2011/5/14

駅待合室  ストラクチャー

小さなストラクチャーの製作が続いています。
駐泊所、給水塔の次に、小さな駅の待合室を作ってみました。
プロトタイプは、最近、クラシックストーリーから発売された九十九里鉄道 荒生駅です。
そのままだと駐泊所とのバランスが悪いので、かなり小さめにしています。

今回も図面はひかず、頭の中で寸法だけ決めておいて、檜材を切り出し組んでいきます。
柱組が済んで状態はこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから内側にSTウッドを貼り、外側は下見板を貼っていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この後、ステインで染色し、屋根板は駐泊所と同じくコルゲートシールを貼りました。
色はジャーマングレイで塗装し、ウェザリングを施しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

チップLEDも装着し、一気に完成となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ