2009/8/30

四式重爆飛龍 その11  144日本軍

ヘタ朗さんから教えて頂いた「丸メカニックNo.18」、オークションで落札しました。
土曜には届くと期待していたら、日曜の夕方でした。
 で、魚雷周りの作業は今週はできず。もともとあまり作業時間はなかったのですが。
で、まあちまちま進めた部分の画像をあげておきます。
クリックすると元のサイズで表示します
側砲風防とか旋回砲塔とかは事前にオリジナルのパーツを型に塩ビで作っておりましたが、サイズが合わないので一から作り直しました、側砲の片側は半分開いて機銃を突き出しています。
発進直前の状況を想定しているのにこの状態はねぇかも、と思いつつ模型的見栄えを優先してのチョイスです。
 あともう少しって感じがしてきました。
ではまた来週。

2009/8/23

四式重爆 飛龍 その10  144日本軍

飛龍製作も「その10」まできてしまいましたが、まだ先は長そうです。
苦戦しております。

とりあえず機首・尾部・操縦席のクリアパーツの接着・整形が九分位まで進んだので少々見苦しいですが画像公開です。

クリックすると元のサイズで表示します

機首の先端がないのは何故でしょう?
機首は一体成型だったのですが、機体に接着後、内側から上下に可動するように取り付けた機銃が外れてしまい取り出しようがなくなってしまったのです。オソマツ。
 で、実機の如く、先端を切り取りました。どうやってうまく元に戻すかはこれから考えます。

クリックすると元のサイズで表示します

操縦席の天窓は開状態にしています。
真上から見るとスジ彫やリベットのラインが歪みまくっております。
まあ、この飛龍は遠目からの鑑賞専用でしょうね。

次に魚雷です。
飛龍に吊るされていた魚雷は91式魚雷というらしいのですが、知識がまったくありません。
クリックすると元のサイズで表示します
97艦攻から魚雷をもらってきて、フィンとスクリューをそれらしく製作。
スクリューは二重反転らしいのですが、私には一重しかできませんでした。

で塗装したのが

クリックすると元のサイズで表示します

框板(キョウバン?)をプラ板で作成しました。
後は懸吊するだけなんですが、このあたりの構造がよくわからず足止め状態です。
懸吊装置は腹に作成済みなんですが、前後2点の前方抑と後方抑の間に「抱締索」
というようなものがあるようなのだが・・・
(下の画像の魚雷の真ん中に巻き付いたようにみえるヤツ。)
クリックすると元のサイズで表示します

これがよくわからん。
だれか詳しい人教えてチョー!!

というわけで、あー疲れた。今週はここまで。ではでは。

2009/8/16

最近買ったもの  雑記

さて、飛龍の方ですが、クリアパーツを接着するという最終局面においてはやっぱり私のアバウトな製作手順ではうまくいきません。
 結構大がかりな修正が必要です。途中で何度かもう壁に投げつけてゼロクリアしようかと思ったりしましたが、なんとか踏みとどまって鋭意修正中です。
 そんなわけで今週はお見せする画像もにゃーので、埋め合わせネタを・・・。

ここのところ144関係の発売もないのですが模型屋さんへ行ったり、通販みてたりして余計なものをいっぱい買ってしまっています。

・余計な買い物その1
クリックすると元のサイズで表示します
翼コレはスケール違いなんで付録や限定もの以外は買っていないのですが、この16弾は全部「飛燕」なものですから思わずカートに入れてしまいましたよ。でも買ってからいろいろ調べたらちょっと前の陸軍機シリーズのときにフィギュアやコクピットもセットしてあったらしいのに今回はなし。まあ、シークレット入りBOXだったから許す。
でも結局しまいこまれてしまうのでしょう。

・余計な買い物その2
クリックすると元のサイズで表示します
144で素晴らしい紫電が出ましたから、先祖帰りで強風を作りてぇ、とは前々から妄想しておりましたが、模型屋さんで1/72ですがこんなもの見つけて「資料用に!」と思わず買ってしまいました。いつになることやら。

・余計な買い物その3
クリックすると元のサイズで表示します
もうやめとけよって話ですよね。ただでさえ門外漢のF1マシン。しかもマクラーレンはお手付きだけで休止中のMP4/22とMP4/5Bがあるのにどうすんのよ。

まあそんなこんなで積どくキットがどんどん増えていきます。
あーぁ。
ではおやすみなさい。

2009/8/9

飛龍その9  144日本軍

飛龍制作もそろそろ佳境に入ってまいりました。
今回、機首などのクリアパーツをそれぞれ塗装を済ませた上で機体製作に着手したわけですが・・・。
セオリーからいけば、機体に接着して継ぎ目をきれいに処理してからマスキングして窓枠ごと塗装ってのを無視して進めてきました。で、いよいよ最終局面に至っていまさらですが、さてここからどうすんべと悩んでしまっております。
 そんなわけで、今回はどっかの国の政治のようにこの重要な問題を先送りして他のことを進めることにしました。いわゆる「逃避」だな。

脚庫など未塗装だったところを塗装しました。画像では見えませんが苦手な筆塗りのため見苦しい厚塗りになってしまいました。
排気管も塗り分けました。
 で、今回は翼端灯の制作にちょっと新しい試みを・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
透明度の高いアクリル板を使ってみました。このアクリル板はダイソーでずいぶん前に買ったものです。(たぶん今はないでしょうね)これをアクリルカッターで細い帯状にカットします。

クリックすると元のサイズで表示します
左端は帯状にカットしたままのアクリル板の先端。これをやすりやペーパーで整形したのが真ん中。当然曇っちゃいます。これは2000番のペーパー、最後はコンパウンドで磨いたのが右端。
これを切り出して翼端にはめ込みます。

仕上がりはこちら。
クリックすると元のサイズで表示します
赤いほうはちょっと形状がフィットしてませんねぇ。
いずれにせよ、画像ではよくわかりませんが上から見ると透明、正面から見ると色付きで見えてなかなか良い感じです。
尚、塗装は翼端の角を削り取ったあとにシルバーを塗ってからクリアレッドとクリアブルーを塗っています。

さて、いよいよ来週は先送りした難しい作業にとりかかることになりそうです。
では、おやすみなさい。

2009/8/5

飛龍その8  144日本軍

今週は本日まで夏休みでございました。
二泊三日でお出かけしていましたのでブログも更新しないままでした。
で、5日間のお休みだったわけですが、模型の方は相変わらずです。

やっと脚周りをそれらしくでっちあげました。
クリックすると元のサイズで表示します

主脚カバーは真鍮板を整形して裏もそれらしく。
あんまり資料がないので正直、勝手にでっち上げているだけです。

尾輪もとりあえず、なんとか形にしたというところです。

クリックすると元のサイズで表示します

明日から仕事かと思うとちょっとブルー。
きょうは脚周りを塗装する気力があんまりないです。
ここらで終了かも。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ