2012/12/13

6 不思議なオランダの涙  オランダの涙

世の中には、耳学問だけではわからないことがあるものです。

ネット上の情報だけにたよるのではなく、自分の頭で考え、実地に試してみることがだいじです。

クリックすると元のサイズで表示します

このオランダの涙の尻尾を、先っちょからすこしずつ折っていくと、


クリックすると元のサイズで表示します

まだ涙の本体部分はだいじょうぶですが、折る部分を本体に近づけていくと、


クリックすると元のサイズで表示します

とつぜん、「パシッ」と砕け散りました。


クリックすると元のサイズで表示します

こんどは、こちらのオランダの涙の尻尾を折ってみましょう。


クリックすると元のサイズで表示します

ペンチで折れるところまで尻尾を折っても、このオランダの涙は「爆発」しません。もちろん、ハンマーでたたいても割れません。

これはいったいなぜでしょう?


クリックすると元のサイズで表示します

これは、尻尾を折ると爆発的に砕け散る、典型的なオランダの涙の写真です。

全体として流線型で、尻尾の部分が細くなって1〜2ミリメートルになるあたりまで、本体部分と一体となって硬いガラスの殻のようになっています。

しかし、引張応力の弱い尻尾の部分を折られると、要石を取り除かれたアーチ橋や、たがをはずされた樽がくずれるように、強力な残留応力によって一挙に破壊が進行します。

尻尾を折っても砕けないオランダの涙は、球形に近い涙滴型をしていて、尻尾も急に1ミリメートル以下の、針のように細くなっています。つまり、涙滴型の部分が圧縮応力に包まれた強化ガラスになっていて、尻尾の部分は普通のガラスになっているものと考えられます。


クリックすると元のサイズで表示します

これは、水中でオランダの涙になる直前に、本体部分がばらばらに割れて、残った尻尾の部分です。尻尾の部分は、強化ガラスになっています(冷えるときにできた、真空の泡が見えます)。


クリックすると元のサイズで表示します

尻尾の部分が単独でも、折ると「爆発」します。


クリックすると元のサイズで表示します

「爆発」しないオランダの涙の尻尾は、折っても破壊が進行しません。細いので、強化ガラスにはならないのです。


クリックすると元のサイズで表示します

ところで、これは、オランダの涙とは作り方がちがう、普通のガラスの涙です。


クリックすると元のサイズで表示します

空気中(室温)で涙滴型にゆっくりと冷却したもので、歪がありません。


クリックすると元のサイズで表示します

強化ガラスではありませんが、ハンマーでたたいても割れません。


クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、強力な残留応力もないので、尻尾を折っても「爆発」したりしません。


クリックすると元のサイズで表示します

ビー玉のような、完全な球体に近いものが、ほんとうはいちばん強いのかもしれません……。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ