2011/5/15

呉式二号5型射出機  144日本軍

猿島工廠の改造キットを使って三座水偵が素敵に出来上がったのでここはカタパルトも猿島工廠製で行くべく、P144で購入し、ストックしてあったペーパーキットの製作に着手しました。

因みに水偵の製作過程の画像で登場するカタパルトはカメヤ製のアクリルキットです。

クリックすると元のサイズで表示します

現在の進捗状況はここまで。

爆発筒はプラ棒の両端を丸く削って作りました。

ペーパーキットとはいえ、ディテールもしっかりしたキットです。

不慣れなせいだと思いますが、やはり切り出しが神経を使うため少々時間がかかります。


ところで、きょう久しぶりに模型屋さんへ行ったらSWEETの二式水戦があったので、迷わず購入しました。

プレスリリースから少々時間がかかりましたが、やっと発売になったのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

右は昔、オークションで落としたSWEETのレジン製二式水戦改造キットです。温存している間にとうとうインジェクションキットがでちゃいました。
オリジナルのデカールがあるのが唯一のアドバンテージではあります。

ではまた

2011/5/6

できた!  144日本軍

このQW、ほとんどイベントがなかったので

結構製作がすすんでともかくも三座水偵、完成です。

クリックすると元のサイズで表示します

風防は強引に開状態を再現しました。

でも、開く部分が多く、3枚重なったりするので正直オーバースケールになっちゃって決して見栄えはよくないですね。

オリジナルと比較してみましょう。

横、正面それぞれ下がオリジナルの素組みです

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

フロートと主翼は猿島工廠謹製のレジン製です。

ものすごーくいい感じでしょ。

デカールはMYKのものです。主翼がオリジナルではないため、敵味方識別帯
はそのままでは太すぎてカットして使いました。

サクサク完成させるつもりで始めたのに思いのほか時間がかかりました。

ではまた。


2011/5/3

復活  144日本軍

たいへんご無沙汰してしまいました。

一か月半振りのブログ更新です。

4月1日付の人事異動で大きく仕事がかわってなにかとバタついておりました。

というのは言い訳ですね。

今回静岡でのP144にも参加できず、どうにもこうにも製作意欲がわかなくって。

で、GWに入ってやっと中断していた零式三座水偵の製作を再開しました。

震災の前に基本塗装は終えていたのでフロートを組みました。

クリックすると元のサイズで表示します

基本塗装では胴体後部の波形のところがなかなか決まらず、4回程やり直しました。

満足した出来になったわけではなく、この辺で妥協したってのが正直なところです。

フロートは支柱の補助ワイヤー?の取り付けに苦労しました。

クリックすると元のサイズで表示します

現在は風防作成中です。

なんとか開状態にしたいと思っています。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ