2017/5/24

5年ぶりの開催  海上保安庁ネタ

第三管区巡視船艇・航空機展示総合訓練が5月20日と21日の両日、
東京湾羽田沖で開催されました。

展示総合訓練は2012年まで東日本大震災が起きた2011年やオイルショックで
途絶えていた時期を除いて、海上保安庁観閲式・総合訓練として
毎年行われてきましたが、
沖縄県・尖閣諸島警備の対応などで2013年からは中止されていました。
昨年、尖閣諸島警備専従の巡視船が配備されたこともあり、再開の要望もあったことから
今年は第三管区海上保安本部主催で縮小する形で開催されました。

私も5月21日に参加してきました。
5月20日は晴海ふ頭から出港する巡視船を撮影してきました。
横浜から出港する巡視船艇の撮影に行く事も検討しましたが、
他に行く所もありましたので晴海ふ頭を出港する船が撮影できる
レインボーブリッジ下にある芝浦南ふ頭公園運動広場から撮影しました。
天気良かったものの霞んでいるのが残念。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
晴海ふ頭を出港する巡視船
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
晴海ふ頭を出港する巡視船の先頭で警戒中の
巡視艇「まつなみ」(第三管区海上保安本部東京海上保安部所属)
甲板に塗られている塗装が反射して船体が薄いグリーンになってます(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
まず出港してきたのはヘリコプター2機搭載型巡視船「やしま」(以下:やしま)
(第七管区海上保安本部福岡海上保安部所属)
クリックすると元のサイズで表示します
レインボーブリッジをくぐる「やしま」
クリックすると元のサイズで表示します
お台場のフジテレビと「やしま」
クリックすると元のサイズで表示します
東京湾羽田沖に向かう「やしま」
クリックすると元のサイズで表示します
続いて出港してきたのは
ヘリコプター1機搭載型巡視船「つがる」(以下:つがる)
(第一管区海上保安本部函館海上保安部所属)
クリックすると元のサイズで表示します
「やしま」に比べて乗船している方が多いように感じられた。
クリックすると元のサイズで表示します
レインボーブリッジをくぐる「つがる」
クリックすると元のサイズで表示します
晴海ふ頭を出港した巡視船の最後尾で警戒中の
巡視艇「のげかぜ」(第三管区海上保安本部横浜海上保安部所属)
クリックすると元のサイズで表示します
東京湾羽田沖に向かう「つがる」
クリックすると元のサイズで表示します
東京湾羽田沖に向かう「やしま」と「つがる」

次回からは第三管区巡視船艇・航空機展示総合訓練に参加した
5月21日の模様を紹介していきます。
0

2017/5/19

ナッチャンWorld一般公開 in 呉 そのA  船ネタ

双胴式高速フェリー「ナッチャンWorld」が呉市阿賀南地区にある埋立地
「阿賀マリノポリス地区」にあるマリノ埠頭に寄港して5月14日に一般公開が
行なわれた時の模様の続きです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
客室に入ると船内案内図がありました。
客室部分は3階と4階になります。
私自身がが写り込むので斜めで撮影してます。
前方はシート席となっていますが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
3階部分の中央は食堂兼会議スペース
食堂と言っても簡素なもので厨房も元々は本州と北海道を結ぶ航路の
定期航路で使用していたのでこちらも簡素なものでした。
クリックすると元のサイズで表示します
食堂のそばには中央に4階に上がる階段がありましたが、
上がる事が出来ず。
今回は残念ながら4階部分の客室や操舵室はありませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
オーストラリアのインキャット社で建造されたことを証明する
オーストラリアのタスマニア島の形をしたプレートです。
帰って気が付いたのがピンボケ(汗)
クリックすると元のサイズで表示します
客室では2016年3月から行われているPF事業ついて紹介する
パネル展示が行われてました。
クリックすると元のサイズで表示します
陸上自衛隊による東日本大震災支援の写真パネル展示も行われてました。
クリックすると元のサイズで表示します
呉港に関するパネル展示もありました。
クリックすると元のサイズで表示します
呉港に関するパネルの中に昭和46年頃の呉中央桟橋の写真もありました。
船にも目が行きますが、桟橋にいるクルマにも目がいってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
客室
案内板にはシート席となっていましたが、現在は主に自衛隊輸送に
使用されている為、シートは撤去されカーペット敷きになっています。
クリックすると元のサイズで表示します
カーペットもそのままでシートが外された跡も残ってます。
クリックすると元のサイズで表示します
簡易ベットを敷いた状態
ベット1つい対して1人1つなんでしょうかね?
これじゃ寝かえりも出来ん!
クリックすると元のサイズで表示します
客室の左右の窓側にはソファーもあります。
クリックすると元のサイズで表示します
客室前方船首側には客船を思わせるような窓の配置
クリックすると元のサイズで表示します
前面のガラス窓越しではありますが、阿賀・広地区を見る事が出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
「ナッチャンWorld」の見学を終えて出てみると多くの人で賑わってました。
船内は入場規制が掛かっていました。
クリックすると元のサイズで表示します
帰りも自転車漕いで勾配がある「マリノ大橋」を渡りました。
歩道から撮影。
後部ランプ辺りは行列が出来てるのが見えました。

「ナッチャンWorld」はこの日の夜に出港。
翌日には下関に寄港し17日まで滞在した後、舞鶴を経由して
母港の函館に向け帰るようです。
今回は乗船する機会もなく、一般公開される機会も無い「ナッチャンWorld」
に乗船、見学できて良かったです。

「ナッチャンWorld」要目
総トン数:10,712トン
全長:112m
全幅:30.5m
喫水:3.93m
速力:40ノット(軽荷時)
機関方式:ディーゼル×4基
推進器:ウォータージェット推進×4基
出力:9,000kW×4
旅客定員:1,746名(最大)
車両搭載数:普通自動車195台、大型車33台
0

2017/5/16

ナッチャンWorld一般公開 in 呉 その@  船ネタ

先日5月13日土曜日に双胴式高速フェリー「ナッチャンWorld」が
呉市阿賀南地区にある埋立地「阿賀マリノポリス地区」にある
マリノ埠頭に寄港しました。
寄港時は撮影に行く予定でしたが、予定より早く入港した為に撮影できず。
地元の船仲間のペンミさまが撮影に行かれましたのでペンミさまのブログ
ご覧ください。

簡単に「ナッチャンWorld」を紹介。
オーストラリアのインキャット社で建造され、2008年4月に就役。
2008年5月に東日本フェリーの本州と北海道を結ぶ航路の定期便として
就航しましたが、採算の悪化から同年11月には定期運用を終了。
2009年から2012年まで、東日本フェリーを吸収合併した津軽海峡フェリーが、
期間限定で運航されてましたが、2012­年夏以降運航されず。
その後は民間収益事業のほか自衛隊の訓練や災害派遣に使用しています。
東日本大震災でも活躍しました。
2016年3月からはPFI法に基づいて設立された
特別会社「高速マリン・トランスポート」が本船を保有。
防衛省は同社と2025年12月末まで10年間の輸送使用契約を結んでます。

寄港した翌日5月14日にはマリノ埠頭で9時から14時まで一般公開が行われ、
船内も公開されるということで行ってきました。
一般公開の会場はバスの本数も1時間に1本〜2本と少なく、
更にバス停から埠頭まで距離があり、混雑する事も予想して
自宅から自転車でも30分も掛からないので自転車で行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
まずは対岸の呉市広多賀谷の虹村工業団地から「ナッチャンWorld」の
右舷側を撮影。
クリックすると元のサイズで表示します
呉市阿賀南地区とマリノ地区を結ぶ「マリノ大橋」入口から見る正面
クリックすると元のサイズで表示します
「マリノ大橋」の歩道から
一般公開が始まったばかりで多くの見学者が見受けられました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
「ナッチャンWorld」も近くで見るとデカい!船首も美しい曲線の形状です。
船体側面には小学生がデザインした絵が描かれてます。
クリックすると元のサイズで表示します
「ナッチャンWorld」の母港は函館
クリックすると元のサイズで表示します
推進装置はウォータージェットで左右2つずつ4基装備
一般公開が行われているマリノ埠頭に到着
クリックすると元のサイズで表示します
船尾側には2011年夏から秋にかけて改造を受け、ランプが増設されました。
このランプを使い車両や戦車などが出入りします。
クリックすると元のサイズで表示します
ランプに敷いていたマット クリオネの可愛らしいイラスト入り。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
車両甲板には陸上自衛隊車両が展示
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
陸上自衛隊の装備なども展示された。
クリックすると元のサイズで表示します
二層構造になっている車両甲板の自走スロープ
クリックすると元のサイズで表示します
上層部の車両甲板
クリックすると元のサイズで表示します
救命浮き輪とクルボン
クリックすると元のサイズで表示します
客室入口の表示。
定期航路についていた頃の名残ですね。
では客室へ

つづく
0

2017/5/11

憲法記念日の満艦飾  海上自衛隊ネタ

先日5月3日の憲法記念日は海上自衛隊の艦艇では
満艦飾が行われました。
満艦飾は建国記念日、天皇誕生日、憲法記念日、海の日、文化の日と
自衛隊記念日および観艦式実施日の朝8時から日没まで行われています。
クリックすると元のサイズで表示します
今回は朝8時の国旗・自衛艦旗掲揚に合わせて
アレイからす小島へ行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
8時 ラッパ「君が代」にあわせて国旗・自衛艦旗が揚がる。
動画でも撮影しましたが、音量が小さく失敗。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
国旗・自衛艦旗掲揚と同時に信号旗も連揚。
クリックすると元のサイズで表示します
潜水艦は艦橋に自衛艦旗を掲揚
クリックすると元のサイズで表示します
護衛艦「かが」も就役後初めての満艦飾
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
曇り空なのが残念。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
Eバースが見渡せる撮影ポイントにも行き撮影

次に満艦飾が行われるのは7月17日の海の日です。
0

2017/5/9

護衛艦さざなみ出港  海上自衛隊ネタ

5月15日に開催されるシンガポール海軍主催の国際観艦式に
護衛艦「いずも」と共に参加するため、5月2日、海上自衛隊呉基地から
護衛艦「さざなみ」(以下:「さざなみ」)が出港しました。
平日ではありましたが、私はゴールデンウィーク連休で休みに入っていた為、
呉基地を入出港する艦艇を俯瞰で狙えるかるが海浜公園の展望台に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
呉基地に滞在中の掃海艇「えのしま」(横須賀地方隊第41掃海隊)
この日も江田島小用沖に停泊して訓練中でした。
クリックすると元のサイズで表示します
「さざなみ」の出港を待たずに航行を始めた「えのしま」と石崎汽船の
クルーズフェリー「旭洋丸」
クリックすると元のサイズで表示します
「さざなみ」は長音一声が3回鳴り響いて予定していた時間より
フライング出港。
呉湾内に出て来たところで「さざなみ」を確認できました。
クリックすると元のサイズで表示します
この日はモヤがかかっていて視界はよくありませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
目の前に来た「さざなみ」
今回は3ヵ月間の航海とということで海上自衛隊呉造修補給所貯油所からは
見送りが行れず。
撮影場所に居たもう一人の方とお見送り。
「さざなみ」の乗組員のご家族の方々は護衛艦「かが」の甲板で
お見送りされたそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
格納庫には哨戒ヘリが搭載されてました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
先に横須賀から出港した護衛艦「いずも」が房総半島から四国沖の太平洋まで
米海軍補給艦を「護衛」という名目で航行して話題になりましたが、
「さざなみ」も合流して「護衛」に付きました。
この後、シンガポールに向かっています。
「さざなみ」と「いずも」はシンガポール海軍主催の国際観艦式に参加、
東南アジアの他国も訪問。帰国するのは3か月後になるそうです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ