2005/6/25

初めてのDCC  

ボーナスで妻から予算をもらい、KATOのD101を購入。デコーダーも仕入れ、ナローの車両たちをDCC化しました。手始めに、ガソ101にデコーダ(DZ123)を取り付けてみました。取り付けに際して、KBMCの主催であるシェフさんのHPを参考にしました。最初は、前後進の向きを間違えてしまいましたが、モーターへの結線を直して、無事に動きました。気を良くして、頸城のDB81と井笠のコッペルにもレンツのLE0511Wをそれぞれ取り付けました。ところが井笠のコッペルは、キャブが開放されている上、モーターが納まっているボイラーの隙間が少なく、仕方なくキャブの裏側とモーターの間に収めることにしました。外から丸見え状態になっているのがちょっとイマイチですが、サイズ的には仕方ないですね。
でも、DCCは面白いです。同一線路上に3両の動力車を置いて、IDを切り換えながら運転できるのは、新鮮な体験です。これで一気にDCC化に弾みがつきそう。次回のKBMCでも、運転を楽しめそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ