Maintenance SHIOHOUSE [SHIOブログ]

CB400F/CB350F ONLY メンテナンスショップ店主の独断と偏見でつづる個人的な日誌
日常の作業や臨床例、部品製作、B級グルメなどを紹介します。
(店主の備忘録なのでバイク以外の記事もあります。)
また、戴いたメールでの問い合わせなどでこちらで公開して返答する場合がございます。(送信者名は伏せます)
予めご了承ください。
また、内容に間違いなどありましたらやさしくご指摘ください。

 

SHIO HOUSE ホームページ(WEB SITE)  http://www.h5.dion.ne.jp/~s-bikers/s-house/top.html
SHIO HOUSE GALLELY http://happy.ap.teacup.com/hondainlinefour/

SHIO HOUSE ネットショップ(ON LINE SHOP) http://shiohouse-net.shop-pro.jp/

カレンダー

2018年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:2台目の400F
 このブログに載った車両のご主人様に会えるのは、やはりシオハウス様に足を運べる者の特権だと思います。
 過日も、部品購入で寄らせて頂いた際、この車両のご主人ー様にお会いさせて頂く機会に恵まれました。そして、このオーナー様が、過去のブログに載った、購入先(?)の関西方面からシオハウス様に、箱根では原チャリ(50cc)に抜かれながらたどり着いた「強者(ツワモノ)」と知りました。
 その話を、他のいらっしゃっていたお客様から聞いた時、その珍道中に思わず笑ってしまいました。しかし、帰宅した後、つくづく考えますと、それは「涙モノ」でした。
 購入時、車体外装は経過年数そこそこでしたでしょうが、実は「中身」は満身創痍の全身傷だらけ。その車体は、新たなご主人様の期待に応えるべく、そしてそのアクセル開度に応えるべく、たとえ原チャリ以上のスピードが出なくても、ご主人様を「ここ(シオハウス様)」に連れてきたのです。
 新しいご主人様曰く、「しっかりと整備をされる。」との事でした。もちろん、整備には「お金」がかかりますが、少なくともこれだけは言えると思います。
 この車体は、素晴らしい「ご主人様」に出会えたと・・・。
投稿者:未央
こないだ、久しぶりにタジマ・ホンダ(MXのシャドーレーシング)へ行きました。随分と仕事が溜まっている様子が一撃で分かりましたが田島さん曰く「使い物になる整備士ってーのは大体50人に一人くらいだね。だから人を簡単には増やせないし、見込みのあるのは独立してしまうし・・」

元SFの古たぬきなのも勇さんと同じで身動きが取れないほど仕事が来ているのも同じですね。

NSXのエンジンチューンの件で訪問したのですからボクも随分出世したものですが安心ください。ただ付き添いとして案内しただけです。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

自由項目2

自由項目4

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ