2012/12/10

オランダの涙 3  オランダの涙

クリックすると元のサイズで表示します
オランダの涙が爆発的に砕け散る瞬間

尻尾の部分を折られたオランダの涙が、粉々になって、爆発的に砕け散る瞬間です。

わたしは、高速度撮影できるような高価なカメラや、超スロー再生できるビデオ機材など持っていませんが、ここは逆転の発想です。

ない知恵をしぼって、飛散するガラスの破片のほうを瞬間的にフリーズ、ごく普通のデジカメで撮影しました。

まだ外形は保っていますが、尻尾の部分まで全面的に細かく砕け、本体部分が膨らんで、まさに四方に飛び散ろうとしているのがわかります(下の砕ける前の写真と比較)。


クリックすると元のサイズで表示します


オランダの涙は、高温になって流動化したガラスを水中で急速に冷却することによって、涙滴型に固まった、強化ガラスの一種です。

オランダの涙の表面には圧縮応力が、内部には引張応力が形成され、見かけの上は強度が増しますが、細長い尻尾の部分が破壊の始点となりやすいのです。

オランダの涙の尻尾を折ると、内部に蓄えられた歪エネルギーが、亀裂を一気に拡大させ、粉々の破片にして飛散させます。




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ