2018/5/11

19チャム 絹絣腰衣”サンポット・ホール・サムロイ”  染織




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 カンボジア南東部 コンポンチャム Kampong Cham
製作年代(推定) 19世紀末(〜20世紀初め)
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料/綾地、緯絣
サイズ 縦(緯)86cm×横幅(経)184cm


カンボジア南東部の“コンポンチャム(Kampong Cham)”で手掛けられた、女性用の絹絣腰衣。

布全面に繊細かつ流麗な”幾何学文様(幾何学文様中の山吹色のモチーフは”鳥”を表わしている可能性あり)”が表わされた2m弱サイズのサンポット・サムロイで、ラック染めのややピンク掛かった華やぎ感のある”紅赤”を基調に、プロフー染めの”山吹”、藍染めの青とプロフー染めの黄と掛け合わせの”緑”、色彩の美しさと調和の高さに目と心を奪われる一枚です。

優れた素材・技術はもとより、敬虔な信仰(仏教及びイスラーム)を背景とする深い精神性が染織作品として表現された、アジア絹絣の名品と呼べるアンティーク・マスターピースの一枚です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ