2008/5/20

治療・癒し業界 素人化に思うこと  療法関連

 マッサージや整体の看板を、最近は多く見かけるようになりました。癒しブームに乗り、数多くの整体師、マッサージ師が誕生しています。
 しかし急激な変化には、無理も伴います。プロとは呼べないレベルの人間も、残念ながら、そこには多く含まれているようです。特にクイックマッサージの分野では、院内で研修を受けさせ、そのまま仕事に就いています。素人化現象が、顕著に出ています。「あなたも3日で整体師!」業界ではこんなコピーも、決して珍しくありません。

 乱立の次に来るのが、値下げ競争と自然淘汰です。最初は商売としての旨みがあっても、次々と参入をしてくるので、やがて供給側が飽和状態となります。お客を呼ぶためには、差別化が必要です。しかし拙い技術での安易な開業者に、技術的な差別化は困難です。値下げやキャンペーンでの集客が中心になり、体力をすり減らしていきます。

 現代人は、苦労を嫌うと言われています。簡単に出来るもの、直ぐに始められるものに、人気が集中する傾向があります。しかしそこで考えて欲しいのです。簡単に習得できるような技術では、自分の価値は高まりません。仮に開業してある程度の成功をしたとしても、直ぐに後から追いかけられます。技術的な優位性がないばかりに、結局、開業してからも苦労をしなければならないのです。
 これが一人前になるまでに、5年も10年もかかる素晴らしい技術であったなら、どうでしょうか? そうそう簡単には、追いかけられません。開業後、競争に晒されずに済むのです。人生全体を考えていった時に、果たしてどちらの方が、結果的に楽でしょうか。
 ところが多くの人は、目先の利益に捉われます。自分が楽に始められるのであれば、それは他人にとっても同じです。旨みがある限り、参入者は続きます。激しい競争に晒される事は、少し考えれば、事前に想像が出来るはずです。

 プロは何故、尊敬の念をもってプロと呼ばれるのか? それを今一度、考えてみる必要があります。修練と経験を重ね、常人が簡単に到達できない境地に達しているからです。
 整体でもマッサージでも、職業とするのが同じであれば、プロと呼ばれる存在になるべきです。社会にとって不可欠な存在になった時に、良い意味でのプライドも育まれます。仕事は、人間形成の中心です。プロの仕事と素人レベルのそれとでは、天と地の開きが生じます。

 とは言っても、技術だけで成功するのは困難です。そのサービスの良さ・価値を、如何に多くの人に判ってもらえるのか、それを含めてプロの仕事です。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ