2018/6/15

厚揚げとトマトの炒め煮  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料  厚揚げ・ミニトマト・ごま油・細ネギ
    A(砂糖・ナンプラー・醤油・酒・具入りラー油)

○厚揚げは一口大、ミニトマトは半分に切る。

○ごま油を熱し厚揚げをこんがりと焼く。
○Aを加え煮立てる。
○ミニトマトを加え手早く混ぜひと煮立ちさせて火を止める。
○細ネギの小口切りを散らす。

 ナンプラーと醤油は半々の割合。砂糖はトマトの甘味もあるのでほんの少し、こくを出す程度です。  

2018/6/14

醤油豆  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料  醤油豆・豆腐

○豆腐の上に醤油豆乗せただけ。

都内にも支店がありますが軽井沢の「酢重」で買ってきた「醤油豆」。薄味好きの我が家では珍しく濃厚味の好物です。

クリックすると元のサイズで表示します
醤油豆は2種類あります。今回は黒豆バージョン使用。炊きたての熱いご飯に乗せると食べ過ぎてしまい危険。。。マヨネーズと混ぜて野菜サラダのドレッシング等にも美味しいです

2018/6/13

カブと豚肉の麻婆風炒め  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料  豚もも薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)・カブ・小松菜・ショウガ・おろしニンニク・豆板醤・片栗粉
    A(酒・醤油・砂糖・味噌・オイスターソース・水・鶏ガラスープ)

○豚肉は粗く刻む。(少し凍らせておくと切りやすい)
○ショウガはみじん切りにする。
○Aを混ぜ合わせておく。
○小松菜はざく切りにする。
○カブは8等分に切る。

○フライパンにごま油をひき、豚肉・ショウガ・ニンニク・豆板醤を塩・コショウを少し振り炒める。
○豚肉の色が変わったらAを加え煮立てる。
○カブと小松菜を加え、30秒〜1分炒め煮にする。
○水溶き片栗粉を最後に手早く混ぜ合わせとろみとつやが出たら火を止める。

Mrs.T農園の新鮮なカブなので生でも食べられますが、最後にさっと炒め合わせてみました。半生状態で歯ごたえ、甘味も残り美味しく食べられます。素晴らしく良いカブなので主役は豚肉よりカブでした
豚肉150gに水150cc、カブは2〜3個。調味料は小さじ1〜2を好みの分量で使うと良いです。
鶏ガラスープは今回から顆粒状ではなく液状を冷凍保存してある「大地を守る会」の製品を使っています。

クリックすると元のサイズで表示します
これは良いです!液状ですが鶏ガラから出るゼラチン質で解凍してもぷるぷるのジェル状で使いやすくコラーゲンも豊富。今まで使っていた顆粒状の物は塩分が多く入れ過ぎるとしょっぱくなってしまうので少ししか使えませんでした。これは塩分は少なく鶏から出る旨味を充分に味わうことが出来ます

2018/6/12

シシャモのグリル・ゴルゴンゾーラソース  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料  シシャモ(雌)・粉チーズ・大葉
    A(ゴルゴンゾーラ・生クリーム・バター・白ワイン)

○シシャモをグリルで焼いて耐熱皿に並べる。
○Aを小さな耐熱ガラスボウルなどに入れ滑らかに混ざるまで電子レンジで加熱する。
○シシャモに↑のソースを回しかけ粉チーズとブラックペッパーを振る。
○↑をオーブントースターでこんがりと焼く。
○千切った大葉を乗せる。

シシャモとゴルゴンゾーラがよく合うよ、と軽井沢のひろさんから教えていただきました。シシャモと合わせるなんて考えてみたこともなかったけど。。。めちゃくちゃ美味しいです!!シシャモは出来れば北海道産などの美味しい国産が良いと言っていたので、ちょっと奮発して日高産を使いました。焼く前は薄いピンクで仕上がりはふんわり

2018/6/11

台風  日記

クリックすると元のサイズで表示します
台風が関東近辺を通過。
来る時期が年々早くなっているような気が。。。'_';

2018/6/10

美猫  

クリックすると元のサイズで表示します
ハニーはホントに器量良しハート
クリックすると元のサイズで表示します
頭良し、顔良し、気立て良し!!
(ハイ、親バカです。。。

2018/6/9

筍の筑前煮風  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料  鶏もも肉・ニンジン・コンニャク・シイタケ・サヤインゲン・筍の土佐煮・麺つゆ・黒酢

○鶏もも肉はぶつ切りにしてコンニャクと野菜は食べやすい大きさに切る。(サヤインゲンは固茹でしてから約3センチ長さに切り冷凍保存してある物をそのまま)
○深鍋でごま油を熱し鶏肉を炒める。
○鶏肉の色が変わったらコンニャク、ニンジン、シイタケ、サヤインゲンの順に加え炒め合わせる。
○水と酒、麺つゆ、黒酢(ほんの少し)を加え煮る。
○ニンジンが柔らかくなったら筍を加える。
○途中で味を見ながら砂糖、醤油、みりんで好みの味加減にする。
○好みで七味を振る。

「大地を守る会」の製品「筍の土佐煮」を使いました。国産の良い筍を使っているようで歯ごたえが良いです。土佐煮その物の味があるので味付けは控えめに。
煮物に黒酢は重宝します。酢を加えると傷みにくい、香ばしい、肉が軟らかくなる、良いことだらけ\(^o^)/。酸味は煮込む間に飛びます。

2018/6/8

夏山  日記

クリックすると元のサイズで表示します

湿度が高くなってくると遠くの景色は霞んで見えにくくなります。
珍しく富士山が綺麗に見えた朝。
いつの間にか雪が大分なくなりました。

2018/6/7

電子レンジでニンジンしりしり  食べる!

クリックすると元のサイズで表示します

材料  ニンジン・卵・細ネギ

○しりしり器でニンジンを千切りにする。
○耐熱コンテナにニンジンと卵を割り入れ混ぜる
○塩・コショウ・ごま油・酒・醤油(ほんの少し)を加えざっと混ぜたら電子レンジで加熱する。(蓋をずらして。またはふんわりラップで被う)
○細ネギの小口切りを混ぜて出来上がり。

普通はフライパンで炒めますが、油を少し加え蒸気を逃がす加熱なら電子レンジでも同じように出来ます。楽です〜。

2018/6/6

留守中のハニー  

クリックすると元のサイズで表示します
私たちが軽井沢に居る間ハニーはシッターYさんとお留守番。
今回は2泊とも泊まってくれました。
いつも最初はステレオの裏などに隠れていたハニーが今回は普段よく寝ているところで待っていたそうです。
これは大きな進歩!\(^o^)/
クリックすると元のサイズで表示します
リラックスしている感じがよくわかります。
人見知りは少しずつ良くなっているのかな。。。

Yさん、いつもありがとう!!土下座

2018/6/5

2018軽井沢トリップB  旅行

クリックすると元のサイズで表示します
朝食を済ませて午前中はI夫妻とアウトレットで待ち合わせブラブラ徒歩
移動は自転車です。新緑の季節で晴れていればコレが一番。
ホテルのチェックアウトは午後でも可能な設定だったので昼過ぎに出発。
再びI夫妻と横川SAで合流して釜飯で有名な「おぎのや」で遅めの昼食。
釜飯以外のメニューもいろいろあります。
私とIダンナさんが食べたもち豚のステーキ。大正解の美味しさでした

クリックすると元のサイズで表示します
横川から車で30分。
世界遺産になった「富岡製糸場」を見学することに。。。
国宝と重要文化財が並ぶ広大な施設です。
クリックすると元のサイズで表示します
記念の写真絵はがき、1枚だけなら無料で作ってくれます。
クリックすると元のサイズで表示します
明治維新直後の日本で輸出の要だった生糸の生産向上のため、器械製糸工場を造ることになったそうです。設立指導はフランスの方々。
建物のレンガを作る事から始めたとか。
クリックすると元のサイズで表示します
工場の内部、とにかく横に長〜い!
クリックすると元のサイズで表示します
東置繭所。要するに繭の倉庫ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
ヨーロッパ製、ブリュナエンジン。
クリックすると元のサイズで表示します
手仕事で見せていただいた繭から糸が出来るまで。
クリックすると元のサイズで表示します
高校の生物の授業で蚕の解剖実験やりました。中身は殆どこの桑の葉。
この葉っぱが透き通るような白い糸のもとになる繭に変化するのが不思議
クリックすると元のサイズで表示します
西置繭所は保存修理工事中ですが見学施設公開中。
赤ヘル被って工事現場に入ります。
クリックすると元のサイズで表示します
建物をバラバラにして腐食した部分を取り替えたりしながら元に戻す。。。
考えただけで気が遠くなります。
クリックすると元のサイズで表示します
女工さん達の宿舎は何故か懐かしい感じ。
私が通っていた高校と見た目がよく似ていました。(当時都内では残り少なかった木造校舎)

機械工業は繊維からスタートしている企業が多いですね。TOYOTAも然り。

なかなか面白く見ることが出来たと同時に、いろいろな事を考えさせられる貴重な経験になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
ひろさんからのお土産。無事に持ち帰りました。
ケーキの生地が美味しいのはもちろんのこと、飾られたフルーツが極上の物ばかり
食べる物って作る技術が大切なことは当然だけれど、素材の良さはとても大事
日本は肉・魚、野菜、果物、とても良い食材が揃う本当に恵まれた国だなと、改めて感じた軽井沢の旅でした。ハート

生前チョコがよくお世話になったI夫妻は20代の頃からのお付き合い、いつの間にか皆60代だから40年来の友人と言うことになります
海、風、波のことしか頭になかった期間が長かったにも関わらず私たちを見捨てないでくれてありがとう
これからもどうぞよろしくお願いしますねゴメン

2018/6/4

2018軽井沢トリップA夜  旅行

クリックすると元のサイズで表示します
軽井沢トリップのメーンイベント
「ひろ八」の食事です!
湯葉とアサリの前菜からスタート♪
クリックすると元のサイズで表示します
いつも感動感激驚きの八寸。
焼いた胡麻豆腐、揚げた空豆の間にはウニ、味噌漬けチーズ、牛フィレの串カツ、etc.
手間暇かけて作ってくくれた逸品ばかり。
クリックすると元のサイズで表示します
ところてんと赤貝。
クリックすると元のサイズで表示します
他にもいろいろ続いた後ににぎり寿司登場。
大好きなヤリイカ
クリックすると元のサイズで表示します
「アラ」という珍しい白身魚。スズキの仲間だそうですが弾力と旨味豊富な初めて食べる素晴らしいお魚でした!!
クリックすると元のサイズで表示します
トロ、穴子、アジ、マグロのヅケ、いつもの事ながら極上のネタでお寿司を楽しんだ後は。。。
素麺入りのお吸い物。
4人全員の酒好きなので最後の汁物は本当に落ち着きます。
クリックすると元のサイズで表示します
デザートも手が込んでいました。6月は私の大好物ビワが出回る季節。
ひろさんがそれを覚えていてくれたかどうかは定かではないけれど初物は嬉しい〜

クリックすると元のサイズで表示します
大抵はひと晩ひと組の予約しか取らないので貸し切りです。
念願のI夫妻と楽しむ「ひろ八」で幸せな夜でした

ひろさん、いつも心のこもった素敵な和食を本当にありがとう!!
マウイが縁でひろさんとめぐり会えたこと、とてもラッキーです。

クリックすると元のサイズで表示します
4時間近くかけてゆっくりと美味しいお酒と友にいただいた贅沢な空間で最高の夕食。
真夏の暑さだった日中が嘘のような涼しさ。
高原の初夏は快適です。
クリックすると元のサイズで表示します
左手にはひろさんからのお土産ハート

クリックすると元のサイズで表示します
ひろさん曰く、軽井沢では一番の洋菓子店「シェ・カジワラ」。
お腹いっぱいなので明日大事に持って帰ろう〜



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ