2018/7/9

大阪ネット通信(7/7)  X日の丸・君が代関連ニュース
 ★ 第8回「日の丸・君が代」問題等全国学習交流集会
   7月22日(日)
10:00 大阪国労会館(JR環状線天満駅5分)


 ◆ 「日の丸・君が代」強制反対・大阪ネット通信(7/7)

 ◆ とにかく命令に従えとの「意向確認書」の押し付けは、「研修」の名に値しない

 7月10日に、今年の卒業式での2回目の戒告処分「次回は免職」との警告書を手交された増田さんへの「研修」が実施されます。これに対して、増田さんは。
 「疑問点について質疑応答の時間」の確保、
 「宛先も使用目的も曖昧な『意向確認書』の署名捺印を求めない」ことを要望
 これに加えて大阪ネットも、事情聴取でも要求していた立ち合い等ILO/UNESCO「教員の地位に関する勧告」に基づく権利を認めることを申し入れています。

続きを読む

2018/7/9

「働き方法」成立を伝える各紙の論調の違い  ]U格差社会
 ◆ 「働き方」法の危機感直視 (東京新聞【新聞を読んで】)
永田浩三(武蔵大学社会学部教授)

 昨夜の悔しさ。翌日配達される朝刊はその気持ちを共有してくれるだけでなく、多角的な視点を提供して冷静にさせてくれ、不貞腐れることなくわたしを職場に送り出してくれる。新聞の効用はそこにあるとずっと思ってきた。
 6月29日夜、高度プロフェッショナル法(高プロ法)が成立した。労働時間・休日・休憩・深夜業務の規制がなくなり、割増賃金は支払われない。なんだか危険がいっぱいの法律だ。

 どの新聞も怒り心頭だろうと思いながら各紙を見て驚いた
 日経は「無駄な残業をなくし、時間ではなく成果を評価する働き方の第一歩」と歓迎。読売も「脱時間給制度」と位置づけていた。
 東京新聞の1面には、参議院本会議を見守る過労死遺族の写真。記事は、どの政党が反対したのかから始まっていた。

続きを読む

2018/7/9

プルトニウムをため込む政策をやめよ  ]Xフクシマ原発震災
  =たんぽぽ舎です。【TMM:No3410】地震と原発事故情報=
 ◆ ため込んだプルトニウム削減のために原発再稼働はお門違い
   使用済み核燃料は再処理せず直接処分する

浜島高治 (神奈川県在住)

 日米原子力協定のおかげで、日本は核兵器原子爆弾に使えるプルトニウムを47トン溜め込んで来ました。
 米朝会談が始まり、北の非核化が問題になり、もはや誤魔化しができなくなりました。
 東京新聞7/2朝刊『北非核化に「悪影響」、元米国務次官補トーマス・カントリーマン氏が懸念、大量プルトニウム・核燃サイクル撤退求める』。
 日経新聞でさえ7/3夕刊『国際社会の懸念に対応、プルトニウム削減明記;新エネ計画閣議決定』、7/4朝刊『核拡散懸念逃れられず、新エネ計画で初めて明記;プルトニウム削減難題に』。

続きを読む

2018/7/9

アベ内閣は、直ちに全個人通報制度批准を閣議決定し総辞職せよ!  ]平和
 《今 言論・表現の自由があぶない!から》
 ◆ 持続不可能な日本


 日清、日露、第一次・第二次世界大戦、侵略戦争で、
 アジアと国際社会の数千万人もの人々を殺し、
 女性やこどもたち、多くの人々を戦争の惨禍に苦しめ、
 さらに、アベ政治は加害の歴史をなかったことにするため、
 朝鮮半島侵略と差別と加害の事実の調査を拒絶し、朝鮮人虐殺現場を抹殺している。

 安部晋三は、国連人権理事会と国民および地球市民を欺き、
 自然災害における政府の仕事をサボり続け、国民に対し甚大な被害を与えている。
 これは、人道の罪である。

アベ内閣は、直ちに、日本が批准済みの
人権条約に備わっている全ての個人通報制度を「批准する」と閣議決定し、
総辞職せよ!


2018年7月7日
プロジェクト・ピースナイン
国連 経済社会理事会特別協議資格NGO
言論・表現の自由を守る会



AutoPage最新お知らせ