2006/3/21

さようなら113系  

先週末に終焉を迎えた東海道線の113系。最終日には、ファン以外にも一般の方も見送られたとか。オレンジとグリーンの車体が消えてしまうのは、見慣れた世代にはさびしく感じてしまいます。ステンレスの車体にも面影としてオレンジとグリーンの帯が配色されていますが、何か違うんですよね。
3年位前までは、毎日通勤でも使っていました。また、休日などに東京駅から帰宅するときにもあえて東海道線に乗ったりもしました。クロスシートが旅情を感じさせ、見慣れた風景もどことなく違って見えたものです。今のステンレス車(E231系でしたっけ?)にも一部クロスシートが残されていますが、113系のそれとは何かが違って感じます。おそらく、ロングシートを前提に設計された車体に、申し訳程度のクロスシートを取り付けたようなミスマッチを感じるのかもしれません。

そんなわけで、惜別の意味も込めて、Bトレインの113系東海道色を買ってしまいました。ちなみに、グリーン車は某オークションでゲットしたものです。手前に置いてある小冊子は、JR東日本横浜支社が制作した「湘南電車物語」で、先週の帰宅時に横浜駅でもらってきたものです。中身は東海道を走った湘南電車の歴史が書かれてありました。

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ