2012/12/10

オランダの涙 4 ガラス屑  オランダの涙

クリックすると元のサイズで表示します

オランダの涙になり損ねた、色ガラスのコラージュ。

これらの軟質の色ガラスは、低温で溶ける半面、膨張係数が硬質ガラスの数倍あり、その多くが水中で急速に固まるさいに、熱衝撃に耐え切れずに、ギシギシ、バーン、という爆発音を発して、ばらばらのガラス屑になってしまいます。


クリックすると元のサイズで表示します

オランダの涙になり損ねた、ガラスの尻尾部分です。尻尾の、だいたいおなじ位置で破壊が止まり、尻尾はばらばらにならずに生き残るようです。


クリックすると元のサイズで表示します

数少ない、色ガラスのオランダの涙です。

粘りの強い硬質ガラスの場合は、ヨブの涙(イネ科のジュズダマ、ハトムギのこと)のような形になりますが、軟質ガラスの場合は、ほうき星のような流線型の涙になるようです。

写真の色ガラスのほうではよくわかりませんが、透明なガラスのほうでは、表面が縮んでしわになっているのがよくわかります。

また、尻尾の付け根あたりにくびれがありますが、この部分に応力が集中して、亀裂が一挙に進行し、破壊へとすすむようです。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ