2018/6/4

カリキュラムで冷遇される「民主主義を担う人材を育てる」社会科  ]Vこども危機
  《尾形修一の紫陽花(あじさい)通信から》
 ◆ 社会科「虐待」の黒歴史−歴史教育を考えるA


 社会科は学校教育の中で「虐待」され続けてきた。そういう風に感じている社会科教員が多いと思う。虐待どころか、高校の学習指導要領ではとっくの昔に「社会科」はなくされてしまったんだから、「虐殺」というべきか。「社会科」が高校にはないということは、1989年(平成元年)告示の学習指導要領で決められ、1994年から実施された。
 もはや平成も終わろうかというのに、いまだに「主要5教科」などと言う人がいる。(都立高校の進学指導重点校の「数値目標」を見ると、そう書いてある高校がある。都教委もその書類を訂正せずに受け取っているから驚く。)

 高校では「社会科」は「地理歴史科」「公民科」に分割された。社会科教員で賛成した人はいないだろう。分けられたことにより、それ以後の教員免許は「地理歴史」「公民」となり、片方しか持っていない人も増えている。

続きを読む

2018/6/4

NHKの政権忖度人事に対し、研究者らが抗議の記者会見  ]平和
  《澤藤統一郎の憲法日記から》
 ◆ NHKは官邸におもねることなく、ジャーナリズムの本道に徹せよ

 NHK会長 上田良一様
◎ 権力監視報道に立ち戻り、報道現場の萎縮克服を求めます
研究者・弁護士有志(名簿略)

 目下、わが国では、森友・加計問題、防衛省の日報隠しに代表される国家の私物化、権力の濫用と腐敗が極限に達しています。しかも、そうした事態を正すべき国会審議と国政調査権が数の力に遮られ、機能不全の状態に陥っています。
 このような民主主義の危機的状況を立て直す最後の砦は有権者の理性的な意思表明と行動ですが、それには有権者が賢明な判断を下すのに十分な情報が不可決です。いわゆるメディアの権力監視報道はそうした使命を担うものにほかなりません。
 この点で、NHKは昨年来、森友学園問題や自衛隊の日報隠しなどで優れたスクープ報道を行ってきました。

続きを読む

2018/6/4

〈中国通信1513〉朝鮮・韓国は、米朝会談後のことを話し合っている  ]平和
皆様へ、日中友好と教育の自由のために〈中国通信1513〉を送ります。重複お許しください。ご意見ご批判をお願いします。転送OK。*記事の中国語原文については大幅に(略)しています。全文を読みたい方はご連絡ください。

 ★ 米朝首脳会談朝鮮戦争終戦宣言、議論の可能性 韓国期待
 ★ トランプ氏 段階的非核化を容認 米朝12日に会談

   毎日新聞2018年6月2日


 ※トランプ語録:
   「1回の会談ですべてが成し遂げられるとは思わない」
   「互いを知ることが主目的」「その場で何かに署名するようなことはないだろう」
   「関係改善が進むなかで今後、『最大限の圧力』という言葉は使いたくない」
   「米国が多くの支出をすることはない」
   「人権問題については話し合わなかった」

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ