ライブ情報♪                                                                                                                                                                                 

2007/11/5

楽器フェアレポ<イベント編>  

3日&4日、パシフィコ横浜行ってきました。しかも2日とも鈍行で。3日はビジネスホテル泊まろうかとも思ったけど、往復の電車代+駅の駐車料金のほうが安いので一旦帰ってきました。
2日間ともイベント目白押しで、その合間に楽器の試奏をするという感じで、広〜い会場内を歩く歩く。。おかげで足が筋肉痛に。いい有酸素運動できました(笑)。
さて、今回見たイベントは・・・

<3日編>
13:00〜 「東京スカパラダイスオーケストラ」
  北原雅彦(Tb)&NARGO(Tp)
  〜XOトランペット&XOトロンボーンの魅力〜  【グローバル】
やっぱお客さん多い!でもわりと早く来たため2列目くらいで見れた。北原さんのピンクの楽器が目にも鮮やか。もう15分くらい前には登場していて、音響チェック等終わったらNARGOさんが、ありがとうございました〜〜、と言い会場内は、え〜〜〜!とBOOイング(笑)。演奏はもちろんスカ。ホルストの「木星」をスカバージョンでやったのは面白かった。なぜ木星かって??ここの会社‘JUPITER’っていうブランド扱ってるんですよ。それにちなんでの演奏でした。もっと面白かったのは、ポパイのテーマの途中の笛(お○ゃる丸の)とかけ声。至近距離でドキドキでしたが、すごく親しみやすいお2人でした
14:00〜 窪田宏(D−DECK)+勝田一樹(SAX)  【YAMAHA】
パシフィコを一旦出てクイーンズサークルへ移動。15分前に着いて、すでに演奏していたので、え〜〜っ、と一瞬思ってしまったが、リハーサルだった。そのときからすでにスゴい!!甘〜〜いT.saxの音色が建物内に響く。窪田さんのエレクトーン演奏は圧巻ナリ。フュージョンやハードロックやラテン…様々なジャンル、様々な音色を両手両足を駆使して演奏。それに勝田さんのSAXが加わってゴージャスに!アルトとテナー両方の音色が聞けて贅沢なひとときでした。しかも入場券要らず。無料でコレは大盤振る舞いすぎですぞ〜〜!!!
15:00〜 大山日出男 ジャズライブ  【中島楽器】
またパシフィコへ戻る。カラオケをバックにソロの演奏。このカラオケ、○ェイミーに違いない。。。アルトとソプラノでの演奏がありました。ただただ聴き入るばかり。薄暗いライブバウスで座って落ち着いて聴きたい演奏でした。普段めったに聴かないジャズだけど、聴いてしまうとハマりそう。。
16:00〜 Saxophobia“e-Sax”アンサンブル  【全音】
緑川英徳[as]、竹内直[ts]、岡淳[ts]、井上"JUJU"博之[bs]によるユニット。しかも全員がe-Sax着用で演奏するという、ちょっと異様な光景(笑)。いつもはバリトンの井上さんも今回はアルトで演奏。外からはSAXを演奏しているようにはとても見えない。。e-Saxの消音効果とともに、エフェクターを通しての演奏を披露しました。オクターブ上げたり下げたり、ギターのディストーションやワウをかけたり…とSAXの音色がエレクトリカルに大変身。e-Saxがミュート効果だけでなく、こんなふうに楽しめるのは目からウロコでした。
もう一つ感動だったのが、あのマガジンの付録CDのデモ演奏の音が生で聞けたこと
17:00〜 北原雅彦(Tb)&NARGO(Tp)
また聴きにきました(笑)。お客さんの中にもさっき見た顔がちらほら…。北原さんも、さっきと曲は同じですよ、トークはちょっと違うかもしれませんが…、と。最後のキャラバンはタテノリしたくなっちゃいました。

<4日編>
11:45〜 木幡光邦(Tp)・鈴木明男(Sax)
〜XOトランペット&IOサキソフォンの魅力〜  【グローバル】
すでに15分前からスタート!って本演奏じゃなくて・・・。音響チェックを終え、ステージでは2人でマウスピースのみで1曲演奏してしまったり、木幡さんが笑点のテーマを吹いて鈴木さんが“パフッ”とマウスピースで…、と前座??ともいえそうな芸を(笑)。しかも木幡さんが鶴瓶さんのモノマネしたり、トークから面白い。しかも5分前の鈴木さんのアナウンスが‘周りのブースで試奏している皆様、あと5分で寄席が始まります’。さらにグローバルの司会の方も‘本日はようこそ演芸場…いや、グローバルブースへ!’と。さてトークとは対照的に・・・演奏はパワフルさと繊細さを持ち合わせて素晴らしく、あまりのギャップにノックアウトされました。木幡さんはベルが上を向いて曲がっているトランペットにコルネットとフリューゲルホルン、鈴木さんはソプラノ・アルト・テナーSAXにフルートを演奏。アルトは北原さんと同じピンク色でした!ボサノバの曲では片方がソロを吹いてるときにもう片方は、カバサを持ってリズムを取る振りをするが、手に持つモノを前日に中華街で飲んだ紹興酒が入っていたトックリやなどあれこれと変え、、、演奏中も笑いが・・・。笑いのツボも刺激されたうえに、クラシカルな隠し味が入りつつも力強い演奏、1度で2度美味しいステージでした。オリジナルのバラードは心にジ〜〜ンときました
13:00〜 佐藤達哉 ジャズライブ  【中島楽器】
大山さんと同様、カラオケをバックにソロの演奏。テナーとソプラノでの演奏がありました。同じソプラノでも大山さんとはまた違う感触。ジャズも色々な人が演奏するのを聴いて、色々吸収したいにゃ。これも薄暗いライブバウスで座って落ち着いて聴きたいデス。
13:15ごろ Sopros Brasil
自由演奏会指揮者のBossjun様所属の楽団が2Fコンコースで演奏するということで急いで聴きに行きました。試奏中に宣伝をしに来て、そのときにもらったプログラムを見ながら鑑賞してると・・・どうやらBossjun様、しゃべりすぎたようで(笑)最後の1曲が演奏できなくなってしまいました、あららら。。。今年結成されたばかりで、楽団名のごとくサンバを演奏する吹奏楽団。珍しい打楽器と10人ほどの演奏で陽気な演奏でした。
13:45〜 藤陵雅裕カルテット ジャズライブ  【野中貿易】
セルマーSAXのブースでおよそ1時間の演奏。ライブハウスでドリンク&チャージ付いたらウン千円もする演奏が、楽器フェアの入場料だけで・・・。アルトもソプラノも使用楽器はもちろんセルマーのビンテージ。ジャズプレーヤーって新しい楽器を買わないらしく、野中さんに新しい楽器を買ってくれない、と言われるそうで(笑)。。何十年も使える、それくらいセルマーは良い、と言っておりました。そんななか「星に願いを」を、展示してあるリファレンスのチャーリー・パーカーのモデルで演奏しました。ビンテージのカラっとした音とは対照的にウェットでしっとりした感じもウットリ。そのリファレンスにはペリカン…じゃなかった(笑)←知る人ぞ知る、フラミンゴの彫刻が。。夜の薄暗いライブハウスもいいけど、昼間に潮風そよぐ晴れ晴れとした景色を見ながらジャズを聴くのもなかなかいいもんです。バックバンドも素敵でした。一番前で藤陵さんの息づかいを間近に感じることができ、至福のひととき。特に、聞こえるか聞こえないか程度のピアニッシモな音がツボでした。
「APOLLO JAM」スーパーライブ  【YAMAHA】
佐々木史郎(Tp),勝田一樹(Sax),田中義人(G),Penny−K(Key),坂本竜太(B),田中栄二(Ds)によるクラブ系JAMバンド。
事前申し込みまでして鑑賞なり。スゴイのひとことしか出てこない。。。佐々木さん&勝田さん、日本の○レッカー○ラザーズといっても過言でない。ここでは勝田さんはテナーのみ。超贅沢!!要事前申し込みだったこのライブ、申し込みして良かった!鍵盤のペニーさんはJAY様のバックでも演奏しているということで注目していたが、やっぱりスゴイ。前日の窪田さん&勝田さんのもそうだけど、さすが世界のYAMAHAですにゃ。フェアの入場料1000円だけでコレは大判振る舞いしすぎ。フェアのシメにいい栄養摂れました。使用楽器もYAMAHAばかりで営業トークも(笑)。勝田さんのT.sax、黒いのは漆塗りって冗談言ってたけどホントは何だろう??すごいカッコいい〜〜。佐々木さんのTPも特注とか。。
17:15ごろ 見納め
もうフェアも終盤、楽器(SAX)を見納めようようと、ひととおりブースを回ったら、中島楽器さんのところで、大山日出男さんと佐藤達哉さんのデュオ演奏を聴けて超ラッキー

とゆ〜感じで、SAX演奏のあるイベントはひととおり聴く、を目標に走り回った2日間でした。様々なジャンル、様々なSAXの音色を聴き、それぞれの味を堪能しました。プロの演奏はやっぱりスゴすぎる!!!ここまでくると好みは人それぞれだが、ちなみにアタシが今回最もツボにハマったのが、勝田一樹サン。音色が超エ○エ○なのに雑味がないというか、、す〜〜っと自分の中に溶け込んでいくという感じ。。以前レッスンでエ○い音を上手く出す方法をMONKYセンセに聞いたとき、オーバートーンの練習をするように言われた。それまで手っ取り早くエ○い音を出すのに、しゃくりやビブラートを入れればそれっぽくなると思ってたが、演奏技術が未熟なままやってしまうとわざとらしくなってしまう。しかし、勝田さんは多少のしゃくりやビブラートが入ることももちろんあるけど、音色そのものだけで充分エ○くて、喉を自然とコントロールしているのがすごくよく分かった。つまり、オーバートーンの練習をする→喉を上手く操縦できるようになる→エ○い音が出せるようになる、が勝田さんの演奏を生で聴いてようやく理解出来た。ということで、もうすっかり勝田さんの虜に。。
※追記 勝田さんのステージの模様がここで見れます。
 「鍵盤楽器エリア」と「管・打楽器エリア」の両方で見ること出来ます。

長くなったので、試奏レポは後日・・・
0



2007/11/9  9:48

投稿者:Aki

あちゃ〜〜〜、この日別件で行けない(;;_;;)。。。
いつか静岡県内に来てくれないかなぁ・・・。

2007/11/8  20:19

投稿者:ニワ

藤陵さんお得なところでは12/22(土)新宿PIT INN昼の部ですね。
よろしければどうぞ。

2007/11/7  9:43

投稿者:Aki

待ってましたよ!nekopunchさんが反応しないはずがない、と思ってました^^。
2日間効率良く回るために、事前にネット情報をかき集め、当日パンフレットでもう一度時間を確認して、スケジュールまで立てちゃいました。

サキソフォビアは独特の個性があって刺激的でした。e-sax着けずに演奏しているところも見てみたいですね。
大山氏も佐藤氏もバックのカラオケがあの独特な、ワン・トゥー・スリー・フォー、のかけ声だったので、もしかしてあの教材のマイナスワン音源…!?とすぐ思いました(笑)。でも逆に、純粋に演奏聴くことに集中できましたけどね。
藤陵さんは演奏にもお人柄にも癒されました。
鈴木明男サンもツボ。後でネットで調べてみたら、MISIAさんのバックを務めたことアリだそうで…。

アタシもYAMAHAのサイトでヘビロテ再生しまくり!!若干繋がりにくいなぁと思ったら・・・犯人はnekopunchさんだったんですね(笑)。勝田一樹さん素敵すぎ☆
APOLLOは佐々木さんの個性が強いせいか、勝田さんは控えめな印象でした。佐々木史郎さんカッコいいですね!今度KOOさんに佐々木さんのコト聞いてみようかな。。
セッション楽しむならAPOLLO、勝田さんの音を堪能するならKKかな、といったところです。。。

楽器フェアは2年に1度やるそうですが、フェアのない年も池袋で開催されるそうですよ。去年はMALTAさんのビッグバンドを生指導する様子を見ました!
勝田さんのライブ、また見たいです。機会あったらぜひ一緒に行きましょう!!

2007/11/7  1:09

投稿者:nekopunch

2日間、お疲れ様でした。
楽しくレポ読ませていただきました。
効率よくまわれたみたいで良かったですね。
まるで先日阿佐谷ジャズを観に来られたニワさんのように
いいとこ取り(笑)

私は実家帰省とダンナ看病のため行けませんでした(泣)

サックス奏者、ツボですな〜!
緑川さん、竹内直さん(大好き!)、岡さん。。。
何て贅沢なんだチキショーッ!
巨匠・大山氏はジェイミーでしたか(あらら)
藤陵雅裕さんも好きだし・・・

勝田一樹さんといえば「DIMENSION」でおなじみですね。
ディメ、大大大好きです♪
「KK JAM」「APOLLO JAM」も時々目黒でライブ観に
行ったりします。
確かに言われてみると、Akiさん好みの音と思いました。

そして何と言ってもTp佐々木史郎さん見たかった。
今、YAMAHAのサイトでAPOLLO JAMのライブをヘビロテ再生中。
ああもう、よりによって曲が「RIDE ON」からだよ!←欠かさず毎日聴いてる人
うわああああああ〜〜〜〜〜・・・(言葉にならない叫び)
RIDE ONのサックスが本田雅人さんバージョンじゃなく
勝田さんってのがまた素敵ですよ。
Akiさん、今度ライブ一緒に行きましょうね!!!

私、まだ一度も楽器フェアに行ったことがありません。
来年はAkiさんの後ろにくっついていってベストな楽しみ
方に浸ってみたいデス☆

2007/11/6  20:18

投稿者:Aki

KOOさんも行ったんですか!?
会わなかったデス。
過去に「APOLLO JAM」の佐々木史郎さんと共演したことがあるらしく、その関係なのかなぁ・・・。
あ、NARGOさんとも交流あるからその関係かも!?!?

2007/11/6  19:15

投稿者:Chiharu*

うひょー☆
た〜のしそぉ〜。
この楽器フェア、KOOさんも行ったっぽいですね。。。
会いました??

http://yaplog.jp/andromeda/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ