カレンダー

2018
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

摺鉢山陥落

アメリカ軍は 日本本土攻撃に向け着々と準備を進めていた

当初アメリカ軍は 日本本土攻撃のためには 台湾を攻略すること

を視野に入れていたが 効果的な戦略爆撃を行うなら 硫黄島を

攻略すべきという意見が出たことから硫黄島への攻撃が決定 

1945年2月19日アメリカ海兵隊の硫黄島への進撃を開始した

クリックすると元のサイズで表示します


攻撃が開始され アメリカ軍が皇軍を制圧するまでに なんと36日

要した 当初の計画では5日間で島内全域に潜んでいる 日本兵を

殲滅する予定で 15,000名の死傷者数は覚悟の上と公表して

いた 硫黄島の戦いの双方の兵力は 米側が250,000人だった

のに対し 日本側は少年兵と地元民の徴用を含めて22,000人

あまり

クリックすると元のサイズで表示します


だがアメリカは 実際には想定を遥かに上回る時間と死傷者を

出すことになった ノルマンディ上陸作戦の戦傷死者数を3日で

上回りアメリカ軍にとっても 最激戦地であったことがわかる

クリックすると元のサイズで表示します


数字上での人的損害ではアメリカ軍のほうが多く 戦争末期の状態

では珍しいケース 島への上陸に成功したアメリカ軍は 摺鉢山へ

向けて前進する トーチカには手りゅう弾と火炎放射器で どちらも

1m進むごとに戦闘が起こる状態 そして待ち受ける要塞化した

山に アメリカ軍兵士は大苦戦を強いられる 2月23日には何とか

山の頂上に到達し 拾った鉄パイプに星条旗を縛り付けて掲揚した

クリックすると元のサイズで表示します


現在硫黄島には 海上自衛隊の硫黄島航空基地隊と 航空自衛隊

硫黄島分屯基地があり 陸海空すべての自衛隊員が常駐し業務に

当たっている 海上自衛隊は航空管制及び基地の施設管理など

航空自衛隊は訓練機の飛行統制や後方支援 陸上自衛隊は島に

今なお残されている不発弾の処理を行うため 人員が配置されて

いる 行政上は東京都小笠原村という住所ではあるものの 一般の

住民は住んでいない


http://www.genesis-ot.jp/


P,S

新入荷

クリックすると元のサイズで表示します

http://www.genesis-ot.jp/new.html\_(゚Д゚ ) 見んと損
4
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ