2018/7/10

再雇用拒否第二次訴訟・最高裁判決(7月19日)傍聴支援のお願い  X日の丸・君が代関連ニュース
支援者の皆さんへ。
(BCCで配信・重複はご容赦を)
被処分者の会事務局・近藤 徹

 ◆ 再雇用拒否撤回を求めて
   〜最高裁判決(7月19日)に絶大なるご支援を


 本件訴訟は、原告ら(元都立高校教員 私も原告)が2009年9月、「君が代」斉唱時の不起立のみを理由とした再雇用拒否が違憲・違法であり、東京都・都教委の「裁量権の逸脱・濫用」であることを争点として「損害賠償」を求めて東京地裁に提訴した事件。

 東京高裁は2015年12月、本件採用拒否が原告らの「期待権を侵害」し、「裁量権の逸脱濫用」で「違法」として東京都に総額約5,370万円の損害賠償を命じた一審東京地裁判決(2015年5月)を支持して、東京都の控訴を棄却し、原告らが勝訴しました(この間、原告4名がお亡くなりになったことは慚愧に堪えません)。

続きを読む

2018/7/10

「何人も、平穏に請願する権利を有する」(憲法16条)の補償を求める裁判  ]Vこども危機
 ◆ 「請願権裁判」傍聴お願いとセミナーのご案内
   皆さま     高嶋伸欣です


 間近になりました,杉並区教育委員会を被告とする「請願権裁判」の口頭弁論が7月11日(水)午後2時から、東京地裁530号法廷で開かれます。

 請願権は、年齢や国籍に関係なく、日本在住のすべての人々・何人(なにひと)にも保障された基本的人権(憲法16条)です!
 それなのに憲法発効から70年の間、日本社会でその意味が忘れさられ、請願権について誤った認識を植え付け続けている教科書記述・憲法解説書・主権者教育報道が今なお全国に構造的欠陥の如くまん延しています。
 そうした、日本社会の人権認識の欠陥がによって、現実化した人権侵害の当事者となったことで、改めて上記の構造的欠陥の是正も目指しながら、着手した裁判です。

 少しでも多くの方が関心を寄せて下さることを願っています。

続きを読む

2018/7/10

河原井さん・根津さんらの「君が代」解雇をさせない会講演会(2018/7/7)  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 右翼少年が「君が代」不起立になるまで
   〜大阪教員・増田俊道さんが講演
(レイバーネット日本)

 ※動画「イマジン(日本語詞:忌野清志郎・まっすん)」(4分20秒)

 大阪府では、2011年に国旗国歌条例が成立して、教職員に「日の丸・君が代」の強制が始まった。さらに2012年には職員基本条例ができて、「君が代」不起立を三回すると免職にするとされている。府立高校社会科教員の増田俊道さん(57歳)は、2013年と今年2018年の卒業式で不起立をした。その増田さんをゲストに7月7日、東京・中野商工会館で講演会「『君が代』不起立の抵抗は続く」が開かれ、35人が集まった。主催は「君が代」解雇をさせない会。

 増田さんは、自分のことを「純粋な右翼少年」だったという。小学校5年生のときにボーイスカウトに入り、「日の丸」掲揚や、「君が代」斉唱があたりまえの世界にいた。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ