる10の女性の姿(ナッ神信仰由来と考察される)がレリーフされたもの、デザインの細部はすべて異なり、型を用いたものではなく、ひとつひとつが丹念な手仕事の打ち出し・彫金で表現されたものであることが確認できます。

英領インド時代ミャンマーの貴重なシルバー彫金ボウル、時代に由来する濃密な精神性と色香溢れる空気感・意匠表情に惹き込まれる逸品です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ