2005/9/24

土壁の蔵  

昨日、あらものやを完成させた後、こんな土壁の蔵を作っていました。
土壁っぽい紙が手元にあったのを思い出し、一日で完成。下見板の工作に飽きてきたし、お気軽工作となりました。
柱の表現は、STウッドを1.5mm幅に切り出し、ステインで染色した後、適当な間隔で貼り付けてあります。
屋根瓦は、あらものやで余った部分を利用。
アクセサリーとして、琺瑯看板や桧材で製作したはしごを付けてみました。
いつも通り、全体をパステルでウェザリングしてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ついでに、あらものやと並べて記念写真を撮ってみましたが、ちょっとした街角の雰囲気になってきました。(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/9/24

25年の時の流れ  

期せずして、私の顔が2誌に載ってしまいました。

一つは、ネコパブリッシングの「国鉄時代」Vol.3。P.129の「思い出写真帖」の右下の記念写真です。友人の宮下氏が投稿したものです。
(お〜い、宮下〜!投稿したなら連絡してくれ〜!!知らずに写真を見つけてビックリしたぞっ!)
6人並んでいる一番左が25年前の私です。う〜ん、この頃はやせていたな...(^^ゞ

もう一つは、今日発売の学研「GetNavi」11月号。仕事で受けたインタビュー記事(P.180)に顔写真入りで掲載されたものです。

25年の時の流れ(Before/After?)を感じさせる出来事でした。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/9/23

あらものや 続き  

「あらものや」はこんな形になりました。
結局、キットの素材で使ったものは、屋根瓦だけ...(+_+)\バキッ!
何のためにキットを買ったんだ〜って、文句を言われそうです。

寸法はキットから採寸し、モジュールの端に置くために、奥行き50mmのところで切り落とした形になっています。
下見板は、ケント紙にSTウッドを貼って表現。店先だけは桧材で作ってあります。モルタル部分は、ケント紙に耐水ペーパーで表現しています。
物置部分は道に合わせるようにテーパーをつけました。屋根のトタンは、エコーモデル製の波板です。
タバコ売りの部分は、ショーケースに作り変えてあります。棚にはNゲージのプラパーツの余りでそれらしく商品を置いてみました。
看板を貼って、パステルでウェザリングを施すと、生活感が出てきたと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、手を付けなかったキットは、そのうちにキチンと組み立るつもりです。(^^ゞ
0

2005/9/19

あらものや  

モジュール用のストラクチャーとして、こんなものをゲットしました。
中を見てみると、型押しした紙を使って表現するようになっていましたが、やはりそのままでは他のストラクチャーとのマッチングがイマイチなので、STウッドを使って製作することにしました。さらに、モジュール内での配置を考慮して、若干アレンジする予定です。
来週末には、形になるはずですので、お楽しみに〜。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/9/18

待合室  

ストラクチャの新作で、こんな待合室を作ってみました。
プロトタイプは、仙北鉄道の板倉駅です。軽便探訪に出ていた写真は、いかにも作ってくださいと言わんばかりの愛らしい姿をしています。
作り方は、いつも通りの桧材を骨組みにして、エコーモデルのSTウッドで下見板を表現しています。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ