カレンダー

2017
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ご挨拶

クリックすると元のサイズで表示します
6
投稿者:監督

Tica Shore The Jig 100

青物の釣りは 昔に比べセグロイワシの接岸数が あんまし多くなく

満足いくゲームに σ( ̄。 ̄)自身なっちょります まぁこの釣りは

運不運で随分結果が異なる・・・・ ココ最近σ( ̄。 ̄)」は絶不調

クリックすると元のサイズで表示します


そんなσ( ̄。 ̄)が長年愛用しちょったんが ティカのロッド 今では

もっとライトで軽く扱いやすいロッドが出ちょりますが 当時はコレ

を選択しちょったんですぃね

クリックすると元のサイズで表示します


大型の青物でもゆとりを持って 戦えるロッドぢゃ 何年か使い 

その間 何回もガイドのスレッドの巻き替えをした なんちゅ〜ても

重いルアーを投げるもんぢゃけぇ ロッドにも負荷がかかる・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


自分の青物のレコードも このティカで作って 未だ更新されちょり

ません いまこのティカは使うことが無くなり サブロッドちゅ〜存在

さて・・・・・・今年σ( ̄。 ̄)は運に恵まれるんぢゃろぅか? それとも

クリックすると元のサイズで表示します


相変わらず 運に見放されたまんまなんぢゃろぅか? 神のみぞ

知る そろそろ青物のシーズン突入ぢゃけぇ 道具の用意をせんと

いけんのぉ・・・・・・・


おぉぉ それと明日でブログの方もお休みいたします まぁ9年半

書き続けてきた・・・・我ながら よ〜続いたもんぢゃのぉ まぁ

2ヶ月間 休養しよ〜と思うちょりますが 不定期に書きますんで

そこんとこ ((ノ(_ _ ノ) 宜しく


クリックすると元のサイズで表示します

3
投稿者:監督

遠くで汽笛を聞きながら

遠くで汽笛を聞きながら・・・・ そうアリスの曲の一つ 1976年発売

若かりし頃のσ( ̄。 ̄)は つぁ〜らん思い出しかない故郷を後にし

東京で希望に満ちた未来を願い 勤労学生としての日々を送り

日夜ぐゎんばっちょりました

クリックすると元のサイズで表示します

     https://www.youtube.com/watch?v=C7Md24egSug

この曲を聴きながら 幼少から高校まで過ごした山口県を思い出し

ちょりました あの頃はフォークソングの絶頂期 感化されたもん

ぢゃ ぢゃがファンも当人たちも共に年齢を重ねた

クリックすると元のサイズで表示します


皆あの時と同じような気持ちでおる ただし肉体は衰え 病気を抱え

老眼になり・・・・・ 音楽ちゅ〜もんは不思議なもん 曲を聴けば 

いついかなる時にでも あの時代にタイムスリップしてしまう

記憶を辿るより 早くしかも鮮明に!

同級生も歯が欠けた様になる・・・・・それが運命

せめて記憶の中だけでも また精神的にも 若人でおろうのぉ


クリックすると元のサイズで表示します
3
投稿者:監督

手記

3年前の今日 御嶽山の噴火があり多くの方々が亡くなられました・・・・

御嶽山噴火から生還された愛知県安城市の方のFacebook手記を

ご紹介いたします



まだ鮮明に覚えているうちに、自分用の記録として残しておこうと思います。

9月27日(土)
一日休みがとれそうだったので、
紅葉の御嶽山を子供も連れて家族でのんびり登る為に、金曜日の夜に王滝村、田の原駐車場に向かいました。

(甘いと言われれば返す言葉もありませんが、まさか噴火するなんて全く想像もしていなかった為、比較的登りやすい御嶽山を選びました。
本当は一人で濁河温泉側のルートで前回のリベンジをするつもりでしたが、子供達に一緒に行きたい。と言われ、
のんびり紅葉狩り登山にすることにしました。ルートとしては子供達もいたので御嶽山の全容を
眺めながら登れる王滝口登山道にすることに)

駐車場で車中泊し、
朝6時30分頃に王滝口登山道から登山開始。
最近ではあまり出会えなかった快晴で、御嶽山も本当に綺麗に見えていました。
紅葉も本当に素晴らしく、老若男女、たくさんの登山者で賑わっていました。


途中、雲海とそれを貫く山々の姿に感動を覚えながら、
今日は本当に最高の登山日和だ!
と感じたのを覚えています。

小さい子供連れということで、
たくさんの登山者の方に声をかけて頂き、子供達もその応援に力をもらいながら、楽しんで登っていました。
子供に合わせたゆっくりしたペースで、休憩も多めに入れて写真やビデオを取りながら、4時間ほどで「王滝頂上」に着きました。

王滝口頂上奥社でお参りをして、
「剣ヶ峰」の姿を見る為に、頂上奥社の裏手へ。このまま「剣ヶ 峰」に登る事も出来ましたが、昼食、下山を含めた時間的な事、子供達の体力の事…
いろいろな事を考えて、先に昼休憩をとることに。

この時点で子供達には言いませんでしたが、ゆっくり昼食をして、「剣ヶ峰」には行かずに下山しようと考えていました。


どこかで昼食を取ろうと思い付近を探しましたが、「八丁ダルミ」周辺は風が強く、地獄谷からの硫黄の匂いも
キツかったため、一旦「王滝頂上山荘」の南側の広場まで戻り、
風の影響を受けない建物の近くで昼食にすることに。

近くにはトイレの入り口もある為(子供達が行きたいと言っても連れて行きやすいし…)そんなことを考えながら。

朝と比べるとガスも出てきて、
絶景という訳には行きませんでしたが、子供達は山ご飯にハシャギながら、1時間ほどゆっくりとした昼休憩を過ごしました。

周りには同じように昼食をとる登山者の方も多く、私は登ってきた登山道が見える東側斜面にいましたが、
西側の地獄谷が見える少し上の広場には、山荘から離れた場所までたくさんの方がいたのを記憶しています。


昼食をとりながら、山荘の方を見ていると、ちょうどトイレの真下にあたる部分に、何か入り口のようなものがあることに気付きました。

この時は(あの入り口は何だろう?)と思ったくらいで、特にそれ以上は考えてもいませんでした。

角度的にも私のいた場所からでないと、その入り口を確認する事は出来ず、他の方達はその場所に空間がある事すら知らなかったと思います。
昼食をとりながら子供達に
「今日はこれで下山するよ」
と言ったところ、
「やだ!頂上まで行きたい!」と…
「今から頂上まで行って下山すると、
時間が遅くなるから…」
「やだ!早く登るから行きたい!」
そんなやり取りをしながら、
(ここまで行きたいなら、頑張って行かせてみようか…)
と内心迷いもありました。

昼食が終わり、荷物をまとめながら、
もし頂上に向かった場合の下山までの時間や子供達の体力的な事を考えていました。
(本当に行かせられるか?)
(ここで下山した方が時間的にも余裕があるし…)

クリックすると元のサイズで表示します



考えながらゆっくり荷物をまとめ、全員がザックを背負った瞬間…
「バリバリバリ、ドカーン!!!!」
ものすごい音が…


カミナリか!?
と一瞬思い、その音がした地獄谷の方を見ると、目の前の谷から大きな噴煙が立ち上がりました。
えっ …… 噴火…???
周りにいた登山者全員が状況を把握できず、
「写真!写真!」
という声が聞こえてくるなど、
その瞬間は恐怖を感じる事も出来ない程、誰もが状況を把握していませんでした。
しかし最初の噴火から10秒弱…
「ドドドド…ドカーン!!!!」
という爆音とともに、最初の噴煙とは比べ物にならない大きな噴煙の柱が空高く舞い上がるとともに、
もの凄い早さで自分たちのいる方に向かってきました。
「ワーー!!!!」「キャー!!!!」
うってかわって叫び声や悲鳴が飛び交う中、(ヤバい… どうする? 逃げても間に合わない。

どこかに隠れなきゃ… 子供達をどこかに…

何かの陰に隠れる? ダメだ。あれに巻き込まれたら、絶対無事では済まない。どこか安全な空間に入らないと…

山荘は? ダメだ。山荘の入り口まで走っても間に合わない…)

一瞬で様々な事が頭を駆け巡り、
(あそこは??)
さっき昼飯を食べながら気付いた、
トイレの真下にある入り口が頭に浮かびました。


すぐさまその入り口が見えるところまで行き、中に空間がある事を確認し、
「ここに入るよ!!こっちにおいで!!」
子供達に声をかけ、その空間に誘導しました。

その時の私の声に反応して下さったのか、近くにいた別のグループの方々もこちらに向かって走ってきました。

その方々の後ろには、もの凄い早さで噴煙が迫ってきていました。
(もうヤバい!)
私が空間に入ると、
すぐにそのグループの方が駆け込んできました。
「扉を閉めて!!」
木製の引き戸を両側から閉めようとした瞬間…
「!!!」
一瞬で外が薄暗い噴煙に巻き込まれ、
その噴煙が空間の中に流れ込む寸前で、扉が閉まりました。

木製の古い引き戸なので閉まりが悪く、数ミリ隙間が出来ており、
そこから凄い勢いで噴煙が吹き込んできました。

すぐに子供達に鼻と口を服の袖でふさがせて、吸い込まないように言いました。

それでも全員が吸い込んで咳をしていましたが、一応閉め切った空間のおかげで、全員が噴煙の直撃を免れました。


2回目の大噴火から、私のいた場所が噴煙に巻き込まれるまで、おそらく十数秒しか無かったと思います。

他の人は!?

頭に浮かびましたが、
それを打ち消すように事態は悪化します。
扉を閉めて真っ暗な空間。
薄暗い噴煙とはいえ、数ミリの隙間から外の光が届いていたのに、
「ゴォー!!」
という音とともに外が真っ暗になりました。
夜とも違う、光が全く届かないまさに暗黒という感じでした。
それと共に、空から何かが降ってきて、それが地面や小屋の屋根にぶつかる凄まじい音が鳴り始めました。

そして噴煙だけではなく、硫黄のキツい匂いが充満してきました。それと共に熱を持った空気が室内に入ってきている感じがしました。
(このままではヤバい!)
ザックの中にタオル等があることを思い出し、腕時計のライトを付けてザックの中のタオルを探し出しました。

すぐに子供達にタオルを渡し、
目を閉じて顔全体をタオルで押さえるように言いました。
自分も防寒用のフェイスマスクをかぶり、鼻と口を押さえました。


タオル等で押さえていても息が出来ない程のガスが充満してきて、ここで本当に死を意識しました。
(コレが続いたら、絶対に助からない…)
(どうすればいい…)
(こんなところで家族で死ぬのか…)
(子供だけでも何とかして助けられないか…)

本当にいろいろな事が脳裏をよぎり、
何とも言えない気持ちになりました。
子供達は泣き出し、それを落ち着かせて…その繰り返し。


数分するとその強いガスが収まってきて、何とか息が出来るようになってきました。
外もまた薄暗さにかわり、少し落ち着いたようにも感じました。
「みなさん、大丈夫ですか?」
空間に一緒にいるはずの、他の方々に声を掛けると
「大丈夫です」
との声が聞こえ、少し安心しました。
ここで私たちの他に5名のグループの方が一緒にいる事が分かりました。

そのグループの女性の方が、すぐに消防に連絡を取ってくださり、私たちの位置と人数を伝え救助要請。
さらに今後どうすればいいのかを聞いてくれました。
消防はこの時点では噴火は確認しているものの、状況把握が出来ていないという事で、今はそのまま外には出ないで待機してくださいと指示を受けました。


クリックすると元のサイズで表示します



ここで一旦全員が落ち着きを取り戻し、
「外の人は大丈夫かな?」
「この先どうなるんだろう」
いろいろな事を話しながら、外の様子に気を配っていました。

私は自分のいる空間を確かめる為に、腕時計のライトで周りを照らし、何があるのかを確認しました。

私たちのいる空間は、天井1m40pほどの低い空間で、トイレの真下。汚物タンクの置き場でした。
幸いしっかりした汚物タンクで、匂いが漏れるような事もなく、物置としても使われていました。
(何か使えるものは無いか?)
そんな事を思いながら隅々まで確認しました。
落ち着いたと思っていたら、また轟音と共に真っ暗になり、噴石が落ちる音、ガスの充満…
そして落ち着いて…
これを5回以上は繰り返したと思います。
途中、今までに無い激しい音と共に何かが屋根に落ちるのを聞いて、
「まさか人じゃないよね…」
「岩だとしたら、屋根を突き抜けてくるかもね…
でもここはトイレのさらに下の床下の空間だから、少しはマシかな…」

と会話したり、また真上のトイレから足音と男の人が激しく咳き込み苦しむ声が何度か聞こえてきて、
「上に人がいるね。大丈夫かな…?」
そんな会話もしていました。


確認しようにも、私達の入り口とトイレの入り口はちょうど建物の反対側。
外に出られない状況では他の人の確認に行けるような状態ではありませんでした。
そんな中、本当に色々考えました。
(おそらく外は大変な事になっているだろう。逃げ場が無く外にいた人達はきっと… )
(救助要請しても、噴火が続く限りヘリでここに救助に来ることは出来ない。ここは噴火口に1番近い所だろうから…)
(となると、このまま噴火が収まらなければ誰も救助には来れないかもしれない…)
(状況がこのままなら、この空間でしばらく過ごさないといけない… 水は? …ある。水分補給用と昼飯用の残りがまだ1リットルと少しはある。 食料は? …少しなら。アルファ米と行動食、それに子供達のお菓子が少し… どうやって消費するか計画しないと…)
(でもこのまま噴火が続き、もしこの山小屋に火がついたらどうする?外にも出れないし、ここで焼け死ぬしかないのか…)
(さっきよりも噴火が激しくなって息が出来ないガスが充満し続けたらどうする?)


(少しでも落ち着いたら、何とか下山出来ないか… 一刻も早くこの場を離れないと…)
(下山するにしても、登山道は無事なのか?人が下りれる状況なのか?)
(外に出たら… 登山道を下りたら… 助からなかった人達があらゆる所に倒れているんじゃないか…? そんな所を子供達を連れて歩けるのか?)
(子供を連れての下山にかかる時間を考えると、14時くらいには下りないと暗くなってまた危険になる)
(下山を始めた後に、またあの大きな噴火があったらどうする?もうこの安全な逃げ場はないから、次巻き込まれたら死ぬ…)
どうする… どうすればいい…
窓一つない空間で、聞こえる音と数ミリの隙間からしか外の状況を把握出来ない私達には、耐える以外に方法がありませんでした。

緊迫と落ち着きを繰り返す中、そんな事を考えながら、グループの方と色々話すうちに1時間半?程その場で耐えたでしょうか…

繰り返されてきた緊迫の状況が起こらなくなりました。

外は薄暗いものの、静かに唸る噴火口?の音と細かい何かが降り注ぐ音以外には何も聞こえませんでした。


他の人の声が一切聞こえないことに、
言い様のない不安にもなりましたが、
扉を開けて外の状況を確認する事になりました。
外は写真のとおり、一面真っ白に火山灰が積もった状態で、噴石により目の前のウッドデッキに大きな穴も空いていました。

積もった火山灰の量も凄く、さっきまでいた山の景色との違いに唖然としました。
ここでグループの方と下山について検討…
今なら下山出来るかもしれない…
下山途中にまた噴火が起こったら、助からないかもしれないけど…
でもこのままここにいても、助かる保証は何も無い…
下山するならもう今がタイムリミットだろう…

どうする…

みんなで話し合った結果、
「下山しよう」
そう意見が一致しました。


そう決まればすぐに出発の準備。

荷物を整理して、子供達には帽子とフードを被せて、自分達もレインウェアやフード付きジャケットを着込んで…
また噴火したら…
登山道はあるのか…
途中助からなかった人達が倒れていないか…
色々考えた上で、覚悟を決めて9人全員で出発。
火山灰は30pは積もっているだろうか…
フカフカで少し滑りそうだけど歩ける。
山荘を回り込んで、山荘の入り口に着くと、少し前までたくさんの人がいた形跡が…

中にはオレンジのヘルメットがまだ残っていたので、子供も含めて全員それを装着。

山荘入り口から下山道にはたくさんの人が歩いた跡が…
「みんな先に降りたんだ!急ごう!」
そう言って、下山開始。


大量の火山灰が積もっているものの、
先行した登山者の踏み跡もありルートも明瞭。
少しでも大きな音がすると不安になり、振り返り噴煙を確認しながらの下山。
とにかくみんなで「安全に、早く」を合言葉に足もとを確認しながら…
長女は1人で問題無く大人のペースについて行ける。
しかし次女にはこのペースは無理だ。
気を遣ってグループの方が最後尾に付いてくれる。
本当にありがたい…
でもみんな少しでも早く下りないと…
そこで、長女には「皆さんに付いて先に下りなさい。」そう言い聞かせ、
グループの方に長女をお願いして、ペースを上げて先に下山してもらえるように…
次女は私と嫁で交互にサポートしながら下りることに。
精神的にも肉体的にも厳しい下山でした。

しかし、しばらく下りると火山灰の影響も少なくなってきて、視界も開けてきた。


ルートの先を見ると、同じオレンジのヘルメットを被った100人近い登山者が下山する列が見える。
ここで少し安心。
さらにこの辺りに来ると、山小屋のスタッフが何人も間隔を空けてルート上に待機してくれて、サポートをしてくれました。
若い女性のスタッフはずっと次女を励ましながらサポートしてくれて、さらに男性のスタッフと会った時は、「私が娘さんを背負っておりますよ!」とまで言っていただきました。
次女は疲れ果ててクタクタなのに、その言葉に何故か断固拒否(ーー;)
いや…ここはそうしてもらいなさい。
と言っても全く聞き入れない…
すると男性スタッフが「じゃあお父さんの荷物は僕が背負いますよ。
そうすれば娘さんをサポートしやすいですから」と言って、私の重い荷物(実はテン泊のトレーニングの為に
使わない荷物も含めてあえて重量を持って登ってました^^;)を軽々と背負い、下まで荷物をおろしてくれる事に…

慣れない重量で体力的にもキツかった私にとっては、本当に助かりました。


この時には長女も含めたグループの方々はもう見えなくなっていましたが、荷物が無くなり負担が減ったので少しペースを上げて下山。
大江権現を過ぎ、遥拝所まで戻ると、
消防と救急の方が待っていてくれて、
すぐに体調を確認すると共にうがい用の水をくれました。
そしてまだ少し距離があるから、と
ここからは軽トラックの荷台で乗せて行ってくれるとの事。
この軽トラックの荷台に乗った瞬間に、(やっと終わった)という安堵感に包まれました。
後ろを振り返ると、未だ噴煙を激しく上げる御嶽山の姿が…
そして登山道入り口へ。
そこには物々しい数の警察、消防、救急の方々が…

事態の大きさを改めて感じました。

軽トラックから下りた瞬間、長女が駆け寄ってきました。

その後ろには一緒に避難し、
長女を下までおろしてくれたグループの方々が。
長女の顔を確認し触れた途端、
涙が溢れそうになりました。
「よく頑張ったね。1人だけ先に行かせてゴメンね… 寂しかったよね」

そう言って抱き寄せました。


長女を無事に下ろしてくれたグループの方々には言葉に出来ない程の感謝をしています。
短い時間でしたが、生死の瞬間を共に過ごし、一緒に避難したのがあの方達で良かった。本当にそう思います。
偶然にもグループの中の一人の方が同じ安城市に住んでいる事が分かり、自分たちの身に起こった奇跡とともに、本当に何かの縁を感じました。

そして下山のサポートをしてくださった山小屋スタッフの方々。
お名前をお聞きする事も出来ませんでしたが、いつか改めてお礼を伝えたいと思います。

山小屋のスタッフをはじめ地元のボランティアの方々、警察や消防の方々、そして自衛隊の方々、本当に多くの方々が今も救助活動を行っています。

今の時点で30数名の方が心肺停止で見つかりました。


時間的にもその中には私たちを追い越し、子供達に声をかけてくださった方々も含まれているかもしれません。
(あの夫婦は無事だろうか…)
(あの親子連れは無事だろうか…)
(あの若い男女のグループは無事だろうか…)
自分の記憶にある、声をかけ合った人たちが、もしかしたら…

それを考えると何とも言えない気持ちですし、想像するだけで心が痛くなります。
報道などの噴火の映像を見るたびに、
本当にあの状況では誰が同じようになってもおかしくなかった。

あの場所にいて今生きている事に、
まだ不思議な感じです。
私たち自身、もう少しペースを上げて登っていたら…
あのまま剣ヶ峰を目指していたら…
昼食の場所をあの場所にしていなかったら…
あの入り口に気付いていなかったら…
剣ヶ峰を目指す為に昼食を早めに切り上げて、歩き出していたら…
昼食が終わり、荷物を背負った瞬間の噴火でなかったら…

少しタイミングがズレただけで、逃げ場となる山小屋などが無かったり、
間に合わなかったりして、噴煙、噴石、火山ガスの直撃を受け最悪のケースになっていたかもしれません。


それこそ噴火が水蒸気爆発ではなく、
高温の火砕流を伴うマグマ噴火であれば、山頂にいた数百人全員が助からなかったでしょう。


本当に小さな奇跡が重なって、今こうやって無事でいられる事に、心から感謝です。
もちろん反省材料は沢山ありますが、今回の事で改めて感じたのは、自然と共に生きている以上、登山に限らず、災害というのはいつ、誰の身に起こっても不思議ではないという事。

絶対的な運に左右されるのはもちろんですが、問題はその場に直面した時に、いかに冷静に、生きる為の判断が出来るか、そして必要なものを持っているのかどうか。
今回の経験で、本当にいろいろな事を考えさせられました。
生かされた命。
その意味を考えて生きていこう。と
ただ今は犠牲になられた方へ心からのご冥福を。
怪我をされた方の一日も早いご回復を。
そして安否確認がとれない方がご無事である事を祈るばかりです。


クリックすると元のサイズで表示します
3
投稿者:監督

Vulture vu120

比較的デビューの新しいルアー バルチャー通常のルアーとは

異なるコンセプト設計・・・・・ ステージは主に水面となる

クリックすると元のサイズで表示します


ルアーの中央部に 浅いリップ形状のものが付いておる 風格は

ペンシルベイトなんぢゃが 水の抵抗を受けるためのリップ

ただ巻きでも十分なアクションを加えられる

クリックすると元のサイズで表示します


大きさは120mmで 20gのウエイトがある 淡水でも海水でも

機能出来る バス釣りなどでも面白いルアーかも知れんのぉ 勿論

青物やシーバス・チヌなどにも効果的ぢゃろぉ

クリックすると元のサイズで表示します


海の表情は毎日変わる いつカタクチイワシ(セグロイワシ)が来る

やも知れん 来れば白熱したゲームの幕開けとなるけぇ・・・・・

早ょぉ・・・・来んかぃのぉ!セグロイワシ


お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します

3
投稿者:監督

Business Shredder

会社を設立して長くなると ど〜しても税務書類や伝票 各種台帳

など多くの書類が溜まっていく・・・・・ 気がつきゃぁスティール棚は

書類の山 かとゆ〜て税務書類などは燃えるごみなんかで出したら

とんでもないことになるやも知れん まして美容のカルテなどは個人

情報の固まりぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します


そこでついに業務用のシュレッダーを購入したんぢゃ 家庭用では

処理能力が低く 時間ばかり掛かる 処理能力=価格ちゅ〜論理

で購入した

クリックすると元のサイズで表示します


60分連続使用が出来て A4サイズの紙が一度に20枚 CDは

1枚ちゅ〜ものにした 差し込んでクロスカットに裁断する時間は

かなり早い

クリックすると元のサイズで表示します


使い方も簡単ぢゃ なんせ処理するだけでもかなり日数がかかる量

今更思うが もっと早ょぅしちょけばえかったのぉ・・・・・

保存期間終了した書類が20年分ある・・・・ llllll(-ω-;)llllllガーン…

おまけに売り掛け伝票や仕入れ台帳 各種カタログなんか考えると

嫌になってしまう

クリックすると元のサイズで表示します


果たして2ヶ月で片付くんぢゃろぅか? いや絶対に せんにゃぁ

ならんのぢゃ 以前書類を焼却処分したが段ボール1箱で5時間

程度かかり 償却は時間が合わんかった・・・・

また明日からシュレッダーに書類をぶち込むことになる・・・・


お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します

3
投稿者:監督

入荷案内

入荷案内です

クリックすると元のサイズで表示します


CDC1gパックが入荷いたしました



クリックすると元のサイズで表示します


エゾシカナチュラルとブリーチが入荷いたしました エゾシカは硬く

フレアーしづらいマテリアルで スティルメーターなどに最適です



クリックすると元のサイズで表示します


菅釣りに有効なヘアリーワームが入荷いたしました



クリックすると元のサイズで表示します


シルバーフェザントネックが入荷いたしました



クリックすると元のサイズで表示します


ゴールデンフェザントが入荷いたしました



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


廉価版のフライラインDT4FとWF4Fが入荷いたしました



クリックすると元のサイズで表示します


ユニークなキャップが入荷いたしました 貴方も今日からポルコ・

ロッソに・・・・・是非どうぞ



お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します

4
投稿者:監督

地元の味

この前コンビニで会計を済ませ出ようとした時に 目に飛び込んで

来たもんがある ヾ(0д0‖)ノなんぢゃぁコレ

クリックすると元のサイズで表示します


見ての通り ”山口県の味 山賊焼味” 確かに山口県東部に住む

σ( ̄。 ̄)らはたまぁ〜に食いに行く ぢゃが中部や西部の人には

馴染みを感じるかどうかは疑問ぢゃのぉ・・・・ 北部には六日市に

山賊があるけぇ除くが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


これを販売しちょるんはCalbee しかも作られちょるんが広島県

まぁカルビーは広島発祥の会社ぢゃ 話を戻し山賊焼きの味をを

ポテトチップスへ・・・・? 無理難題ぢゃなぃんかのぉ なんせ

食材が違いすぎる

クリックすると元のサイズで表示します


中はいたって普通のポテトチップス 味については答えんでおこう

興味がある人は買〜うてみて 食ってみて判断したらえ〜がなぁ

やはりこのポテチ 限定地域販売だけなんかのぉ・・・・・・・

他県でもあるんぢゃったら 福島の愚弟にも教えるんぢゃけど・・・

クリックすると元のサイズで表示します





お知らせ
クリックすると元のサイズで表示します
4
投稿者:監督

たまには・・・・・・

9月になって全く釣りに行っちょらんです 渓流は禁猟 この時期は

海もイマイチぢゃのぉ セグロイワシ次第で状況が変わるが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


昨日は状況確認 つまり偵察行動に行くことにした 遠征ぢゃけぇ

な〜んも釣れんのは心が折れるけぇ 青虫をちぃ〜とだけ購入した

一応はチヌ・メバル・アジん狙い 運が良きゃぁ青物と・・・・

スベリ止めに青虫  

クリックすると元のサイズで表示します


案の定ターゲットの反応はほとんど無い ルアーで食うてくるんは

ギザミだらけ・・・・ 奥の手で青虫

キタ━━━━。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚━━━━!! よ〜引いたのぉ 

カワハギぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します


小鯛も来る 後はあんまし大きゅ〜なぃキス お邪魔虫のギザミ

多数・・・・ 今日の夕食はカワハギ使った水炊きにしよ=!


4
投稿者:監督

Fishpond Vest

フィッシングベストを選ぶコツは人それぞれで違うと思う σ( ̄。 ̄)

の場合なんちゅ〜ても収納力 特に渓流用のベストには当てはまる

長年渓流のフライフィッシングをしちょると 今まで満足して

使こ〜ちょったベストに不便さを感じる

クリックすると元のサイズで表示します


今はフィッシュポンドのセージベストを愛用しちょりますです  この

セージベスト 今まで使こ〜ちょったベストの中で いっちゃん

ポケットが多く しかもポケットが大きめに作られちょります しかも

ワンサイズで すべて調整できて春先の厚手の服でも 夏場の薄手

服でも着こなせる便利物

クリックすると元のサイズで表示します


渓流のフライフィッシングが長くなれば 技術が上りタイイング精度

も優れてくる 例えばクリップルダンでも 斜めの角度を変えた

フライや ハックルを変えただけでも釣果が換わってくる

そうなりゃぁフライボックスの数は必然的に増える

クリックすると元のサイズで表示します


以前はシムスのベストを使用しちょりましたが 上記理由で変えた

次第ぢゃ なんせあんまし入らんけぇのぉ・・・・・

フライボックスだけでも大小合わせ 16個ぐらいは持って行くけぇ

収納力がベストの評価と思うちょります


お知らせ


クリックすると元のサイズで表示します
3
投稿者:監督

ABU 1500C Red

アブリールちゅ〜たら σ( ̄。 ̄)が知っちょるかぎり 最初はエビス

次がオリムピック(後にマミヤOP)そして今はピュアフイッシング

この1500Cのレッドは マミヤOP時代の物


クリックすると元のサイズで表示します


使おうと思って卸したんぢゃが・・・・・ アブの1500・2500を使用

したことのある人なら判るが なんせスプール径がコマイし 巻き

取りスピードも遅いけぇ ミスキャストした時なんぞ 回収して投げ

返すんが ブチ時間が掛かり面倒くさい

卸したんはえ〜が 使う機会が無いけぇ 未だ新品未使用

クリックすると元のサイズで表示します


小型でコンパクトぢゃけぇ オフセットハンドルでもブランクスルー

でも難なくこなせる ぢゃが・・・・巻き取りスピードの遅さは致命的

特に夕マズメの ぶちえ〜時間帯にキャストミスしたらすぐにでも

投げ返したい (-ω-;)ウーン ストレスが溜まる・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


軽量でコンパクトなアブ1500C 生かした使い方は絶対にミス

キャストせんかったら すべてが解決できる・・・・・

練習も全くせんσ( ̄。 ̄)がゆ〜んぢゃけぇ 間違いない!


お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します
4
投稿者:監督

敬老の日

今日は敬老の日 つまり老人を敬えちゅ〜こっちゃ 人生は不思議

なもんぢゃのぉ・・・・・ついこの前まで若いと思うちょったら いつの

間にか中年になり そして壮年となった

自分らは年を取らんちゅ〜観念で生きてきたら 頭髪は抜け腹は

出て やれ高血圧ぢゃ やれ糖尿病ぢゃ・・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


σ( ̄。 ̄)らより やや上の人たち つまり団塊の世代のヒーロー

そしてフォークソングの神様 吉田拓郎さんの曲を笑って聴いてた

みんなが 逆に笑われる年代になってしも〜た・・・・

そんな敬老の日にあの名曲 老人の詩を送りたい

クリックすると元のサイズで表示します

       https://www.youtube.com/watch?v=sojagnto_Is

時の流れは無情 容赦なく死へと追いやる だからこそ毎年の

シーズンを楽しまんといけんのぢゃ 何かに没頭しちょるときだけ

時の流れが止まり またタイムマシンのように若いときに戻れる


一人一人が若いときに傾倒した曲 あの頃よく聴いた曲 涙を

流した曲 これも再び聴くとその時代に戻れる

クリックすると元のサイズで表示します


σ( ̄。 ̄)は思う けして敬ってもらわんでえ〜けぇ そっとしていて

欲しい 


お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します

3
投稿者:監督

Eye in the Sky 世界一安全な戦場

イギリス軍大佐のパウエルは ソマリアのテロリスト集団で過激派

組織アル・シャバブを捕まえるために彼らを追っていた

部屋に写真や資料が散乱するほど パウエルは熱を入れて彼らを

追っていたのだ

クリックすると元のサイズで表示します


その頃アメリカ軍のドローンパイロットである スティーブ・ワッツ

という男と センサーオペレーターであるキャリー・ガーションという

女の所属する部隊に英軍のパウエル大佐が紹介される

モニターに映ったパウエルが スティーブ達にある任務を依頼する

それはアル・シャバブの幹部である アブドラ・アル・ハディとその妻

であるアーイシャ・アル・ハディが潜伏していると思われる ナイロビ

にある隠れ家をドローンで空から撮影し 彼らがいることを確認する

という任務だった 6年間追い続けた相手だとパウエルは彼らに

語るのだった

クリックすると元のサイズで表示します


早速任務に向かうスティーブ達 パウエルがいるイギリス軍司令室

の大画面にはすでにその映像が映され パウエルはそれを

見ながら指令を出すのだった

クリックすると元のサイズで表示します


ターゲットの関係者らしき人物達が 隠れ家に到着する それを

確認し パウエルは家の中を見たいと言う すると小型の鳥に

扮したカメラが動き出し 家の周りを飛び回りながら家の中を撮影

家の中からターゲットらしき人物が出てくるが カメラは顔を捉える

ことができない 車に乗り込んだ彼らを上空のカメラが追いかける

クリックすると元のサイズで表示します


彼らが向かったのはアル・シャバブの支配地域 追跡部隊もこれ

以上は危険だとして追うことができない パウエルはどうにか

カメラで彼らの顔を映し 顔認証して犯人だと確認したいと思って

いた ターゲットはある家に入って行く・・・・・・

パウエルはドローンを家の中へ潜入させるよう命令を出す

クリックすると元のサイズで表示します


現地工作員の一人が昆虫型ドローンを操作し ターゲットの家の中

を映し出すことに成功 そしてターゲットの顔認証が完了し 改めて

ターゲットのアーイシャ・アル・ハディがいることを確認する

内閣府の会議室に集まった軍人や政治家達が ターゲットをどう

するのか話し合っていた その中の一人であるフランク・ベンソン

中将は 他のみんながターゲットを殺さないようにしたいと考えて

いることをパウエルに伝える

クリックすると元のサイズで表示します


その時モニターに映し出されたのは 自爆スーツを着用しようとする

男の姿だった 彼らは自爆テロを起こそうとしていたのだった

パウエルはミサイルでの攻撃を主張するも 部下の英軍弁護士が

国際法違反になる可能性を示唆し 上に判断を仰ぐように言う

パウエルはフランクに判断を仰ぐも 誰も決断を下せないのだった

クリックすると元のサイズで表示します


こうしてたらい回しにされたミサイル発射の決断だったが どうにか

米国国務長官の許可を得て ミサイル発射の許可が出る

パウエルは直ちにスティーブに指示を出すのだったが・・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


ミサイル発射直前 少女が爆破予定地でパンを売り始める・・・・

スティーブの手が止まる 発射しろと言うパウエルに対し 

スティーブはどうにか少女をどかせないかと懇願し発射を拒否する

のだった

クリックすると元のサイズで表示します


誰しも責任負いたくないけど 誰かが負わなければならない 

現代戦の定義である 先進諸国はロボットを戦場へ 兵士は

モニターを見ながらの操作 良緊張感を切らすことなく最後まで

一気に見入ってしまう映画である

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


お知らせ


クリックすると元のサイズで表示します
4
投稿者:監督

Grace Majesty Engraved Net

グレースネットの中で大きなサイズであるエングレーブ サーモンや

遡上性の鱒族のゲームを好まれる人に愛用されるネットである

ランディングンネットちゅ〜位置づけは 魚を無事に捕獲する為の

補助器である 安物の金属ネットで事は足りる

クリックすると元のサイズで表示します


ぢゃが 遡上性の王様の鮭や宝石のような鱒族を 苦労して釣り

上げて 記念すべき写真に 安価な金属製のネットぢゃぁ いけん

ぢゃろぉ それは麗しき美女にど〜しようもないボロ服を着せる

ファッション雑誌みたいになる

クリックすると元のサイズで表示します


この美しき神の創造物である鮭や鱒には 和の美を問う北大路

磐山人先生のような 全ての調和を求めねばならぬ それが

安価な金属製ネットでは・・・・・先人に対し恥を感ずる行為ぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します


最高の礼を持って鮭鱒族に当たらんといけん とσ( ̄。 ̄)は思う

勿論反論があっても 一向に構わん グレースネットは1個1個

手作業で作られる オイルフィニッシュゆえ手間隙掛かるが

これも日本の伝統技ぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します

3
投稿者:監督

FAT-so

FAT-so ファッオー 言わずと知れたストーム社のクランクベイト

以前にもブログに書いた ファッオーはシャロークランクとして優れ

た能力を持つ 使い方は簡単で水深1.5m程度のシャローをただ

巻きすれば良い

クリックすると元のサイズで表示します


フォルムからすると 掛かりそうで割と根掛かりし難い 水深の割と

浅い湖沼などに向いたルアーぢゃと思う σ( ̄。 ̄)の場合芦ノ湖

河口湖そして牛久沼でよ〜使こ〜た

クリックすると元のサイズで表示します


牛久沼などで 水没した乱杭などやオダなどで 爆発的な威力を

発揮したもんぢゃ σ( ̄。 ̄)の場合 気に入ったルアーは大人

買いすることが多い 勿論ファッオーもその類になる

クリックすると元のサイズで表示します


自分でいくつ買ったか 気にもしちょらんが あとでこねぇに沢山

購入したんか!と驚くこともあるが 後悔は無い

欲しい時に無いちゅ〜んが ブチ嫌いなもんぢゃけぇ つぃつぃと

買ってしまう

クリックすると元のサイズで表示します


未だ封も切っちょらんファッオーがある 勿論写真以外にも・・・・

残念なことにファッオーは現在作られてはおらん おそらくぢゃが

このファッオーは使われること無く そのまんまになる運命と思う


お知らせ


クリックすると元のサイズで表示します
3
投稿者:監督
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/184 
 
AutoPage最新お知らせ