ようこそ、お入りを・・・。

2018/5/28

石清水八幡宮献茶式  他会記

今日は
石清水八幡宮の献茶式に参列させていただきました

クリックすると元のサイズで表示します

境内にあるこの高い塔は
「涌峯塔(ゆうほうとう)」という名の給水塔なのだそうです

私はこれまでずっと
これは「フィラメント」をイメージしてつくられた
モニュメントかと
思い込んでいました

石清水八幡宮のFBを拝見したら
この塔は昭和59年に
研修センター(清峯殿)が建設された時に
神刀や神職の使用する笏・冠などをイメージして
造られたと
書かれていました




さて今日は
まず清峯殿一階の副席に入りました

寄付の掛物は
兼中斎 分明斎 堀内紀彦様の
鶴亀画賛 千秋万歳

本席は
青松多寿色

早朝の一席目から
大勢の方が来られていました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

午前11時より
ご本殿にて

尺八都山流家元による
「石清水」が奏でられるなか

表千家家元・猶有斎宗匠により
献茶式が厳粛に執り行われました


今年は
例年以上にたくさんの方が
参列されているように感じました


煎茶席や玉露席で喉をうるおし
少しほっとさせていただいた後

再び清峯殿にもどって
拝服席に参りました

そして最後に
社務所書院の副席に入らせていただきました

掛物は
昭隠和尚筆 山花咲野鳥語


まさに
野鳥の集う爽やかな新緑に包まれて
同行してくださった
社中の方々と共に
男山での清らかな一日を
楽しませていただきました



9

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ