「いつでもできる」と思ってるけど結局いつしますか  

  「いつでもできる」「いつか行こう」と思ってること、たくさんありました。

神戸に住んで4年目、京都府の田舎から出てきた私にとってはどこに行っても何を見ても新鮮でした。でも逆に、したいことを全部しようとしても時間がいくらあっても足りないんじゃないかという怖さがあったんです。
私は特に食べることが好きなので、「したいこと=行きたい飲食店」で話を進めていきます。(笑)

家の近くを散歩しただけでも、おいしそうな匂いのする食べ物屋さんがたくさんあります。雑誌を見ると近所にあるという人気のお店、「よーいどん」や「チャチャ入れマンデー」「今ちゃんの実は」で紹介されるお店。

今までは手の届かない場所だったのでそういった情報もサラッと流れていきました。でも神戸にいると行こうと思えばどこでも行ける気がします。何度もお店の前を通ったりしても、「またいつでも来れるし」と実際に足を踏み入れることはマレでした。

ミーハーなくせに行動に思い切りがない自分のせいで、せっかく神戸にいるのにそんな生活が続きました。


しかし昨日、全国のスタバの中でも有名な北野にあるスタバに行き、いつかの「よーいどん」のオススメ3で中村アンさんが紹介していた観音屋のデンマークチーズケーキを食べ、ずーっと行きたかった、1日3回20食限定で食べられるgramのプレミアムパンケーキを食べました。

まわろうと思えば1日にこれだけの、「いつでもできると思っていたこと」を実際にすることができました。
もしかしたら昨日を逃せば神戸を離れるまで行けなかったかもしれません。

私はあと1か月と少しで神戸を離れるのです。京都府の実家に帰ります。引っ越しの手続きをし始めることで神戸を離れる実感がわいたことでやっと、「いつでもできると思っていたこと」に手をつけることができました。

よく「なくしてはじめて大事さがわかる」的なことを言いますが、それに近いものかもしれません。神戸の生活に思い出はたくさんあるもののそれは私の生活の思い出であって、神戸という街自体の思い出を作りたくなったのです。

昨日の、少し勇気ある行動のおかげで心のどこかにあったモヤモヤが晴れる、とまでは言いませんが、スッキリとしたいい気分でした。

寝かした分、実際に、本当に食べられて嬉しかったです。

ただ問題は、昨日また神戸をうろうろしているうちにまたおいしそうなところをたくさん見つけてしまったことです(笑)
寝かすことも結果的に効果がありますが、「思い立ったらすぐ行動」ができるようになりたいものです。
どちらにせよ、やはりやりたいことを全部するには時間が足りなさそうです。無制限モバイルルーター
0

歩きスマホをする人は事故にあった際100パーセント自責  

  駅のホームや路上で異常なほど目につく「歩きスマホ」。
非常に危ないです。

何度もぶつかられましたし、ぶつかっているのを目にしました。
正直、本当に腹が立ちます。
そういう方は大体謝りませんので、それも腹が立つ原因だとは思います。

何をそんなに確認することがあるだろう?と疑問に思い、視界に飛び込んできた歩きスマホをしている人の画面をあえて見たことが何度かあります。
開かれている画面はおおよそ2種類。
LINEかゲームです。

私は心底呆れました。
ホームで歩きスマホをされるのは本当に危ないんです。
その原因が「ゲームをしていたから」だなんて、本当に信じられないし腹立たしくなりました。

スマホに夢中になって、歩きスマホをしていた人が駅のホームに転落さしたり、交通事故にあったりしています。完全に自己責任です。遅延した電車の迷惑代や、事故の相手に対し100パーセント自責すべきだと思います。

公共の場で呼びかけても一向に歩きスマホの人数は減りませんし、減るとも思えません。
歩きスマホをするような人は、私が見る限りそういった呼び掛けに応じるような人にはとても見えないからです。

今後何らかの事故が歩きスマホによって発生した場合は100パーセント自責。
このルールにしてしまえば、自業自得になるので少しは少なくなるのかな、と思います。
何より巻き込まれる人を少しでも少なくしたいなと思います。そのためには歩きスマホをする人の絶対数を減らすしかありませんし。
何とかならないかな、と日々考えてしまいます。
0




AutoPage最新お知らせ