2017/5/31

はへえ。  

昨日おたよりを送らせていただいたAさんとBさんからお返事がまだとどかず、ちょっと気がかりな案件であるためずっと胃がキリキリしてて「いっそ殺せ!」な状態なのですが、そしたらひと月ほど前にメッセージさせていただいたCさんがお返事をくださって、世界はうまくできているなあ、と。
0

2017/5/28

でもって  

今日は大阪で大阪圭吉先生のご本をお渡しするという「逢坂が大阪」以来の快挙をなしとげてきたのでした。さんきゅーさんきゅー。(*^o^*)
0

2017/5/28

そして  




クリックすると元のサイズで表示します

タカキくんのいた席だとはちっとも気づかずとなりのラックを見つけてぎょっとなってしまったのでした……パンケーキじゃなく親子丼とか食べててごめんなさい。(-_-;)
タカキくんもアストンくんもとてもかわいらしい男の子だったそうです。あとこの席をめあてに来られる方もよくいらっしゃるそうです。(お店の女将さん談)
0

2017/5/28

晩ごはんは  

《雪ノ下》さんの親子丼!\(*^▽^*)/
本当はパンケーキをめあてに行ったのですけど、あいにくと品切れになってしまい、ちょうど晩どきでもあったのでこれなら材料があるという親子丼をお願いすることにしたのでした。
すごくんまかったです……!
鶏むね肉にはしっかりと下味がしみこんでいて、かめば弾力ある歯ごたえとともにうまみがあふれますし、しったりと焼かれた卵がごはんをおおっているからお出汁がいたずらにごはんに浸透することもありません。(そのぶん、丼からこぼさないように注意が必要なのですが) 卵の下にのりがかませてあって、食べながら風味が変わるのも心憎いです。
何よりこの親子丼、いつまでたってもあつあつで!
あまりにおいしかったので、ていねいに時間をかけていただいたのですが、そのあいだずっとお料理の熱がさめることはなく、最後まで口をはふはふさせながら食べてました。
こだわりの材料を、決して無駄にすることなくていねいにお料理されていらっしゃるんだなあと、食べながら何だかうれしくさえなってしまいましたよ。
ていねいに調理されるぶんお時間とお代金の方がかかりますが、それだけの価値はあるお料理ですよ。
最高でした、ごちそうさまでしたー!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/5/28

どうしたことのえんじゃやら。  

わするるひまはないわいな。

全文読んでるわけではありませんが(ごめんなさい)、いちばん大好きなくだりです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/5/28

タカキくんのカフェにて。  

桃となごりの桜〜季節のお茶を添えて〜

正確にはタカキくんの中の人がアルバイトしていたという(話の)お店なのですが。
あまずっぱい桃のシロップ、中にかくれた桜のクリーム、ふたつともが口の中で氷とともにほろほろととけていくすてきな一品でした。(*^-^*)

アストンくんもアルバイト先のお話とか、ないかな〜。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/5/28

おほほ。  

見てください、このクレープ! クリーム増量ですってよ奥さん!\(*^▽^*)/
お弁当やさんの近くにちょうど屋台があって、食べたかったので立ち寄り、注文していたらそういうサービスがあることを知ってしまい、これを利用しない手はないぜ! とよろこんで追加料金をはらった結果、万年生クリーム欠乏症にはじつにタマラナイ結果になりましたvv
おいしくいただきました〜!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/5/28

大阪なう。  

遊び歩いてますなう(笑)。
お昼ごはんは見つけたお弁当やさんの鶏野菜炒め弁当にしました。もちろん、ごはんは大盛で♪
ひとつひとつ、おいしくいただきました。ごちそうさまでした〜!\(*^▽^*)/
0

2017/5/28

もぐもぐ。  

『少年ごはん』やってたら食べたくなってしまいました。ので、メロンパンです♪
いただきまーす!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/5/27

おっほ〜♪  


 →https://theinvisibleevent.wordpress.com/2017/05/25/2-the-ginza-ghost-ss-1932-47-by-keikichi-osaka-trans-ho-ling-wong-2017/
 
電子版の配信がはじまって、さっそくのレビュー。収録された十二作品、いずれもなかなかの手ごたえであるみたいです。
私が大阪先生を知るきっかけとなった「燈台鬼」(有栖川有栖先生のご紹介でした)と、それと一・二をあらそうほど大好きな「寒の夜晴れ」(これ結末がさあ、本当にもうさあ……)が最高評価で受け入れられたことはものすごくうれしいですねvv (*^-^*)
このレビューを大阪先生ご本人がご覧になられたらどんな想いを抱かれるのかしら、どうかよろこんでくださるといいなあ……、なんて。

紙媒体での発売はたしか夏以降になるんでしたっけ。
どんなふうに英文訳されたのか、早く首っぴきで照らしあわせたいものです(笑)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ