2013/1/31

大企業(キャノン)の横暴を跳ね返した  ]U格差社会
  『週刊新社会』から
 ◆ 非正規の差別許さず組合結成
   結実した不屈の闘志
弁護士 萩尾健太

 非正規雇用労働者に一筋の光明が差した。会長が経団連会長を務めた大企業、天下のキヤノンを相手に労働組合として闘い、一部とはいえ非正規の正社員化を勝ち取った(本紙1月15日号既報)。弁護団として共に闘った萩尾健太弁護士にこの勝利の意味を明らかにしてもらった。

 ◆ キヤノンと和解成立
 昨年12月20日、東京都労働委員会において、キヤノン非正規労働者組合とキヤノン株式会社との間で和解が成立した。
 この和解においてキヤノン組合、組合員5名、キヤノン株式会社は以下の内容(別項)を開示することについて合意した。さらに、雇用を実現できなかった3名についても、解雇撤回に匹敵する解決金が支払われることとなった。

続きを読む

2013/1/31

田畑裁判2月4日証人採用が審理されます  ]Vこども危機
 <田畑先生の再雇用拒否の真相を究明する会ニュース>
 ◎ 第三次 21号 2012/12/28発行


 裁判の日程 証人採用が審理されます。
 次回2月4日(月)11時 地裁615法廷


 皆様、年の瀬も押し詰まってきましたが、いかがお過ごしですか。今年は総選挙が入った結果、慌ただしさが倍増し、てんやわんやの年末となりました。
 田畑は、時間のある限り、宇都宮さんのビラをひたすら撒き続けました。やり過ぎて左足首が痛くて歩けなくなったり、右大腿骨の骨頂に痛みが来たり。このまま治らなかったらどうしようと心配しましたが、自然に治りホッとしたところです。
 私以外にビラ撒きの人の姿は見かけず、他候補はビラを撒かなかったようですが、何と言っても期間が短か過ぎた。その上、衆院選の中に埋没してしまい、マスコミも気合いを入れて報道せず、初めから猪瀬氏が本命という立場を取っていたのは□惜しい限りでした。

続きを読む

2013/1/30

[土肥元校長の裁判を支援する会] 控訴審判決日のお知らせ  Y暴走する都教委
 いよいよ2月7日(木)に「学校に言論の自由を」裁判の控訴審の判決が出されます。
 ★ 「学校に言論の自由を!」裁判 いよいよ控訴審判決
   2月7日(木)午後1時15分 東京高裁 511法廷


 今回の傍聴については抽選となりました
 12時15分に日比谷公園霞門に集合して、横断幕をを先頭にして全員で裁判所までデモをし、傍聴の抽選に臨みたいと思います。
 支援者の皆さんは、ぜひ12時15分までに弁護士会館そばの日比谷公園霞門までおいで下さい。
 なお、12時15分に遅れた場合は直接高等裁判所(地方裁判所と同じ建物)の傍聴席抽選場所に12時55分までにご集合ください。
 参考までに、結審の時の私の意見陳述も掲載します。
 裁判終了後
 ★14時30分より司法記者クラブで記者会見
 ★15時頃より日比谷図書文化館(旧日比谷図書館)・4階・小ホールで報告会
  報告会に是非ご参加下さい。

続きを読む

2013/1/30

東京シューレの生徒「いじめ」についての発言  ]Vこども危機
 ◆ 「死ぬ」よりも「休む」選択を取ってほしい

 ◆ 私がいじめを受け始めたのは・・・
 私がいじめを受け始めたのは中学1年の時でした。私は、アトピーで、そのことに対してクラスの男の子たちから掻くマネをされたり、「気持ちが悪い」などと言われました。それが1回で終わらず毎日続いていました
 他にも上履きを隠されたり、理科室での授業の時に、いじめる人といつも一緒のグループになってしまい、嫌な言葉を言われることもありました。そのときの私の気持ちを一言で言い表すのは難しいけれど、苦しい・嫌だな・消えたいとかいろいうな感情が混ざり合っていました
 理由はわからないけれど、親や先生に話すことができませんでした。親にいじめられていることを話せないまま、学校に行きたくないと思った私は、お腹が痛いとか他の理由を言って学校を休むようになりました。

続きを読む

2013/1/29

「予防訴訟をひきつぐ会」にぜひ加わって下さい。  X日の丸・君が代関連ニュース
 ☆ 「予防訴訟をひきつぐ会」はじまりの会 ☆
 予防訴訟解散総会で呼びかけました「予防訴訟をひきつぐ会」ですが、すでに100人近くの方が加入して下さいました。ありがとうございます。
 下記のように「はじまりの会」を開きます。既に加入している方も、どうしようか考えている方もふるってご参加下さい。
 今の厳しい状況の中で私たちに何ができるのか、何をすべきなのか、皆さんと共に考えたいと思います。
  日時:3月16日(土) 14時
  場所:文京区民センター 3C
  内容:活動内容、活動方針について
  講演(未定)


 ☆ JOIN US ! ☆
 予防訴訟は今年2月9日に8年間の裁判に終止符を打ち、予防訴訟をすすめる会も12月22日に解散しました。この間、予防訴訟は原告だけでなく多くの教職員を支える希望訴訟であり続けました。

続きを読む

2013/1/29

「大阪駅通り抜け事件」起訴取消しを求める憲法研究者声明  ]平和
 ◆ JR大阪駅前広場での宣伝活動に関する起訴の取消しを求める憲法研究者声明

 1 声明の趣旨
 私たちは、2012年12月17日発表の「JR大阪駅頭における宣伝活動に対する威力業務妨害罪等の適用に抗議する憲法研究者声明」の呼びかけ人等です。
 その後、12月28日、大阪地検は、逮捕された3名のうち2名を「処分保留」とし釈放しました。しかし私たちは、1名(H氏)を威力業務妨害罪(刑法234条)で起訴したことについて納得ができません。そこで再度声明を発表し、大阪地検に対して起訴の取消し(刑事訴訟法257条)を求めます。

 2 H氏の公訴事実について
 H氏は、2012年10月17日の午後3時ころより約1時間程度の間、JR大阪駅前の「東広場」において、H氏を含む約40名の市民が震災瓦礫処理に関連する宣伝活動を行った際に、公道との境のないJR大阪駅の敷地内に立ち入り、ビラを無許可で配布したことなどを駅係員に制止されたことに対して、大声で抗議し、駅係員の足を踏んだとされています。

続きを読む

2013/1/28

下村文科相は教育の民営化の徹底した信奉者である  ]Vこども危機
  《止めよう!教育の民営化・非正規職化K》安倍「教育再生」始動
 ▼ 下村博文の文科相・教育再生担当相兼任で教育の民営化が本格化する


 ◎極右だらけの「教育再生実行会議」
 12月27日に安倍内閣が発足し、下村博文が文部科学大臣と新設された教育再生担当大臣に就任した。06年、第1次安倍内閣の官房副長官として教育基本法改悪を強行し、教育再生会議を足場に、免許更新制導入など教育3法改悪を推進した人物だ。民主党政権時代はシャドーキャビネットの文科相を務め、安倍が総裁に就任するや、自民党の教育再生実行本部長として教育分野の選挙公約(本通信33号参照)の策定にあたった。
 1月15日には「教育再生実行会議」設置が閣議決定された。そのメンバーは八木秀次を筆頭に「日本教育再生機構」人脈で占められている(下囲み)。「いじめ対策」を皮切りに、「教育委員会制度の見直し」「6・3・3・4制の見直し」などが議論される。

続きを読む

2013/1/28

君が代関連裁判 今後の予定(2月〜4月)  X日の丸・君が代関連ニュース
 ☆ 学校に自由と人権を!
   ―「日の丸・君が代」強制に反対する裁判が粘り強く闘われています。絶大なご支援を!


 <裁判・人事委員会審理日程>
 ☆ 「授業してたのに処分」事件第5回口頭弁論
 *2005年再発防止研修・専門研修の日程変更を認められずいつものように授業をしていて減給6月の重い処分。福嶋さん(元福生高校)の処分取消を求める訴訟への支援を!
 4月15日(月)
  10時傍聴希望者集合(傍聴抽選なし、先着順) 10時30分開廷
  東京地裁527号法廷 (定員42名)
  終了後報告集会 場所は追って連絡

 各訴訟の現状 違憲判断と全ての処分の取り消しを!
 ☆ 東京「君が代」裁判二次訴訟
 (最高裁へ上告手続き中。05・06年処分取消請求。上告人62名)

続きを読む

2013/1/27

処分撤回を求めて(245)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。
(転送・転載歓迎。重複はご容赦を。一部報道関係者にも送信)
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

 ★ 職務命令出すな・卒業式処分をするな!都教委要請行動に来て下さい!

 ◆ 10・23通達発出から10回目の卒業式
 東京都教委が卒業式・入学式などで「日の丸・君が代」を強制する「10・23通達」(2003年10月23日)を発出して10回目の卒業式が巡ってきました。この間「君が代」斉唱時の不起立・不伴奏等を理由に441名もの教職員が処分されています。また、被処分者の退職後の再雇用職員・再任用・非常勤教員等の合格取消・採用拒否なども70名にのぼります。10.23通達と前代未聞の大量処分は、東京の「破壊的教育改革」(石原前都知事)の象徴です。

続きを読む

2013/1/27

「条件付き採用教員の免職は許せない!」裁判  Y暴走する都教委
  『都教委包囲・首都圏ネット』から
   (新しいアドレスに移行しました http://houinet.blogspot.jp/
 ◆ 1/24「条件付き採用教員の免職は許せない!」(都立高校)裁判


 1月24日(木)、東京地裁で、「条件付き採用教員の免職は許せない!」裁判がありました。傍聴席はほぼ満席でした。
 ▼ この日の法廷
 この日は「準備書面の確認」でした。
 東京都側が出した準備書面はA教諭に対する品のない罵倒を繰り返しているものですが、「初任者研修の指導教諭」を外したことについては認めるものでした。
 ところがなぜ外したのかの理由については述べておらず、原告側の弁護士が「訴状第2の2(3)担当指導教諭の解任についても被告(東京都)の積極的反論はないのか」と釈明を求めました。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ