2009/10/29

大山崎産業まつり 商工会サンクスフェスタ  イベント

今週末はいよいよ 大山崎産業まつり 商工会サンクスフェスタです。
大山崎のグリーンワークスさん がちょこっとインド舞踊の宣伝をしてくださっていて嬉しいです★
時間を見つけてご挨拶に行こうと思ってます♪

そして次の舞台の打合せも並行して進行中。
踊りの神様に愛されているように感じる今日この頃。忙しいけれどとても嬉しいこと。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/26

『経・舞・染』  舞台

次の舞台の企画や準備ですでに大忙しの週末。

今年最後の舞台は12月。進行表チェックと説明、現段階でできる指示、そして連絡、質問対応等。。 並行してチラシ原稿の作成、写真の用意、チャリティVCDのセッティング、案内状の用意、そしてお稽古。。

なかなか充実してますよ(笑)

打合せのあとは鍋を囲んで腹ごしらえです(笑) 鍋には季節もよくなってきましたね(笑)

ジャケット作成担当のMIKIもセッティングのお手伝い。

ちょっとだけ次の舞台の内容を。。

『経・舞・染』 この3つから何を連想されますでしょうか? 今度の舞台はこの3つがキーワードです♪

お楽しみに♪


クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/22

ここから、そしてもう少しだけ遠くをめざして  舞台

はじまりはここからかな。。。今から7年前、主催の方から声をかけていただいた。
そのときは、私の意志とは裏腹に不可抗力?(笑)によって要望にお応えすることず、断腸の思いでお返事したのを昨日のことのように思い出す。

そして今、踊れているのは主催の方が待っていてくださったから。
ありがたい話である。
技術を身につけることはとても重要でお稽古は怠ってはならない。しかしいつも思うのはそれだけでは人の心には残らないと。
「人」に見ていただいて「人」によって踊らされている。そんな風に感じるのだ。

だから。。
人の心に残るような踊りでありたい、たとえ完璧じゃなくても(もちろん、完璧を目指すことは重要ですけどね)
心に響く舞いをめざして。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/21

イタリアンでベジ・ランチ♪  グルメ・クッキング

今日はお昼にカポクラッセというイタリアンレストランでランチしてきました♪
3種類から選べるパスタ、前菜、パン ドリンク or デザートで ¥1,000-
(ドリンクもほしいし、デザートも食べたい場合はプラス¥150-)

ツナとレンコンのパスタ(トマト味)

うーん、レンコンのパスタっておいしそう。。そこでまたまた わがままなお願いをしてみました(笑)

「ツナをのけて調理してもらうことはできますか? レンコンだけのパスタになっていいので」
と。最初は店員さんも私の言っている意味がわからないようで戸惑っていらっしゃったのですが
「私はベジなので、魚肉をよけてもらえるとありがたいのですが」
と加えたらわかってくださって
「前菜がつくのですが、それにも魚肉がつくんですが、それもよけましょうか?」
と特別に野菜だけの彩りきれいな前菜を作ってくださいました♪

こういうのってすごく嬉しいです♪
おいしいランチでした♪ 
0

2009/10/18

月下美人に思う。。  日記

今週も充実したお休みでした。
いろいろと走り回っていて忙しく、身体は休めていないのですがそれなりに心が充実してることに感謝感謝のこのごろです。

土曜日は昼一番で某お寺にお伺いし、ご住職様のお話をいろいろと聞かせいただきました。電話一本でアポを取っただけだったので緊張したのですが、快く迎え入れてくださっていろいろためになるお話し、なんのひっかかりもなくすとんすとんと心に落ちていって毒素が抜けた感じでした♪

そしてその後、日曜大学理事ご夫妻にお会いして打合せ。ひさしぶりにゆっくりとお話することができたので楽しかったです。次の日曜大学の企画も決まり、準備段階です♪ 

インド舞踊を軸としていろんなことが展開していく。。なんて素晴らしいことなんだろう。いろんな花を咲かせられるように種はどんどん蒔いていこう、楽しみつつ種を蒔く努力♪なんて思ったのでした。 

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/17

ベジタリアン・フェスティバルKYOTO 2009 G  京都ベジタリアンフェスティバル

みんなのおかげ。

ベジフェスでの楽しみのうちの1つ。それは、たくさんの人と知りあえること。
タイミングを逃していっしょに写真を撮れなかった方々も。。残念です。ほんとに嬉しい、楽しい一日でした。みんなのおかげです。ありがとう。

私のブログを見て、コメントを残してくださるB.Bさん。なんと東京からきてくださいました。お会いできて嬉しかったです☆ また『あしたへの選択』というサイトで記事をかかれています。

クリックすると元のサイズで表示します

スタッフとしてお手伝いに入ってくれたこともある、JUNTENさん。今回、協力をよびかけたVCDを撮影してくれた方です。
クリックすると元のサイズで表示します

音響に協力してくれているMIKIちゃんのお姉さんも見に来てくれたよ♪クリックすると元のサイズで表示します

お声かけいただいたNATSUMIさん、嬉しかったです☆ 

そして今年も会えなかったけど写真を撮ってくださった あか虫さん、ありがとう♪


I'm so happy♪ みんなのおかげ♪
0

2009/10/15

ベジタリアン・フェスティバルKYOTO 2009 F  京都ベジタリアンフェスティバル

写真がすごく小さいのが惜しい!!! ←率直な感想です(笑)

今回二度目のステージ、『リズムとメロディの共演』です。
ほんとに共演する方に私は恵まれています。夏にはカタック舞踊家の廣光恵さんとご一緒させていただき、そしてこの舞台ではフラメンコ・ギタリスタの廣川叔哉さんとご一緒する機会をいただきました。

なにに限らず、踊りにしろ、演奏にしろ、まず「好き」であることが第一条件で、私も例外ならず踊りが大好き。好きだからこそ、苦しくてハードなお稽古も一人黙々と出来ちゃうわけですが、(上手、下手は置いておいて)なかには逆にその『芸』そのものが『人』を好きになることがあるんだな。。と感じるときがあります。
ギタリスタの廣川叔哉さんを知ったのは1年前のベジフェス。楽屋でのほんの数分。私がメイクをしている横で一人黙々とギターを弾いていらっしゃいました。

直感です、理屈などありませんでした。
『この方のギターでステップが踏みたい』
純粋に心がそう思いました。
音楽的な技術はもちろん私にはわかりません。ですが、この方、叔哉さんは、ご自身がギターを愛している以上に、ギターも叔哉さんを愛しているように感じたのです。

私も大好きな『踊り・舞い』に愛してもらえるように日々、努力し、そして楽しまないと。そんなことを気付かせてくれたフラメンコ・ギタリスタの廣川叔哉さんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
弦楽器を奏でる女神サラスワティに、独特のアレンジをして下さって、『私も弾いてる、ギターの叔哉さんも弾いてる』お気に入りの個所です♪

演奏と踊りを終えいっしょにご挨拶です。インドチックにクルタを着用、そして演奏は地に座ってなさってくださいました。

クリックすると元のサイズで表示します

共演のきっかけはこの控え室♪ いろいろ反省点はあるけれど、楽しんでお届けできました♪ 喜びで心がいっぱいです♪
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/14

ベジタリアン・フェスティバルKYOTO 2009 E  京都ベジタリアンフェスティバル

Something New〜共に演じる、共に楽しむ〜

新しいこと。。 意図しなくても些細なことから始まる新しいことってすばらしい。
今年はいろいろな新しいことに恵まれ、勉強させてもらっています。
ほんと、すべては些細なきっかけから。

自分以外の人と同じ舞台に立つということ。
共に演じることを楽しむこと。

競演ではなく共演。
技術はもちろん大切だけれど、それ以上に大切なものがある。

音が楽しんでいるから踊りも楽しめる。
踊りが楽しんでいるから音も楽しめる。
そうやって人の心に落ちていく。。

また一つ、すばらしい財産となりました。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/12

ベジタリアン・フェスティバルKYOTO 2009 D  京都ベジタリアンフェスティバル

風と光と。。

たくさんの方にごらんいただくことができて幸せ、感謝、嬉しい。。
こんな言葉が頭の中をぐるぐると回っています。ほんとにありがとうございます。また、写真をUPしてくださった皆様、重ねてお礼申し上げます。こうしてインド舞踊を少しでもたくさんの方に知っていただくことはこの上ない喜びでございます。

私はこの後ろの大きな木が大好きなのですが、そのことをちょこっと書いていたら、今年は木といっしょにたくさん写っている写真をいただくことができました。なんだか。。すごく嬉しくなります。

たくさんの幸せがそこにありました♪ やっぱりステップが踏めるのは幸せです♪


クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/9

ベジタリアン・フェスティバルKYOTO 2009 C  京都ベジタリアンフェスティバル

光と木と風と。。

ベジタリアンフェスティバルの主旨を尊重して、このステージに立つときはいつものシルクの古典衣装ではなくインドから送ってもらった一枚のプレーンのサリーを折って丈をあわせて踊れるように着ています。

今回踊った演目は少し長めで イベントには不向きかな。。と思ってたのですが今年の夏に『命』というものを考えさせられる映画をみたことにより、「これにしよう!」とお稽古のほうを積んでおりました。

その『命』を考えさせれた映画  それは「屠殺」の現状でした。スーパーでパックに入って売られている商品。 売れ残ったら容赦なく「ごみ」として廃棄処分される。

でもね、それは 「ごみ」ではないの。 「モノ」でもないの。ほんの数週間、数日前までは私たちと同じように息をし不安を感じ生きていた。『命』だったのよ。

私たちが目にしない事実というのはまだまだたくさんあるように思います。知るべきものもたくさんあるように思えます。無駄になる『命』が多すぎる現状を目の当たりにしたことがありますか?

そんなわけで、一生懸命踊りました。
光と木と風。。生きとし生けるすべての命、宇宙。ごらんいただいた皆様のお心に私のステップがなにかしら響きますようにと願って。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ