2007/8/18

先入観 と 治療効果  気功関連

 昨日、患者さんの話です。

 治療するポイントとして、右足のふくらはぎの筋肉が指定されました。患者さん本人は何も自覚症状がないのですが、潜在意識からは、そこに施術して欲しいと要望が出ています。

 筋肉に対して施術する際には、経験上、緊張を緩めて気の流れをより良く確保する目的である事が多いのです。ですからつい自分も、施術の際にその先入観を持ってしまいました。
 するとどうでしょう? 手を当てて施術をしていても、今ひとつ、感触としてしっくり来ません。ここで気付きました。「筋肉を緩める事自体が目的では、決してない」と。

 そこで意識をより自由に解放しました。一切の先入観を捨て、無為無我に入ります。それまで取れ難かった緊張も一気に緩み、身体もより満足した気の反応をくれます。少しだけ、遠回りをしてしまいました。
 今回の事は、筋肉の緊張を緩める以外に、何が目的であったかは判りません。改めて問えば判明もしますが、それを逐一行う意味もありません。そこから精神的な部分に及んでいたのかもしれませんし、霊性に及んでいたのかもしれません。

 いえ一切の先入観が邪魔である事は、元々知っています。けれども経験を積む内に、多く出るケースに印象が偏り、自然と先入観が発生してしまっていたのです。経絡やチャクラ、内臓、自律神経というポイントであれば、このような先入観は一切持ち得ません。枝葉のイメージが強い筋肉に対してだからこそ、逆に落とし穴があったのでしょう。
 何事も決め付けない…… 改めて基本に立ち返る機会を与えられました。

 実質的な損害は、気付くまでの2・3分間、この時間だけです。けれども多くの学びを、改めて与えてくれました。またこの初歩的なミスに、羞恥心を覚えます。本当は明かすのは恥ずかしいのですが、自戒の意味も込めて、広く公開する事にしました。

 先入観もエネルギーです。身体が行きたがっている方向性と先入観が異なれば、先入観は治療効果の妨げになります。最善のエネルギーの流れを、阻害してしまいます。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ