2012/11/5

雲母(1)  計数ソフト

クリックすると元のサイズで表示します

白雲母(Moscovite)です。

組成は、KAl2(AlSi3O10)(F,OH)2

雲母は、層状になったケイ酸塩鉱物ですが、層と層は間にあるカリウムで結合されており、ここから劈開していきます。


クリックすると元のサイズで表示します

黒雲母(Biotite)です。

組成は、K(Mg,Fe)3AlSi3O10(OH,F)2

黒雲母などのケイ酸塩鉱物が変成したものが園芸でよく使われるバーミキュライトで、ラジオ番組で福島原発事故について解説していた京都大学原子炉実験所の小出先生によると、バーミキュライトはセシウムをよく吸着するそうです。カリウムが抜けたあとにセシウムが入り込むのかもしれません。


クリックすると元のサイズで表示します

電子レンジの電磁波を照射する窓に使われている、人造雲母です。

雲母の小片を接着剤で固めてプレスしたもののようです。

うまく劈開しません。




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ