2007/3/26

数値で見る里山活動  活動記録(06年度)

このブログの目的は、タイトルの通り「里山整備活動記録」・・・です。
今まで2年半に渡って、ほぼ全ての活動についてレポートしてきました。
そこで今回は、特集で「数値で見る里山活動」をお伝えします。

1.05年度(04年9月〜05年8月)

  実活動日数: 68日 総参加人員: 412人
  
  平均参加人員: 6.1人/回

2.05年経過年度(05年9月〜06年3月)

  実活動日数: 36日 総参加人員: 242人
  
  平均参加人員: 6.7人/回

3.06年度(06年4月〜07年3月)

  実活動日数: 55日 総参加人員: 444人
  
  平均参加人員: 8.1人/回

毎年度の実活動日数は、天候にも左右されて変動するのはいた仕方ないのですが・・・平均参加人員を見ると年度毎に増加しており、里山保全への熱意が感じられます。
この公式活動に加えて、炭窯の火の調整等で定期的に里山の見回りもある訳で、関係者の並々ならない努力も忘れてはなりません。

ところで・・・今期を区切りに里山の世話役を交代することとなりました
2年半に渡る皆さんのご協力に感謝致します。
(今後は一里山会員として、より気ままにブログ更新してゆく予定です。)

これからも、新部会長のもとで里山整備活動の趣旨に則って活動が継続・発展することを願っています。

               では、では・・・

2007/3/22

06年度最後の活動となりました  活動記録(06年度)

今日の参加者12名が2班に分かれての活動となりました。
予定の「窯出し・窯入れ」に加えて、25日に予定していた「クリーンウォーク」を前倒しで実施しました。
・・・前倒しの理由は、25日はどうも久しぶりの雨模様となりそうな為です。

作業(1) :窯出し・窯入れ 
            → 慣れたもので午前中に8割方が終了しました。

作業(2) :クリーンウォーク

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
小原の林のポイ捨て状況  回収ゴミはトラック一杯

クリーンウォークは、「小原のヒノキ林」と「上公民館下の道路」を重点に行いました。
どちらも、いつもより多いゴミを回収しました。2時間くらいの作業で、ご覧のようにトラック一杯となりました。

「小原のヒノキ林」は、数ヶ月前に自然村のねんりんPJのメンバーでも清掃活動をしたそうですが、この状態です。
ちょっと酷いです!!!
そこで・・・活動の帰りに市役所に寄って「何らかの対策」を依頼してきました。
ポイ捨てと清掃とのイタチごっこは致し方ないのでしょうか?
・・・負けずに頑張りましょう!

作業(3) :巣箱の取り付け 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
巣箱を覗くシジュウカラ    新巣箱1

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
新巣箱2            新巣箱3

シジュウカラもヤマガラも私達が架けた巣箱に興味を持っています。
今日は、Sさん力作の巣箱をやっと据え付けました。
山仕事の活動内容が豊富で、なかなか時間が取れなかった「巣箱架け」でしたが、完了しました。

それにしても・・・良い雰囲気の巣箱でしょう。

作業(4) :お昼は炊き込みご飯

料理の上手いTさんの準備で、思いがけず、お昼は「炊き込みご飯」を頂くことになりました。
           美味しかった〜

【お知らせ】
3月25日(日)は「クリーンウォークと野外料理の会」を計画していましたが、当日雨の予報ですので、残念ながら準備の都合も考え「活動中止」と致します。
ご了解ください。


2007/3/15

里山のかわいい番熊くん  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します

今日里山に行ったら、ビックリです!
入口に鎮座していたのは、木彫りの「番熊くん」でした。
これは、先に行われた御嶽神社での「どぶろく祭り」で披露された「チェーンソーアート」の作品を、代表が後日里山に運びこんでくれたものです。
なんとも・・・愛くるしい顔立ちをしています。

今日の参加は10名で、炭の配達・挿し木の準備・木炭の袋詰め・カヤの刈取り・ムシロ作りと多彩な内容でした。
カヤで作ったムシロは、炭窯から木炭を運び出す時に使うもので、今回新調しました。

クリックすると元のサイズで表示します
ムシロ作りの様子

一方、里山は「春近し」・・・です。
その様子は、下記にジャンプしてご覧下さい。

   http://diary.jp.aol.com/applet/kubngbej/98/trackback

2007/3/8

ウグイスも歌が上手になってます!  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
薪降ろしの様子        初雪?

今日の参加者10名は、里山と三廻部に分かれて薪割とその運び込みを行いました。
里山組は、薪が到着するまでの間に「木酢液のボトル詰め」をやりましたので、この2日間は体から良い匂い(?)を漂わせることでしょう。

今日里山では、なぜか色々な音が気になりました・・・

その1 :ウグイスが綺麗な声で鳴いていました。随分上手くなりました。

その2 :薪下ろしの豪快な音が、山にコダマしていました。(写真参照)

その3 :北富士でしょうか演習の音と震動が、里山に届いていました。

その4 :お昼には粉雪が舞っていました。
     「しんしん」と音がしてました!? 写真の粉雪が分かりますか?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
木酢液タンクの底        本日の訪問者

2007/3/1

近林整備は・・・久々です  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します
杉玉

今日山に入って見ると、真っ先に目に付いたのは「杉玉」でした。
これは、前回の活動日(2月25日)に12名で作成したものです。
この「杉玉」が無いと、4日からの「どぶろく祭り」が始まりません!
ぜひ、4日11時から沼代の御嶽神社で開催の「どぶろく祭り」にご参集ください。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
間伐の枝掛かり           間伐後

今日の作業は、10名で里山に隣接するヒノキ林の間伐・枝打ち作業でした。
「ねんりんPJ」のMさんの指導で、チェーンソーとチィルホールの実地訓練の後、作業を行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

なんだかんだと勉強の一日でしたが、ヒノキ林の空間は少しは開けました。
新しい芽が出てくることを期待します!!

2007/2/22

もう、スミレが・・・  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
タチツボスミレ        オニシバリ(別名:ナツボウズ)
                    (トベラでは間違いでした・・・)  
もう里山には春が忍び寄っています。
炭焼き小屋の上にある陽だまりには、もう「タチツボスミレ」が咲いていました。
春近し・・・です。
ちなみに去年のスミレ報告は、2月3日でした。 今年は作業に追われて見逃していたのかな・・・!

今日の作業をスナップ写真と共にご報告します。(参加者は10名でした。)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
@窯出し開始         Aお昼は臨時の鍋料理

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
B午後からは窯入れ     Cその間にIさんがツルハシの柄の修理

写真のみで説明は要らないでしょう。
今日も充実の時間を過ごしました。


追記 :2月18日(日)の活動は雨天中止でした。

2007/2/15

春一番の翌日・・・の里山です  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
富士山の雪煙(大きい雲の右下)   里山の仲間たち

昨日は春一番が吹きましたが、今日は西高東低の冬型で北寄りの風が強く吹くとの予報でした・・・

一転、今日は5月連休明けの「五月晴れ」と言っても不思議でない良い天気でした。
まだ2月なのに、どうなってしまったのでしょうか??
参加者10名で整理した挿し木の山の向こうには、富士山が確認できるでしょうか?
富士山は、今日一日良く見えていましたが雪煙で終日稜線がはっきりしませんでした。
あちらは、強い風が吹いているようです。

挿し木の準備と炭焼き小屋の整理で、里山の入口付近はすっかり綺麗になりました。

午後は、間伐材の利用促進の目的もあって、野鳥の森近くに「素朴なベンチ」を据え付けました。
ここは、初夏の「里山ウォーク」のルートにも近くて、ちょっとした休憩も出来そうです。

なかなか良く出来ました!  ご視察下さい!!

良い機会なので、里山の仲間で久々の記念撮影となりました。
里山の自然もいいけど、集まった仲間とのふれあいも里山の魅力のひとつです。


2007/2/8

炭焼き準備完了  活動記録(06年度)

2週間後に「窯出し・窯入れ」を予定しているので、今日の作業はその準備を行いました。
参加者10名が分担しながら、次の作業を完成させました。

  その1.前回の炭焼きで「静置精製」していた木酢液の入替
  その2.コナラの間伐材の運び込みと薪割り

コナラの間伐材は、四十八瀬自然村の「ねんりんPJ」で切り出した材を里山に運び込んで薪にしました。
ホームグラウンドの里山近くの雑木林を整備して、そこで出た間伐材を有効活用するひとつの環境循環と捉えています。
私達は・・・それを「近林整備」と言う造語を作って、活動のひとつのテーマとしています。

炭焼きを通して、里山と近くの雑木林の整備が出き、参加者がいい汗をかいて楽しみ、間伐材の有効活用も進むとなると・・・「一石何丁」になるのでしょうか?
・・・ただ、
出来上がった炭や木酢液の活用が進まないのが課題ですが・・・

ともあれ、窯の前には準備した薪の山が写真のように準備できました。

クリックすると元のサイズで表示します


追記 :2月3日に行われた河川部会との合同探鳥会には大勢参加されて、30種近くの野鳥が観察できたそうです。
初めて参加した里山のメンバーは、Kさんご夫妻の解説で大いに楽しんだようです。

2007/2/1

今日のお客様は・・・ウソ!  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します

このところ、里山活動に行くと毎回新しい「お客様」が訪ねて来てくれてます。今日の作業を終えて休憩している近くに群れで来てくれたのは、「ウソ」でした。
作業の疲れも一気に吹き飛んでしまいます。

今日の参加者9名との作業は、間伐材を活用した遊歩道の階段整備でした。
この階段は活動初期に作成したものですので、もう3年近くになって、使った樹木が朽ちて少し危険になっていました。
写真でご覧のように、しっかり補修が出来て、又新しい階段も増設されました。

クリックすると元のサイズで表示します

これで、女性の方も、お年よりの方も、園内を安全に散策することが可能になりました。
ぜひ、ぜひ、これから春に向けて楽しみ一杯の里山を満喫しに来て見ては如何でしょうか?

私達の里山活動も、この3月で3年半になるわけで、初期に整備した設備が痛んできた部分が色々と出てきています。
里山も「リフォーム」が必用な時期・・・と言うことでしょう。

2007/1/25

私は誰でしょうか?  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します

「窯入れ」の様子を写した写真ですが、この影の私は誰でしょうか?
お分かりになりますか??
なんとなく想像がつきますね! ね! ね!

今日の里山参加者は10名で、「窯入れ・窯出し」を行いました。
いつもと違うのは、今回は大量の「竹炭」の窯出しで、どうなっているか心配しながら作業を進めました。
結果は・・・かなりの良い出来だったと思います。

この竹炭は、エンドユーザが決まっていて、新築の自宅の床に引き詰める為に引き取ってもらうことになっています。
今日その方にも立会いしてもらいましたが・・・合格のようです!
ヨカッタ! ヨカッタ!

クリックすると元のサイズで表示します
竹炭の袋詰め作業

追記  :1月21日の活動内容
参加者:5名  作業内容:薪の切り出し



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ