Wind of Tomorrow

小説の書評と写真の掲載を主に行っているブログです。
最近はA列車で行こう9の記事を書いてます。

 

カレンダー

2018年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
告白湊 かなえ双葉社このアイテムの詳細を見る

今回は、湊かなえ『告白』を紹介します。デビュー作の割には読ませる文章力があるし、第1章の衝撃の告白「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたのです。」以降どうなるのかなと思いながら読むことができ
装幀は片岡忠彦。第29回小説推理新人賞の「聖職者」に、追加掲載と書き下ろし。
終業式の日、教師森口悠子は生徒たちに、校内で亡くした娘...


ベストセラー小説「告白」(湊かなえ著)を読む。

かなり世間と書店をにぎわせているこの作品、
前々から興味があった。
そして、王様のブランチにて「第1章の完成度が高すぎる」的な感じで紹介されていた。
そこでさらに興味が沸いた。

そして、読む。

女性教師が担任のクラスの生徒を制裁のために殺しまくるというショッキングなお話はかつて黒武洋『そして粛清の扉を』がありました。そう、あれはハードバイオレンスのキワモノでしたね。これも同質のキワモノですがやり口が気味が悪くなるほど陰湿な復讐譚であります。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ