Blog ☆青龍の眼☆

東京電力&ユーラスエナジー社が河津町と東伊豆町の境である三筋山の稜線上に、建設しようとしている風力発電用の 巨大風車に反対しています。青龍は北東の方角の守り神です。鉢ノ山の北東に立ち並ぼうとする巨大風車に睨みをきかせます。

 

カレンダー

2017
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

検索



このブログを検索

メッセージBOX

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

風車が建つと騒音が増える

”風車が建つと騒音が増える”これは紛れもない事実なのだが、どうも正しく捉えられない人が多いようだ。これは設置業者はもとより行政までもが、風車からは騒音が出ないと思ってしまう様に巧みな話術を使っているからである。それはこういうことだ。かれらは環境基準から持ってきたのであろう基準値もどきを超えるかどうかでしか話をしないのだ。たとえば”予測評価結果が54[dB]だが基準値もどきが55[dB]なので問題ありません”などという説明をする。そうすると聞いている方は見事に言葉の罠に陥る。”基準値を超えない”と言うだけで、騒音は出ないと思ってしまうのだ。
ではどういえば正しいのかというと、彼らは次のように説明しなければならない。
”風車が建つと今よりは確実に騒音が増えてうるさくなりますよ。でも増えはするが基準値もどきは超えないので文句は言わないで下さい”と説明するべきなのだ。
もちろんこの基準値もどきが信頼できるかどうかは別の問題であるのは言うまでもない。
     おのおのがた、ご油断めさるな。
5
タグ: 風力発電
投稿者:青龍
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ