ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2018/4/18

アイレンが出来ました  不定期な日誌



 去る4月15日の日曜日に、吹田市にある「モモの家」で、無事に結婚式を催すことが出来ました。
 
 三十人程の列席者に祝って頂きました。

 中国語では、妻のことを「愛人」と書き「アイレン」と発音致しますが、不肖な私にも愛人が付き添ってもらえることとなりました。

 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 
宴の料理の写真で勘弁願います。


クリックすると元のサイズで表示します
21

2018/4/7

日々あれやこれや  不定期な日誌


 今年に入ってから、人生の空気が変わり始めたように思います。

 2015年からのわが人生のドタバタは、いったい何だったのでしょうか?

 よーく考えてみると、ドタバタは、2005年から始まりました。

 私の「社会建築」構想を、公にしたとたんに、強風が吹きまくり、2015年に至るまで、人間関係も、嵐の中でした。

 ゲーテは、「偉人は嵐の中に立つ」と、言っていますが、偉人でもないのに、偉人になった気分になりましたな。

 そして、2005年から十二年年が経ち、嵐は、そよ風に変わり始めたようです。

 「石の上にも三年」ではなく、十二年であったわけです。

 そういえば、ルドルフ・シュタイナーも、1911年の大波乱開始から、落ち着いてルドルフ・シュタイナー本来の使命であった「カルマ論」を公にするまで、十二年かかっていますね。

 この十二年間に、体的にも魂的に不調が続きましたが、これからは、人生本来の仕事が出来そうです。

 
 さてさて、やりたいことは、沢山あります。

 このブログでも、追々活動内容を、紹介して参ります。

 しかし、日々の実生活を楽しく過ごすためには、趣味を堪能しなければなりませんね。

 昨年から、久しぶりに再開した、パイプ煙草の喫煙は、人生を豊かにしてくれます。

 ついでに、昔持っていたライターを見つけて楽しんでいます。

 私は、ライターを「プロメテウス」の分身と思い、1930年代からの、ビンテージ・ライターを探して手に入れて、喜んでいます。

 ロンソン、デュポン、ジッポーなど、フォルムや機能に個性があって面白いものです。

 パイプもいろいろ安く手に入れて、パイプを選ぶ楽しみを堪能しています。

 しかし、嫌煙ブームの中、あのダンヒルが、煙草とパイプ煙草関連事業から撤退することになり、ダンヒルのパイプ煙草は、年内にまったく消えてしまうそうです。

 嫌煙の気持ちは、よく理解できます。私も、紙巻きたばこの臭いは、好きではありません。

 それに、煙草の煙を肺に入れるなど、言語道断ですな。まあ、私も15年位前までは、紙巻きたばこを吸っていましたがね。

 禁酒法も、嫌煙ブームも発信元は、アメリカ合衆国です。

 禁酒法は、宗教的な理由で、そして、嫌煙は、「健康」という擬似宗教が原因です。

 ドイツ人のジョークに「一番不健康なのは生きていることだ」というのがありますが、あまり健康にこだわると、かえって病気にかかりやすいのではないでしょうか?

 何事も、ほどほどにですかね。

 私は、中学生の頃から煙草と酒をやっていましたが、今は、紙巻きたばこ無し、酒無しの生活で、ただパイプ煙草の薫りを楽しんでいます。

 それはさておき、今年は、執筆、翻訳、講演活動に集中できそうです。

 新しい人間関係も出来て、今までとは異なる環境で「再デビュー」したいところです。

 今年は、ヨーロッパにも行けそうだし(昔の仕事関係ではなく)、日本国内もいろいろ観てみたいですね。

 先日は、沖縄で講座を行なってきましたが、沖縄ももっと知りたいですね。

 沖縄に行く前に、風邪かインフルエンザに罹っていて、小康状態だったのですが、那覇で「ヤギ汁」を食べたら、アーラ不思議、体調が頗るよくなり、翌日、二時間の講義を二回、それに質疑応答を二時間、支障なく行なうことが出来ました。

 さすが「ヤギ汁」、沖縄では万能の薬なのだそうです。それに、うメ〜しね。

 ジンギスカンとヤギ汁は、やはり旨いですわ。

 今年は、第一次世界大戦終結百周年、明治維新から150年、私的には、1978年にドイツ留学をしてから40年、司祭になって33年ですか。

 33年は、イエス・キリストの生涯年数ですが、ルドルフ・シュタイナーは、キリストの復活以来、この33年は、歴史的なリズムになったと言っています。

 すなわち、2018年の精神的背景は、33年前の1985年、66年前の1952年そして、100年前の(実際には33年と4か月)1918年にあるとのことです。

 この年に何があったか、ネットなどで調べてみてください。なるほど、だから2018年にこんなことが起きるのだと、思えますよ。

 まあ、あれやこれや、いろいろと書いてみました。


          飛んでいけメランコリア。


       クリックすると元のサイズで表示します

          
          アルプレヒト・デューラー「メランコリア」から。
16

2016/9/22

ケンタッキーフライドチキンの一日  不定期な日誌

 昨晩は、Skypeのシュタイナー講座で人智学と仏教について講演した。Skypeは時々トラブルがあるが、大抵は修復可能で映像もきれいだし、音声も良い。

 十和田市、仙台市、藤岡市、札幌市そして東京からの参加者5名での講座だった。

 顔を見ながら話せるので、結構盛り上がる。月一回の楽しい時間だ。

 今朝は「燃えるゴミの日」だった。だから結構早起き。朝飯は、鳥取の20世紀梨とオレンジジュース。

 そして、スマホでTwitterチェック。LINEもチェック。新聞はとっていないし、テレビも観ないので、ネットで様々なニュースを読む。

 「もんじゅ」がやっと廃炉になるらしいが、カネが欲しい地元民の多くが反対とか。命よりカネ。今の日本は完全にいかれている。

 シャワーを浴びる。もうシャンプーは使っていない。「湯シャン」というヤツだ。お湯だけで洗う。かなり気持ちが良い。

 曇り空で雨が降りそうだが、昼飯は桜井で、と思い自転車で桜井に行く。しかし、「食べログ」で探した店が見当たらない。無くなってしまったようだ。こういう場合は、食べログから消去出来ないものか?無駄足だった。

 ならばと、国道171号線を走り、牧落交差点へ。このあたりで小雨が降ってきた。

 さあ、何を食べようか!多くの店は子供連れで満員だ。

 ふと見るとなんと「ケンタッキーフライドチキン」の前にいた。

 私は生まれてこの方、ケンタッキーフライドチキンを食べたことがない。世界中で多くのファンを持つケンタッキーフライドチキン。

 どんな味がするのだろう?
 
 そして、店内に。買い方が分からないのでいろいろ聞くが、説明がなんだかよく分からない。

 まあ、どうにかして、骨付きチキン二つに、フライドポテト、コールスローそしてオレンジジュースを頼んだ。

 結構高い。これで970円。

 チキンは結構大きい。一切れでもよかった。

 味は、普通。私には他との違いが分からない。独特の味付けでもない。若干塩辛い。

 そして、かなり油っぽい。

 これなら、北海道の鶏ザンギの方が数百倍旨い!!

 昔、ジーン・ハックマンが娼婦たちと、バケツのように大きな容器に入ったケンタッキーフライドチキンを食べ尽くすシーンのある映画を観たことがあるが、彼らはかなり旨そうに食べていた。アメリカのケンタッキーフライドチキンは味が違うのかしらん。

 「サッポロザンギ・フライドチキン」として、アメリカで店を出したら当たるかも知れない、などと考えてケンタッキーフライドチキンを頬張った。ポテトは半分くらい残した。

   

 クリックすると元のサイズで表示します

  
 そしてこれが北海道のザンギだ

       クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

8

2014/10/25

満60歳になった  不定期な日誌

 60年前の今日、私は札幌に生まれた。高校を卒業するまで札幌で生活し、その後は東京に1978年11月25日まで暮らした。

 そして、ドイツへ留学。1985年3月3日にキリスト者共同体の司祭になり、1999年8月までドイツで活動してた。2000年6月11日、日本にキリスト者共同体を創設。2007年11月25日まで東京で活動していたが、大きな裏切りを体験し、バーンアウト。ドイツのボーフム集会で、他二つの集会をも担当して、二年間働いた。

 2009年10月に東京へ戻ったが、2010年8月6日にここ大阪に転勤。今に至っている。

 喜び、感謝、苦しみ、悲しみ、裏切り、嫉妬、ねたみ等を色濃く体験した。すべてが、今後の人生の指針となっている。

 もう、不安や怖れをもたず、生きていくことにした。どうにでもなれと、思うことはやめた。今あることのすべてを大切にして生きていきたい。

 自由に生きる。自由へと向かっていく。真の自由を体現する。なんと言われようと、そうする。そこには、センチメンタルな心では体験できないキリストがいるはずだ。

 もう神以外に、誰も私を「変えること」は出来ない。

       

 クリックすると元のサイズで表示します
26

2014/9/19

近況報告でござんす  不定期な日誌

 もうかれこれひと月このブログに投稿しなかったようです。色んなことがありましたな。激動の8月でした、そして、激動は9月も続くようで。

 今日9月19日の時点でもう37回飛行機で空を飛びました。来週は沖縄なのでまた増えます。

 8月は、石垣島、西表島、竹富島、那覇、その後、台風だからと称して、大分での仕事はキャンセル、したがって宮崎での講演会は急遽中止。結局台風は九州に上陸せず、仕事は出来たはず。人間の不安によって様々な不利益が生じますな。

 その後、仲代奈緒さんとの朗読劇の仕事を手伝いました。これは、いやはや素晴らしかった!何度でも観劇したいです。奈緒さんの歌も最高だしね。

 それから、仙台で仕事をして、大阪に帰り、聖化式等をして、8月25日から9月5日までバリ島に行ってきました。

 バリ島では、人間聖化式を三回、そして三人の子どもを洗礼しました。さらに講演会が6回か7回。ウマイバリ島の料理でどうにか踏ん張りました。

 しかーし!9月8日に高熱でうなされました。なんと、生まれて初めての40度5分の高熱!!!扁桃腺炎が原因のようです。

 こんな高熱が出るなんて、体力があるからだそうです。

 それから、14日に聖化式を大阪でとりおこない、その足で東京へ飛び、有楽町の東京フォーラムで「ルドルフ・シュタイナーの社会衝動」というテーマで講演、翌日は、水道橋の涼風書林で「司牧医学」について、三人の医師をまじえて講義。

 9月16日、キリスト者共同体の創立記念日の夜に帰宅。そうか、キリスト者共同体は1922年に創立だから、92歳になったんだな。

 そして、昨晩は京都で仕事。

 なんか、人間関係の揉め事が多い。私の不器用さから来ることもあるけれど、多くは、問題を起こす本人が、自分の未解決の諸問題を他人に投影して起きる揉め事があまりにも多い。

 多くの場合は、自己救済願望、あらゆる意味での嫉妬、羨望、ねたみが原因だ。

 みんな、自由になろうよ。しがらみとか古い人生観を棄てて、規制の道徳や倫理から解放されて、外の権威を無視して、自由にならないですか。

 なんかね、台風がイジメのように来ているみたいですが、9月22日から27日まで那覇で講演会をして参ります。22日は、友人が山羊料理の店に連れて行ってくれるそうで、今から楽しみにしていますぞ。ウメ〜、だろうな。

 10月1日からは札幌だ。南へ北へ、さすらいの旅は続く。

 人生これ義理と仁義が大切。渡世人のこれは「行為への愛」だべさ。

 自由への道が見え始めた。あとは歩くのみ。

       クリックすると元のサイズで表示します

 オヤジ顔を披露しますぞ。来月10月25日で満60歳のおっさんの顔でっせ。

19

2013/11/19

ガン治療についての見解について  不定期な日誌

 今日、医師でブログ読者である方から、丁寧なお電話を頂きました。

 なるほどと、思い、ここに若干の見解を記します。

 ルドルフ・シュタイナーの「司牧医学」では、医師と司祭の共同作業が今後大切である、と述べられています。しかし、医師はもっぱら肉体にかかわり、司祭は魂にかかわることが、条件とされ、司祭が、「治療」について、個人的な意見を述べるのは自由ですが、治療の是非を左右するような発言は「越権行為」となります。

 同様に、医師が魂の問題で「人生相談」にのるのも越権行為となります。

 それぞれの責任の所在が違えば、責任を取ること、取れないことが明らかになります。

 以前、「抗がん剤は絶対に使わないで下さい」というブログ記事を掲載しましたが、場合によっては、放射線療法や手術でガンが治ることも、全面否定は出来ません。そして、私のこの記事は、越権行為であると思われますので、削除いたしました。

 しかし、「社会問題」としての医療問題については、今後も発言して参ります。ただし、その治療法を決めるのは、それぞれの判断ですので、影響力が全くないとは言えない私の治療についての是非を決めるような発言は控えることにいたします。

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
12

2012/11/4

DVD第二弾新発売です!  不定期な日誌

 私の講演会と講義の模様を録画し、さらにテロップによる解説や美しい「挿絵」などが入ったDVDが、なななんと!3枚組で発売されました。収録時間は4時間以上です。

 価格は、5500円+送料です。購入希望の方は、住所氏名を以下にメールして下さい。

           naos@aurora.zaq.jp

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

原発事故についても言及しています。どうぞよろしくお願いいたします。
11

2012/4/6

十字架の金曜日  不定期な日誌

 今日はイエス・キリストが十字架で殺された日です。地球上の悪の勢力が最も胸を膨らませる日でもあります。「今年こそ、復活を阻止するぞ!」と意気込む日でもあります。大飯原発を再稼働すると政治決定がなされましたが、これもその範疇に入ることですね。

 15時が、キリストの絶命の時間です。出来れば皆さん、この時間に黙祷を捧げて下さい。昨年は、そう言えば豪雨でした。

       クリックすると元のサイズで表示します
10

2012/4/5

今日は緑の木曜日  不定期な日誌

 今日は、「最後の晩餐」のあった日、「緑の木曜日」です。今日から聖受難週間も深まってきます。明日は十字架の金曜日ですね。

 バッハです。お聴き下さい。

 
9

2012/3/28

やっと落ち着いた  不定期な日誌

 今日から、子どもたちが10人くらい来ます。ですから、今晩は皆でジンギスカン・パーティですな。明後日までワイワイガヤガヤです。昨日と今日は買い出し。午後3時にラム肉3sを取りに行きます。私は子どもの頃、ラムではなくマトンでジンギスカンをして、1sはひとりでマトン肉を食べたもんです。それと、ご飯と野菜をタップリね。

 先日、ようやく本棚を組み立てて、我が書斎が少しスッキリとしました。買ってから2ヶ月は放置していましたので、出来て嬉しい。

       クリックすると元のサイズで表示します

 1985年から使っているドイツ製の仕事机です。かなり大きくて使いやすい。この上に本棚を置きました。左側にベランダがあり、階段を下りると専用の庭に出ます。ベランダも広い!

       クリックすると元のサイズで表示します

 机の右側の大きな本棚(これはケルン時代に買ったドイツ製)と、「立ち机」(これもドイツ製)です。ゲーテもこんな机で立って文章を書いていたのです。下はрニFAX置き場。上の絵は、あの砂澤ビッキの作品です。

       クリックすると元のサイズで表示します

 その正面がこちら。右側の細長い本棚も新品です。(左側の箪笥は、ドイツのIKEAの物)これでCDとDVDが収まりました。二重に入れてます。左側は鉱石コレクションの「一部」、そう、ごく一部です。鉱石を入れているガラス戸の棚はケルン時代にIKEAで買ったものです。

       クリックすると元のサイズで表示します

 まあこんな感じです。ここから結構たくさんの鉱石がただいま貸し出し中。普段はもっといい石があります。

 まあこんな感じの部屋で仕事をしてます。
6

2011/12/22

今日は冬至ですね  不定期な日誌

 2011年12月22日、今日は冬至です。今日を境に光がまた力を持ち始めます。もうこれ以上「暗い」日はない。大震災に苦しまれる方々にも、今日を境に一条の光が降り注がんことを念じます。そして、原発事故の隠蔽と嘘が、今日以降強くなる光を浴びてすべて曝かれん事を!

 ゲルマンの秘儀の地「エクステルンシュタイネ・Externsteine」の「冬至の太陽」です。

       クリックすると元のサイズで表示します

 今日は18時半から京都で「京都エピグノースの会」です。二人のイエスとマリアについて話します。場所は烏丸駅近くの「京都ウィングス」です。
5

2011/10/11

笠井叡さんの舞台公演に行ってきた  不定期な日誌

 昨日の笠井叡さんの舞踏公演「血は特別のジュースだ」は素晴らしかったです。ブラボー!!!シュタイナーの「社会論」や「経済論」は、最も人気のない分野ですが、しかし、最重要なテーマです、特に今は。それを、笠井さんはビジュアルに、そして、ラディカルに表現してくれました。彼独特の「ユーモア」もあり(だから本物)、サプライズもありの舞台でした。イヤイヤ、猛烈でした。最後に、この舞台のために印刷された、笠井叡さんの肖像の入った「紙幣」が10万枚撒かれ、それはそれはもの凄かった。「1万オンスの金が泥になる」というメッセージは強烈でした。この紙幣はすごく良くできてます。たくさん拾って来ました。いつかお目にかけます。でも、多くの人は拾わなかったみたいですね。みっともないからかな?
6

2011/5/28

ひびきの村訪問  不定期な日誌

 2011年5月18日から19日のひびきの村です。美しいところです。皆さんも一度訪れるといいでしょう。

 

 

 

 


 
0

2011/5/26

スーパー北斗でひびきの村へ・その2  不定期な日誌

 樽前山が見えます。この火山も大規模に噴火しました。以下、到着までの動画をご覧下さい。

 

 

 
 最後の方で誰かクシャミをしますが、私ではありません。

 

1

2011/5/26

スーパー北斗でひびきの村へ・その1  不定期な日誌

 5月18日に朝早く伊丹空港から新千歳空港へ飛び、その後、南千歳駅から伊達紋別へ向かいました。鉄道ファンは必見の動画であります。

 
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ