スイフト DIY 10  スイフト

以前から気になっていた右ストップランプバルブの黒ずみ。球切れすると整備不良で止められかねないので、切れないうちにと交換。
テールのバルブ交換は内張り剥がして裏から…ではないんだよねスイフトは。というより最近の車はそうでないらしい。
テールランプユニットを外して交換しないといけない。
ネジ2本外すだけだからそれ自体は簡単だが、その前に儀式がある。
ピンがあってそれが水平に抜けないからバンパーやボディに接触してキズ付ける可能性があると参考にしたサイトにあった。で、マスキングテープで養生。
クリックすると元のサイズで表示します

外すとこんな感じ。左のバルブが黒いの分かる?
クリックすると元のサイズで表示します

左が黒ずんだ従来のバルブで右が新品。まるでスモークバルブだ。何でここまでなるかなぁ。漏水した感じは見られなかったが…。
クリックすると元のサイズで表示します

もちろん左も同時に交換。左も少しだけ黒くなっていた。今回は値段は倍するが明るいタイプにした。と言っても2個で672円だが(笑)。21W/5Wのダブル。
ウインカーバルブ(21Wシングル)もついでにたまたま手元にあったの新品に交換。フィットの交換用に買ったおいたのかな?
0

あんさー  エンタメ

厚生年金にアンジェラ・アキのライブに行って来た。約1年半振りの全国ツアーである。
今年のライブ観戦は1月に沢田聖子に行ったものの、2月の二階堂和美は体調不良でキャンセルしたのでまだ2回目である。
前回は4列目ながら端っこなので実質2列目であったが、今回は2階の後の方。かぶり付きもいいが全体を見渡せる2階もいい。前回はピアノを弾くのが見えなかったが、今回は遠いながらもよく見えた。
「手紙」とNHK朝の連ドラ「つばさ」主題歌「愛の季節」の影響か初めて来た方が前回にも増して多かった。なんで分かるかというと「今日が初めての方〜」とアンジーが手を挙げさせたから(笑)。因みに満席である。
…で、期待通り阿波弁によるマシンガントーク全開。「手紙」効果で母親が行きたいというので連れて行ったが、やはり驚いていた。
恒例「アンジーの勝手に英語でしゃべらナイト」コーナーはバカウケ。意味もよく分からず聴いている曲の解説をするのだが確かによく分かる。それにしてもムーミンには驚いた…(謎) これは完全に想定外。
バンド構成はドラムスとベースのみで前回より更にシンプルに。
残念ながら「愛の季節」は歌わなかったが「手紙」は会場全体で大合唱となった。
17時からと早い開演であったが、終わったのは19時45分位。やはりあれだけしゃべってかなりの曲数歌うから結構押したみたいである。
ツアートラックは2台いるのを確認、2台ともラッピングされていた。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

他の歌手の曲も何曲か歌うのそれが楽しみである。さて、次期ツアーでは何をやってくれるか今から期待しておこう。
0

大交北部バス  バスネタ

豊後高田のボンネットバス、いすゞBX141の運行を担当するのは大分交通分離子会社の「大交北部バス」である。
大分交通から中津観光バスと高田観光バスに分離されていたが、近年中津観光バスに一旦統合。後に現在の大交北部バスに社名変更されている。
では今回撮影出来た車両をいくつか紹介。
本家の大分交通カラーや高田観光バス時代のカラーも残るが、最近は旧大分交通カラー(通称:トラバス)への変更が進んでいる。この塗り分けは国際興業によく似ている。

大分22あ・・85 昭和63年式三菱P-MJ527F (耶馬溪)
旧中津観光バスカラー
クリックすると元のサイズで表示します

大分22か1575 平成2年式日産デP-RM81E/富士 (院内)
旧高田観光バスカラー
クリックすると元のサイズで表示します

大分22か1656 平成3年式日産デU-RM210ESN/富士 (高田)
クリックすると元のサイズで表示します

大分22か1658 平成3年式いすゞU-LR332J/富士 (高田)
上の1656と同時購入で富士重工架装ながら、当時いすゞには8Eを架装しなかったのでこんな事に。西工を架装すれば統一出来るのに。
クリックすると元のサイズで表示します

大分22か1833 平成5年式U-LR332F/IK (高田)
一応貸切兼用らしく大分交通カラー。こういった短尺車も結構多い。
クリックすると元のサイズで表示します

大分22か2132 平成9年式日産デKC-RN210CSN/西工 (中津)
レアなトップドアチョロQ。イオンシャトル専用車だが、今回見た中で一番乗客が多かったのはこのバス。喜んでいいのか悲しんでいいのか…。まぁ無料でないだけマシか。
クリックすると元のサイズで表示します

大分200か・・15 平成11年式三菱KK-MJ23HE/MBM (高田)
これも旧高田観光バスカラー
クリックすると元のサイズで表示します

大分200か・318 平成19年式いすゞPA-LR234J1改/J-BUS (高田)
久し振りの新車で当初からトラバス。これはワンステップだが、今年初めには416番でミオノンステップが耶馬溪に配置された模様。
クリックすると元のサイズで表示します


7/29 説明文再度手直し(すぺさん:ふくふく号さま)
0

豊後高田でボンネット〜参  バスネタ

7月20日
我々福山組は前日で予定終了、この日は帰るのみである。
その前にBX141のまともな画像でも…。

いすゞBX140改 昭和32年式 車体製造:北村製作所 元・羽後交通
因みに登録上の型式はシャシに由来する為に141でなく140となる。改付きなのはエンジンがレストア不能であった為に他型式のエンジンに換装の為である。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

どう?この美しいメッキパーツ。モール類も全て真心のこもった手造りで徹底的にこだわっている。映り込みがすごい。
クリックすると元のサイズで表示します

方向幕回りの小窓が開くのは北村の特徴で、それを見事に再現。マーカーランプのロケットも全部職人さんの手造り!
クリックすると元のサイズで表示します

後部標識灯。確かかつてはこの部分が制動灯であった。
クリックすると元のサイズで表示します

リアエンブレムも見事再現。
クリックすると元のサイズで表示します

フロントエンブレム。
クリックすると元のサイズで表示します


そして帰途へ…
早朝福山自動車時計博物館の2台のボンネットバスは、豊後高田のスタッフの皆様に見送られながら大雨の中出発し、一路福山を目指す。
わざわざ福岡県境まで自家用車で追走して見送って頂いた。

休憩場所の道の駅しんよしとみでギャラリーに説明(自慢?)する能宗館長。
クリックすると元のサイズで表示します

一般道では止んでいた雨は小倉南ICから高速道に乗るとずっと大雨が続いた。
クリックすると元のサイズで表示します

この日は新幹線が一時的に止まり、在来線は夕方まで運休するなど雨の影響が大きかったようだが、幸い山陽道は50km/h規制程度で事故規制にも掛からず順調に広島へと戻って来れた。もし翌日であったら山陽道はズタズタ、2号線はその影響で大渋滞。いつ戻って来れたやら…。
宮島SAで皆様とお別れして帰途についたが、SA内が川のようになっており最後になって靴がぐちょぐちょに…(涙)

ともあれメインの豊後高田でのイベントの最中は好天に恵まれ無事に終了する事が出来ました。
これも全て豊後高田市役所の皆様、商工会議所青年部の皆様、商店街の皆様、盛り上げて下さった市民の皆様のおかげであります。
この場を借りて厚くお礼申し上げます。

そして福山自動車時計博物館スタッフの皆様、今回も真にありがとうございました。


今後のBX141の運行予定は…
http://www.city.bungotakada.oita.jp/osirase/ibent/kongo.jsp
0

豊後高田でボンネット〜弐  バスネタ

7月19日
この日は「長崎鼻サマーフェスティバル」が開催され、ボンネットバス3台もフル稼働である。
豊後高田のいすゞBX141は「長崎鼻周遊ルート」で長崎鼻駐車場と香々地庁舎の間を毎時2回ずつ往復運行。
クリックすると元のサイズで表示します

福山の日野BA14は「昭和の町〜長崎鼻ルート」で2往復。
クリックすると元のサイズで表示します

福山の日産U690は「昭和の町周遊ルート」で毎時2回ずつ運行。これは毎便満員運行であった。BX141はこちらに充当した方がよかったかも。
クリックすると元のサイズで表示します

長崎鼻への道中にある真玉海岸は干潟の縞模様と夕陽のコントラストが美しく、日本の夕陽百選にも選ばれているとか。夕方来て見たかった。
クリックすると元のサイズで表示します

長崎鼻には海水浴場やキャンプ場がある。サマーフェスが行われる事もあってか、多くの人で賑わっていた。夜は2000発を打ち上げる花火大会が開催されたそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します

国東半島には数多くの石造が存在し、豊後高田では64カ所に137体の石造仁王が確認されているという。その内70体が紹介されたパンフレットを車中で紹介する観光協会スタッフ。中には発見難易度が高いものもあるそうで、興味がお有りの方はチャレンジしてみてはいかが?
クリックすると元のサイズで表示します

そして一日の任を終えてねぐらに戻るBX141
クリックすると元のサイズで表示します


〜つづく〜
0




AutoPage最新お知らせ