2012/3/24

クモハ12053 完成〜!  旧型国電

昨年末から取りかかったクモハ12ですが、ようやく完成となりました!

まずは椅子の塗装を行いました。
全体をグレイに塗り、座面をフラットブルーで塗装。
φ0.4の洋白線を端面にそれらしくつけました。

クリックすると元のサイズで表示します

次に、つり革です。
φ0.3の真鍮線を焼き鈍し、φ0.8の真鍮線に巻き付けて丸く成形します。

クリックすると元のサイズで表示します

これを幅0.5mmの真鍮帯板にハンダ付けし、さらに0.5mmの角線にハンダ付けします。

クリックすると元のサイズで表示します

長さや形が若干歪ですが、まあ手作りということで...(^^;)
これをグレイで塗装し、輪の部分はフラットホワイトで塗装します。
車内の天井に接着し、さらにφ0.4の洋白線をドア付近の中央に差し、スタンションポールを表現しました。

クリックすると元のサイズで表示します

これで、工作を終了としました。
完成した姿をご覧いただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ジャンパー線はφ0.5mmの真鍮線を焼き鈍し、それらしく成形し、フラットブラックに塗装して接着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

貫通扉側から車内を覗くとこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

4ヶ月かかってようやく完成しましたが、思い入れのある車両を自分の納得いくまでじっくりと工作したのは初めてかもしれません。それだけに今日の完成は一つの記念日になりました。
さて、せっかくの車両ですので、簡単なお立ち台でも作ろるかな。
5

2012/3/20

クモハ12053 その19  旧型国電

内装の製作に取りかかりました。

まずは、運転室の仕切りです。
現物を計って、JW-CADで簡単な図面をひきました。

クリックすると元のサイズで表示します

この型紙をいつものようにt0.3のプラ板に貼って切り出し、2枚を貼り合わせました。
エコーモデル製の運転台、椅子と共に、スカイで塗装を行いました。
椅子の表面は濃いブルー、運転台にも色を差して仕上げます。

クリックすると元のサイズで表示します

乾燥後、車内に取り付けました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

窓からちらりと見えるのがいい感じです。

続いて、ロングシートの製作です。
t0.5とt1のプラ板を素材としました。塗装はまだ行っていませんが、こんな感じにできました。

クリックすると元のサイズで表示します

今週末は、いよいよフィニッシュとなりそうです。
0

2012/3/18

クモハ12053 その18  旧型国電

ようやく外観が完成しました。
ベンチレータやヘッドライトをグレイで塗装し、接着。
エコーモデル製のドアハンドルを乗務員に取り付け、窓ガラスを入れました。
全体をウェザリングマスターで軽く汚しをいれてあります。

まずは、全体から。

クリックすると元のサイズで表示します

反対側です。

クリックすると元のサイズで表示します

前面部分のアップです。

クリックすると元のサイズで表示します

反対側の前面部分のアップです。

クリックすると元のサイズで表示します

サボや運行番号は、M氏からもらったものを使用しています。
続いて、屋根のパンタ部分をアップ。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に床下です。

クリックすると元のサイズで表示します

残るは、内装のみとなりました〜!
1

2012/3/11

クモハ12053 その17  旧型国電

昨日は一日天気が悪く、塗装の続きができませんでした。今日もスッキリしない天気でしたが、塗装を済ませました。
まずは、屋根をジャーマングレイで塗装。パイピングをエナメルのグレイを筆塗りしていきます。部分的にフラットブラックを使っています。

クリックすると元のサイズで表示します

レタリングは、友人の地鉄電車社主M氏の好意でもらったものを使用しました。
細かい部分やリベットが入れ込んでいる部分は、クリアデカールに転写し、マークソフターでなじませながら貼ってあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

下回りとあわせてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

残るは窓ガラスと室内となりました。今月中には完成するかな...?
3

2012/3/4

クモハ12053 その16  旧型国電

二週間ぶりのエントリーとなってしまいました。
先週は、某所でナローゲージャーの集会があり、工作もほとんど出来ない状態でした。
今週こそは塗装をと思い、気合いを入れていましたが、あいにくの天気。
それでもできるところからとまずは上回りの室内から塗装を行いました。

下塗りとして、タミヤのファイン・サーフェーサー・プライマーを使用。プライマーとサーフェーサーが一緒になったタイプです。下塗りとしても機能しますので、重宝しました。
次に、室内をスカイで塗装。乾燥後、窓を一つずつマスキングして、外側をぶどう色に塗装しました。
今回は、いつもの缶スプレーではなく、エアーブラシを使用しました。ディティールをつけているので、細かい部分に塗料が回らなくなることを懸念しての対応です。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、下回りです。こちらもサーフェーサー・プライマーを全体に塗装した後、フラットブラックをエアーブラシで塗装しました。

クリックすると元のサイズで表示します

台車の端梁など追加した部品も塗装を行い、台車へ接着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

台車を床板に取り付けてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

台車部分のアップです。

クリックすると元のサイズで表示します

ごちゃごちゃした感じが何とも言えません。(^^;)
残るは屋根周りの塗装、これは来週行うことにいたします。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ