一魚一会「世界の怪魚」釣行記(武石憲貴 Blog)

日本発、中韓・台湾・ロシア・モンゴル・カザフ・ネパール・インド・パキスタン・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・タイ・ラオス・マレーシア・シンガポール・インドネシア・米・カナダ・パプア・豪州・エジプト・エチオピア・ケニア・タンザニア・マラウイ・モザンビーク・ジンバブエ・南ア・スペイン・パラグアイ・アルゼンチン・ブラジル・ボリビア・ペルー・コロンビア・ガイアナ・スリナム・コスタリカ。40カ国の釣り旅!

 

管理人 武石憲貴@広島

自称・怪魚ハンター(笑) 初めての方は本家ホームページも見てね! ↓クリック  BLOGのTOPページ 新刊「新・世界怪魚釣行記(扶桑社)」、2014年3月21日発売! 「Amazon」などで発売中! 単行本「世界怪魚釣行記(扶桑社)」、 「Amazon」などで発売中! Kindleなどで発売中。 「世界怪魚釣行記」、韓国で翻訳化「地球村怪魚大探検」! 管理人がプロデュース、世界秘境冒険釣り旅専用! 怪魚珍魚用パックロッド。ディアモン  MV−65MV−55

記事カテゴリ

2017年の怪魚

 「スポットテールバス(インドネシア・2017年5月)」  「ジャイアントスネークヘッド&ワラゴアッツー&ナイフフィッシュ(タイ・2017年4月)」

2014〜16年の怪魚

 「ピライーバ205cm&ピラルクー&ジャウーwith水野姉さん(ガイアナ・2016年10月)」  「怪亀マタマタさん(ガイアナ・2016年10月)」  「グーンシュ(ネパール・2016年4月)」  「オオメジロザメ(タイ・2016年4月)」  「ピラルクー&レッドテイル&ジャウー&大ちゃんのピライーバ(ガイアナ・2016年2月)」  「オオウナギ(沖縄・2015年11月)」  「ナルトビエイ(広島・2015年10月)」  「ホワイトスタージョン&アリゲーターガーwith水野姉さん(北米・2015年9月)」  「ノーザンパイク103cm(北米・2015年9月)」  「アカメ釣りガールと中型アカメ(高知市・2015年8月)」  「イトウさん、皆で11匹(北海道・2015年6月)」  「グードゥー125cm&純淡水バラマンディ(オーストラリア・2015年3月)」  「フラワートーマン&トーマン(インドネシア・2014年10月)」  「マスキーパイク122cm(カナダ・2014年9月)」  「3匹のアカメさん(高知市・2014年8月)」  「オオカミウオ(北海道・2014年7月)」  「バラムツ(和歌山・2014年5月)」  「ペイシェカショーロ&タライロン&ビックーダ(ブラジル・2014年5月)」  「ピンクイルカ(ブラジル・2014年5月)」

2011〜13年の怪魚

 「キングサーモン(アラスカ・2013年7月)」  「ハリバット(アラスカ・2013年7月)」  「ホワイトスタージョン(カナダ・2013年7月)」  「マーレイコッド(オーストラリア・2013年3月)」  「ゴールデンバラマンディ101cm(パプアニューギニア・2013年3月)」  「イートングーシーダダ(パプアニューギニア・2013年3月)」  「アトランティック ターポン(コスタリカ・2012年10月)」  「アリゲーターガー(アメリカ・2012年6月)」  「ワニガメ(アメリカ・2012年5月)」  「ダトニオ(カンボジア・2012年5月)  「妖怪ハンザキ(日本広島・2011年9月)。世界最大の両生類にして、国の特別天然記念物オオサンショウウオ」

2009〜10年の怪魚

 「タライロン&子ピラルクー16匹(ブラジル・2010年10月)」  「カピバラさん(ブラジル・2010年)」  「魚鬼イトウ(日本北海道・2010年9月)」  「黄金錦鯰(日本秋田・2010年8月)。頭部・背中が真っ黒、それを囲むようにして腹まで黄金色の珍しい鯰」  「黄金鯰-神の子(日本秋田・2010年7月)。溝神様降臨から約1年半後、967バイト378匹目にして遂にきた!」  「ノーザンパイク(モンゴル・2010年6月)。氷湖の牙獣106cm」  「ヨーロッパオオナマズ(カザフスタン・2010年6月)。220cm」  「雷神-巨大雷魚(日本秋田・2010年6月)」  「巨大淡水エイ・プラークラベーン(タイ・2010年3月)」  「ボビーとビルマ鯉(ミャンマー・2010年3月)」  「ピーコックバスアスー80〜87cm・パッカ&カピバラさん(ブラジル・2009年)」  「子ピラルクー16匹(ブラジル・2009年)」  「クロカイマン(ブラジル・2009年)」  「激流の牙狼ペイシェカショーロ(ブラジル・2009年)」  「黄金の虎ドラード(アルゼンチン・2009年)」  「琵琶湖大鯰(日本琵琶湖・2009年)」  「ミズダコ2m超(日本秋田・2009年)。針に掛かると極太のロッドが限界寸前まで曲げられリールシートが歪んで悲鳴の様な軋み音を発する。超絶パワーフィッシンング!」

2007〜08年の怪魚

 「アルビノ鯰(日本秋田・2008年11月)。黄金色に輝く体、頭部の紋章。珍しいアルビノのナマズ、溝神様」  「タイメン(モンゴル・2008年8月)。自己最大のタイメン137cm。喜びさえ沸いてこない満身創痍の思い出の1匹」  「ノーザンパイク(モンゴル・2008年8月)。氷湖の牙獣110cm」  「ファイヤーバードシクリッド(マラウイ・2008年)」  「ナイルパーチ(エジプト・2008年)。今回は最大がこれ。惨敗っす…」  「アフリカンキャットフィッシュ(エジプト・2008年)。闇黒大陸アフリカで最大級に成長する鯰」  「巨大淡水エイ・プラークラベーン(タイ・2007年12月)」  「バショウカジキ(マレーシア・2007年12月)」  「タイメン(モンゴル・2007年8月)」  「巨神兵ナイルパーチ(エジプト・2007年5月)」  「暗黒大陸の牙獣タイガーフィッシュ(エジプト・2007年5月)」  「アフリカンキャットフィッシュ(エジプト・2007年5月)」

2003〜06年の怪魚

 「巨大淡水エイ・プラークラベーン(タイ・2006年12月)」  「タイメン 134cm(モンゴル・2006年6月)」  「バラマンディ115.5cm&パプアンバス(パプアニューギニア・2006年3月)」  「世界記録のニューギニアダトニオ(パプアニューギニア・2006年3月)」  「ゴールデンバラマンディ(パプアニューギニア・2006年3月)」  「巨大淡水エイ・プラークラベーン(タイ・2005年11月)」  「タイメン(モンゴル・2005年9月)。133cm」  「タイメン(モンゴル・2004年8月)。130cm」  「ノーザンパイク(モンゴル・2004年7月)。110cm」  「ピーコックバス(2003年11月・ブラジル)。8.2kg」

管理人、連載記事とか!

 ●「怪魚マガジン5(地球丸)」、発売中!  ●「怪魚マガジン4(地球丸)」、発売中!  ●「怪魚マガジン3(地球丸)」、発売中!  ●「怪魚マガジン2(地球丸)」、発売中!  ●「怪魚マガジン1(地球丸)」、発売中!  ●週間アキタにて「日々是怪釣」を3年間連載(2011年6月号をもって連載終了)。  ●単行本「世界怪魚釣行記」、マレーシアの釣り雑誌「釣魚月刊」にて連載中!  ●「アジア釣遊記」。日経新聞・国際版、「日経ギャラリー」にて10回連載。2012年からは不定期連載。

カレンダー

2017年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ