2011/1/13

日野コンマース動態化!  福山自動車時計博物館

福山消防出初式の会場を後にした私とindigo linerさまは、昼食を済ませて
次の目的地、福山自動車時計博物館へと向かいました。
博物館に到着すると、2008年3月に同館が引き取り、館外で展示されていた
日野コンマース(1960年式)が昨年9月からのエンジン・足回り整備を終え、
福山市内の某整備工場から帰ってきていました。
クリックすると元のサイズで表示します
早速、福山のMさまと高宮今日子さまとindigo linerさまが試運転を実施。
日野コンマースがこんなに早く、動態化されるとは思いませんでした!!
日野コンマースについては、indigo linerさまのブログで、indigo linerさまが解説されている通りです。
日野コンマースは国内では、同館と日野自動車に保存されている1台と、
関東地方に落ちているといわれている廃車体のみらしいですが、
動態となると、唯一の存在の様です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
同館で保存されているコンマースは元はキャンピングカーでした。
車内の設備ももそのまま残されています。
因みに、このコンマースは通常の仕様なら10人まで乗車が可能です。
クリックすると元のサイズで表示します
運転台
運転席と助手席の間にエンジンがあります。
冬場なら運転席に座ると、ポカポカして丁度いいくらいですが、
夏場は暑くてやれなかったでしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します
日野BH15との並び
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
最後に形式写真を撮影
クリックすると元のサイズで表示します
試運転を終えた日野コンマースは館外展示場所に納められました。
最後に撮影に協力して頂きました福山自動車時計博物館と福山のM様には、
この場をお借りして御礼申し上げます。
0



2011/1/14  21:08

投稿者:あきじ

>福山のMさま
何号か前のOT誌に載っていたのコンマースの件は、
見逃してました〜

某館の変態お知らせ帖は無事に復活しましたね

>indigo linerさま
車体サイズは言われてみれば、
現在のボンゴとあまり変わりませんね。

ワタシも荷物をフル積載した場合の動力性能はどんなものなのか気になります。

http://wind.ap.teacup.com/akiji/

2011/1/13  21:56

投稿者:indigo liner

車体サイズは現在のボンゴとほぼ同じくらいですが、1000ccに満たないエンジンでこの車体を走らせていたとは…。
さて、荷物をフル積載した場合の動力性能はどんなものなのか気になります。

http://happy.ap.teacup.com/indigo-liner/

2011/1/13  20:34

投稿者:福山のM

鼻付竿と比べたら、だいぶコマイですが、シフト操作はイタシイし、曲がらんことこの上なしって感じで〜す♪

何号か前のOT誌に某県の廃車体が載っていたので、4台はありますかな?

某館の変態お知らせ帖は、現在新さーばーにチェンジ中で〜す。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ