2007/12/26

人間に厚みがない  

 この言葉、実は妻から言われた台詞です。いえ、でも実はそんなに悪い意味ではありません。その代わり、奥が深いとも評価されました。
 人間の厚みという観点から自分を見てみた事がなかったのですが、確かに考えてみると、僕も同感です。困ったことに、自分でも自分に、厚みを感じません。

 人間の厚みって何だろうと考えた時に、それは自分という土台の上に何を積み重ねていくかで決まるのだと感じます。経験や知識を得て、考え方や物の見方、価値観という形で積みあがっていくもの。元々の自分という土台の上に、成長した自分を作り上げていく作業です。

 自分自身を振り返ると、経験や知識は、元々の自分という土台に吸収されていった感覚があります。自分を作り上げていく意識は全くなく、土台を深く強くしていく事だけに集中してきています。自分の上に自分を作らない。それが僕なんだなと、新しく焦点が合いました。
 人生経験全体で「自分は本来、どのように生まれてきたのか」を、確認し続けてきたという言い方は、大きく的をはずしていないと思います。

 妻はまた、「小学生のまま大きくなったみたい」とも言います。本来あった自分のまま、何を経験しても何を見ても、変わらず在り続けているようです。よく「自然体ですね」と言われますが、関係しているのでしょうね。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ