2012/10/29

木枯らし1号  雑感

気象台によると、10月29日、近畿地方で「木枯らし1号」が吹いたそうです。

季節は秋から冬へと移っていきます。高血圧症の私にとっては、トイレや入浴時のヒートショックに気をつけなければならない、恐怖の季節です。

ところで、曲亭馬琴/藍亭青藍の『俳諧歳時記栞草』によると、「こがらし」とは「木嵐」であって「木枯らし」ではないそうです。

「こ・あらし」が音便化して「こがらし」となったもので、「いか・あらし」(五十嵐)を「いがらし」とよむのとおなじなのだそうです。

現在はほとんどの人が「木枯らし」を使っているので、「木枯らし」でよいと私は思います。

江戸時代には、ほかにも、「一生懸命」(いっしょう・けんめい)は語源からいうとまちがいで、「一所懸命」(いっしょ・けんめい)がただしい、などの論争があったようです。

いまでは領地をあてがってもらって生活することに懸命になるような人はいないので、「一所懸命」は歴史の中だけで使われる言葉でしょう。

言葉とその意味は時代とともに変化するものです。

0



2012/10/31  15:13

投稿者:feng3

こんにちは

わたしの場合は、もともと260あった血圧を降圧剤で無理やり下げていますので、

上が143〜90、
下が97〜50

です。

気温や体調による乱高下がはげしく、ウォーキングを30分もすれば、100以下にさがってしまって、ぶっ倒れそうになります。

それで、ウォーキングから自転車にきりかえました。自転車だと、負荷が自分で調節できます。

2012/10/30  21:22

投稿者:ツボック

こんばんは、ツボックです。
普段何気なく使っている言葉でも、その語源を辿ると全然違った意味で
使われている事がありますから面白いものです。

ところで、血圧ですが私の場合
上が145〜165、下が98〜118です。
特に、下の方が下がらないので気になっています。
(土日の朝に30分しかウォ−キングしないのが駄目なのかもしれませんが)


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ