ZARDか絢香か・・・  エンタメ

出ているのをすっかり忘れていたZARDのベストアルバム、夕べコナンを見ていて思い出しました(結界師もなかなか面白いぞ)ので、今日さっそく買いにデオデオへ。
すると絢香のファーストも・・・。
結局どっちも買ってしまいました。(^^ゞ
もちろんZARDはDVD付き初回限定ヴァージョン。
おサイフ「軽態」なのでデビット決済ですわ。
今、絢香聴きながら書いてますが、アップテンポの曲が多くなかなかです。アンジェラアキ・ナナムジカ・いきものがかりに続く今年のお気に入りかな?
明日スイスポのナビに録音しよっと♪


     クリックすると元のサイズで表示します
0

栗原画伯の精密画  バスネタ

以前から非常に気になっていた栗原大輔画伯の精密画。ご本人がオークションに出品されていたので購入。ただ出品数が多く車種を悩み、結局この2枚を購入することに。
透明水彩と水彩色鉛筆による作品との事です。なお原画ではなくA4版の複製品です。
非常に美しい作品です。安くはありませんが気になる方はぜひどうぞ。
おっと額縁買わないと・・・。

那覇交通のBU04
クリックすると元のサイズで表示します

マツダT2000
クリックすると元のサイズで表示します

栗原画伯のHPです。
http://www.geocities.jp/kikansyaporuko/
0

広島車両所一般公開  鉄ネタ

JR貨物広島車両所の一般公開に行って来ました。9時半の開場と共に駐車場側から入ったのですが、昨年に比べて来場者がかなり多かったです。
特にコレといった物はありませんが、塗装変更されたEF81やDE10などが展示されていました。
今年も貨物輸送機が牽引するトロッコ列車が子供たちに大人気で長蛇の列。EF66のエンド銘板が500円で売られていて、安いのでよく売れていました。
マニマニ撮影会が10時半からあったのですが、展示車両は一通り撮ってしまったし、ヘッドマークには興味は無いし、模型会の例会にも行く予定だったので始まる前にとっとと引き揚げました。あ、国鉄色EF66撮ってなかった・・・。
先日温品バイパスから山陽道広島東インターまで開通したばかりなので、ついでなのでさっそく通ってみました。今まで一旦馬木で一般道に出ていたので、信号のタイミングが悪いと結構時間的ロスがあったのですが、開通であっという間に山陽道直結。最初からやっとけよ!

EF81 5
クリックすると元のサイズで表示します

DE10 1049
クリックすると元のサイズで表示します

EF200-1
クリックすると元のサイズで表示します

EF64 1049
クリックすると元のサイズで表示します

アント替わりのフォークリフト
クリックすると元のサイズで表示します
0

下関ナンバー続々・・・  バスネタ

10月10日よりご当地ナンバー制度が始まり、中国地方では倉敷と下関ナンバーが登場しました。
倉敷は両備バスに数台付け替えたバスがいるようですが、下関ではサンデン交通が廃車予定車以外は全車両付け替えを行う模様で、この一週間で相当数付け替えられています。今日半日で40台近く撮影出来ましたので、既に50台は超えているでしょう。
付け替えは山口市内の陸事へは行かず、車庫に整備入庫した車両を片っ端から行っている模様です。
従って山口22う2600番台の古い生え抜き車両から山口200か530番台の最新中古のカナ中古まで様々な車種が下関230に。
499>い1のMKノンステ以外は旧番号をそのまま選んでいるようです。
貸切や高速だけでなく一般路線車両まで付け替えるとは驚きです。
旧番号を引き継いで選択しているので、新規登録が出るまでは一般払い出し番号は出そうにありません。
なお乗用車の下関ナンバーはほとんど見掛けません。見ても選んでいるのでわざわざ付け替えた車両ばかり。
一般払い出し番号はディーラーに展示している車両くらい。新型ムーブなどは下関ナンバーですね。
まぁまだ一週間ですからね。サンデンが異常なだけです(笑)
トータルで小型ノンステップバスが1台買えそうな費用が掛かるはずです。

夜行高速ふくふく号専用車もこの通り山口から下関2929番に。まぁお約束ですな。
クリックすると元のサイズで表示します
0

鹿島鉄道714  鉄道模型

元夕張鉄道251だった鹿島鉄道714です。岡山模型店で購入したフェニックスの夕張のキットを94年春に竣工させたものです。
結構こだわって力を入れて組んだ記憶があります。当時資料が少なくて床下機器は国鉄気動車のままの配置ですが、今回実物を見ると全然違います(笑)
全軸集電や軽いウェザリングも施しています。車内はロングシート。側面幕板の扉閉知らせ灯は銀河のNサイズのテールライトの転用。これはキハ35で使ってどんぴしゃだったので使いました。他ゲージもパーツも意外に使えます。
また当時あった資料と違い、その後更新されているため(冷房化の時?)、扉のプレスが無くなったり、正面窓下の外気取入口が埋められていたりと細かな変化があります。塗装もクリームはもっと薄いですが、どうも昔と今では違うようで・・・。
前照灯は元祖チクビームか?(笑)
もう1両715というのがいて、これは夕張254でしたが先に廃車されています。同じデザインですが、こちらは狭窓がずらっと並んでいました。252と253が片運切妻化されて岡山臨港鉄道に移籍しており、これも後日キットを組んでいます。
今回714と601が併結する事が判明したので、いずれ相棒を揃えてやらないと・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ