2005/5/29

井笠のコッペル その3  

上回りを塗装して、ようやく完成しました。昨日、記事をアップしてからも下回りの調整をしていたのですが、少しギクシャクする走りが残ってしまいました。バルブギヤーの調整が非常にデリケートなんですね。同じB型のロッド式でも頸城のDB81の方が簡単に組み立てられたのですが、これほど苦労するとは思いませんでした。
ワールド工芸のHPを見ると、完成品が46,000円となっていましたが、なんとなく納得してしまいました。今後、よっぽど欲しいカマ以外は手をつけるのはよそうと思いました。(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/5/28

井笠のコッペル その2  

下回りが完成しました。いや〜、難しかったです。この下回り。
バルブギヤの組立てに予想以上の時間がかかってしまいました。
繊細なエッチングパーツの組み合わせと位置調整を何度となく組み立ててはバラシを繰り返し、スムーズな走りになるまでに半日近くを要しました。
でも、完成するとその動きは実感的で、思わず頬が緩んでしまいます。
上回りは、ヘッドライトを取り付けました。このキットにはヘッドライトが入っていないんでよね。オプションとなっていて、不思議です。
手元にちょうど良い大きさのヘッドライトがなかったので、銀河モデル製のNゲージ蒸気のパーツを使いました。ちょっと小さ目かもしれませんが、雰囲気はあると思ってます。
ここまで出来れば、後は上回りを塗装、組立てと進めていくだけですが、さてどうなることやら...

クリックすると元のサイズで表示します
1

2005/5/22

井笠のコッペル  

今日から作り始めました。ワールド工芸製の井笠鉄道B型コッペルです。まずは、上回りから。いつもながらのエッチング抜きを組み合わせる製品ですが、ハコ物とは勝手が違います。丁寧に扱わないとキャブ後端部分が非常に細く、すぐに曲がってしまいそうです。半田を少量流し、箱状に組み上げて、少し安心しました。ボイラーのディティールは、煙突、砂箱、逆止め弁、水タンク蓋、煙室扉がロスト製と奢ってます。まだ、ここまではストレートで組んでいますが、パイピングを追加していこうかと思ってます。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2005/5/14

貨車増備  

サツキとメイの家は、進展がないのでちょっとお休み状態です。
そんな中、ヤフオクで津川洋行製の有蓋車を落札しました。
ナローの貨車で樹脂製の完成品です。適度なディティールでスタイルも好感が持てます。せっかくなので、手すりやブレーキシューを取り付け、塗装とレタリングを施しました。でも、ウェザリングをしている際に、強く擦りすぎたため、社紋の一部が欠けてしまいました。(ーー;)
まあ、これはこれで風雨にさらされた感じがして良いかと、思うことにしました。何事もプラス思考でいかないと...(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/5/5

まずは洋館部分から...  

「サツキとメイの家」の試作から寸法を見直し、図面を引きなおしました。特に、屋根がきちんと成り立つ間取りに直し、全体の寸法を決めました。何とか、成り立つ形が見えてきたので、製作に着手しました。まずは、洋館部分から製作を開始し、ここまで出来ました。
製作方法は、ベースのボール紙にSTウッドを貼り付けていく一般的なやり方です。壁毎にSTウッドを貼り付けた後、組み立てる前に全体をホワイトで塗装しました。下地処理は行わず、若干下地が見える程度とし、色あせた感じにしてあります。
今回は内装にもチャレンジしてみようと、2階の屋根裏部分に簡単な内装を施してみました。この部分は、サツキとメイが引越しをしてきた直後、メイが「マックロクロスケ」を捕まえるシーンが描かれた場所ですね。完成後もこの屋根裏部分が覗けるように、屋根を着脱式にしようかと思ってます。
クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ