2018/4/17

肉祭り  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

宅配などで美味しい野菜が手軽に入手できるようになり、もともと野菜好きな我が家の食卓は肉の摂取量が少し減ったような気がします。(外食は例外)
よく料理するのはは鶏肉、豚と牛は薄切り中心なので厚切りステーキのような物をたまにはど〜んと食べたくなりました。
豚肉と牛肉どちらにしようか迷って決められず両方少しずつ。

クリックすると元のサイズで表示します

材料  豚肩ロースステーキ用(下味が付いてカットしてある物)・白ワイン・シイタケ・タマネギ・ミニトマト・水菜

○フライパンでオリーブオイルを熱し塩、コショウを軽く振り強火で焼く。
○焼き色が付いたら裏返して白ワインを振り蓋をして中まで火を通す。

クリックすると元のサイズで表示します

材料  牛ランプ塊肉(もとぶ牛)・赤ワイン・野菜は上と同じ

○フライパンで米油少々を熱し牛肉に塩、コショウを振り室温に戻してから強火で両面焦げ目が付くようにさっと焼く。(豚肉と同様、裏返したら赤ワインを振る)
○熱い内にアルミフォイルで包み余熱で少し加熱。
○フォイルで包み10分ほど経ったら好みの厚さに切りお皿に並べる。

○ポン酢、わさび醤油などで食べる。
○フライパンに残った肉汁に赤ワインと醤油を足して煮詰めたソースも美味しい。

付け合わせはあり合わせの野菜なら何でも。タマネギとシイタケはグリルで焼いてミニトマトと水菜のざく切りは生のままです。
豚肉は塊肉の段階でハーブソルト等で下味をつけてからスライスしてある感じでした。
牛肉は余熱を利用した加熱が綺麗なピンク色に仕上げるコツ。沖縄のもとぶ牛は赤身が柔らかく臭みが全く無いとても味の良い肉でした。

2018/4/16

竹輪と小松菜の和え物  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料  竹輪・小松菜・白煎り胡麻
    A(麺つゆ・わさび)

○竹輪を輪切りにして酒少々を振りオーブンと-スターで少し焦げるくらいに焼く。
○小松菜を耐熱容器がビニール袋に入れ酒と塩を少々振り電子レンジで30〜50秒加熱する。
○水気を絞りざく切りにして竹輪と混ぜ、Aで和え白胡麻を振る。

竹輪を焼くことで香ばしさアップ↑OK

2018/4/15

春祭り  日記

クリックすると元のサイズで表示します
昨夜からの大雨は朝には止み無事に春祭りの始まり\(^o^)/
クリックすると元のサイズで表示します
東京の住宅は敷地ギリギリに建っているから家の窓から行列に手が届きそうだ〜
クリックすると元のサイズで表示します
大太鼓、神輿、神楽、サイズは小さいけれど賑やかです。
クリックすると元のサイズで表示します
小さい街の小規模なお祭りだから間もなく2回目が回ってきました。
たまには下に降りて見ることに。。。
クリックすると元のサイズで表示します
縁日の屋台が並ぶこともなく近所の人たちが和やかに過ごすのどかなお祭りの1日でした

2018/4/14

レンコンの黒酢炒め  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料  レンコン・鷹の爪(輪切り)・白煎り胡麻
    A(酒・砂糖・黒酢・醤油・みりん)

○レンコンは皮を剥いて乱切りにする。
○酢を加えた水にレンコンを晒す。

○鍋にごま油をひいて水気を切ったレンコンを炒めてからAを加え炒め煮にする。
○照りが出てきたら胡麻と鷹の爪を加え全体に絡める。

定番の副菜。こういうおかずがあると何故か落ち着く。。。

2018/4/13

牛肉の山椒煮丼  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料   牛薄切り肉・白滝(あく抜き済み)・シイタケ・ショウガ・実山椒の佃煮
     A(酒・砂糖・黒酢・醤油・みりん)

     温泉卵・サヤインゲン・ミニトマト

○牛肉は細切り、白滝は食べやすい大きさに切る。
○シイタケは薄切り、ショウガは千切りにする。

○鍋に薄くごま油をひいて材料を炒める。
○Aを加えて煮る。
○煮ている途中で実山椒を加えてさらに煮る。

○ご飯の上に↑を乗せる。

○温泉卵、下茹でしたサヤインゲン、ミニトマトを添える。(温泉卵はいつものように水を入れたカップに卵を割り入れ電子レンジ加熱で作りました)

山椒がピリッと効いて美味しいです


クリックすると元のサイズで表示します

毎日温め直せば数日持ちます。味が濃くなっていくので翌々日は豆腐に添えてみました。

2018/4/12

ソーセージ入り野菜スープ  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料  粗挽きポークソーセージ・野菜ソース・キャベツ(ざく切り)

○鍋に湯を沸かし材料を全て入れて煮る。
○粗挽き黒コショウを振る。
○味を見て

↓前記事の「野菜ソース」活用例です。ソーセージは旨味がだしとして流れ出てしまわないようにあまり大きくない物を選び切らずに使いました。

2018/4/11

豆腐の野菜ソースグラタン  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料  豆腐・野菜ソース・生クリーム(または牛乳)・粉チーズ・パセリ(葉を千切って保存袋に入れ冷凍してある物)

○豆腐を耐熱皿に乗せラップでふんわり被い電子レンジで30〜1分加熱して温める。
○豆腐から出た水を大体捨ててから「野菜ソース」を乗せ生クリームを回しかける。
○粉チーズを振りオーブントースターでこんがり焼き色が付くまで加熱する。
○パセリのみじん切りを散らす。

「野菜ソース」の作り方
○ニンジン・タマネギ・ピーマン・シイタケを粗みじん切りにして鍋に入れ、野菜だし(茅乃舎)とオリーブオイル、コショウ、白ワインを加えて混ぜながら焦がさないように弱火で炒める。
○野菜に火が通りどろっとしてきたら別容器に移す。

○冷めてから小分けして冷凍保存も出来ます。

「野菜ソース」は野菜だしが無くても塩・コショウ・ハーブソルト等で代用できます。野菜はセロリ、パプリカなど冷蔵庫に残る半端な野菜を適当に。。。鶏肉のソテーにかけたりスープにしたりいろいろ活用できます。
パセリのみじん切りは実際に刻んではいません。凍ったまま袋の上から手でくしゃっと握ると簡単にできます。

2018/4/10

豚肉のケチャップソース煮  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料 豚薄切り肉・タマネギ・シイタケ・サヤインゲン(茹でて約3センチ長さに切り冷凍してある物)・サラダホウレン草・和辛子(チューブ)
    A(ケチャップ・ウスターソース・醤油・赤ワイン)

○豚肉を食べやすい大きさに切る。
○タマネギは櫛形切り、シイタケは薄切りにする。
○鍋に豚肉・タマネギ・シイタケを入れ軽く塩・コショウを振る。
○Aを入れざっと混ぜ合わせてから焦がさないように煮る。
○タマネギが透き通ってきたらサヤインゲンを加え最後に練辛子少々を混ぜ合わせる。
○サラダホウレン草を添える。

材料を全て鍋に入れてから煮るだけなので簡単辛子を加えることでスパイシーな味付けになります。ご飯の上に乗せてハヤシライスのように食べても美味しいです。

2018/4/9

ネギ豚  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料  豚ロース薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)・長ネギ(白い部分)・白すり胡麻・具入りラー油・醤油・黒酢

○ネギの白い部分を千切りにして水に晒す。
○酒を加えた熱湯で豚肉を茹でて色が変わったら火を止めて少しそのままにしておく。
○水気を切って豚肉を器に盛り、白髪ネギを乗せる。
○すり胡麻を振り具入りラー油を添える。
○醤油と黒酢を混ぜたタレで食べる。

ラー油は「ディンタイフォン」の製品です。香辛料のバランスが絶妙なのでラー油はこれ以外は考えられないほど気に入っています。
豚肉でネギを包むように食べると美味しいので白髪ネギは出来るだけ沢山用意します。冬のネギより辛味がきついのでネギを晒す水を一度取り替えました。

2018/4/8

台湾風朝粥  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料  A(茅乃舎のだし2袋・ご飯約150・水300cc)・豆乳200cc・油揚げ・アオサノリ・具入りラー油・ごま油・白煎り胡麻・漬け物

○鍋にAを入れ煮る。
○沸騰してから2分ほど煮たら豆乳を加え数分煮込む。

○油揚げはオーブントースターでカリッと焼いて刻んでおく。
○具入りラー油とごま油を混ぜ合わせておく。
○器に装い捻った胡麻を散らす。

クリックすると元のサイズで表示します

○好みの具を乗せて食べる。

数年前(もう7年経ってる)の今頃、初めて台湾トリップに行きました。食べる物全てがとっても美味しいところだったな。台湾通のI家の案内で連れて行ってもらった朝粥が忘れられない美味しさだったので作ってみました(今頃かい
ご当地は揚げパンのようなものを一緒に食べましたが代わりに油揚げを使いました。だしも茅乃舎なので全体に和食寄り。ディンタイフォンのラー油を使うと台湾の雰囲気が感じられます。
台湾の本物はご飯ではなく湯葉がおぼろ豆腐のようなものでした。

「台湾の記事」

↑この記事を見直したらまた行きたくなってしまった〜

2018/4/7

きつねうどん&しらす丼  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料  うどん(電子レンジ解凍できる讃岐うどん)・長ネギ・油揚げ・シイタケ・小松菜・柚子皮・釜揚げしらす・ダイコンおろし・大葉

○だし汁に酒、麺つゆ、砂糖、醤油を加えシイタケと油揚を煮ておく。
○小松菜に塩と酒少々を振り耐熱コンテナかビニール袋に入れて電子レンジで加熱しておく。
○小松菜が冷めたら水気を絞りざく切りにする。

○茅乃舎のだしに白だし醤油を加えつゆを作る。

○うどんを八分通り解凍してつゆに入れ、斜め薄切りの長ネギを加えて30秒〜1分煮る。

○シイタケと油揚げ、小松菜を乗せ七味を振り柚子皮の細切りを数片散らす。

○茶碗にご飯を装い千切った大葉、しらす、ダイコンおろしの順に乗せ醤油少々をかける。

油揚げの煮汁は麺つゆだけでも出来ますが砂糖と醤油で好みの味に調えました。うどんは「Tablemark」の物でコシが強くとても美味しいです(具に隠れてよく見えませんが。。。)。湯を沸かして茹でたりしないで使えるので本当に便利\(^o^)/
更に便利なのはこの器。直火で使えるので鍋を使ってつゆを作って丼に移し替えるという手間が省けます。しかも中身が冷めにくい

2018/4/6

簡単中華オムレツ  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料  中華丼の具(シュガーレディの冷凍総菜)・卵・シイタケ・黒酢・香菜(または三つ葉)・具入りラー油

○中華丼の具を湯煎解凍して酒と塩少々を加えた溶き卵と混ぜる。
○薄切りにして酒を振り電子レンジなどで加熱したシイタケとラー油も加え混ぜ合わせる。

○フライパンでごま油を熱し↑を流し入れ混ぜずに強火で焼く。
○周囲が焼け始めたらざっと混ぜ半熟状で火を止める。
○余熱で全体がまとまるようにしてお皿に移す。
○刻んだ香菜を乗せ、黒酢少々を振る。

豚肉、エビ、白菜・ニンジン等野菜いろいろ・・・具がたっぷりの温めるだけで簡単にできる中華丼の具です。

シュガーレディのお総菜はそのままでも美味しいけれど、我が家にとってやや甘めの物が多いので具を足して塩を加える事があります。黒酢を少し振りかけて更に美味しくなりました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ