ようこそ、お入りを・・・。

2017/4/27

4月稽古場 4   稽古

今日は
炉の最後のお稽古日でした

障子を少し開けて
風に揺れる釣り釜の風情に
去りゆく春を思う一日でした


クリックすると元のサイズで表示します
「青山緑水」
黄梅院太玄師

今日は
昨日と同じ
壷珊瑚と蔓日々草に
花筏を添えてみました


置き尺八の花入れは

竹垣でお世話になった
ご近所の竹匠さん作です


クリックすると元のサイズで表示します
旅箪笥  濃茶  組合点

内海茶入で長緒の扱い
五徳の蓋置の扱いなどを
お稽古していただきました




クリックすると元のサイズで表示します
干菓子 加賀銘菓 しばふね


先日
地元の百貨店に出かけた折に
地方銘菓のコーナーで
ふと目にとまりました

「しばふね」は
生姜と砂糖がまぶされた
昔ながらのお煎餅です

特に季節感を意識したわけでもなく
何となく久しぶりに食べたくなって
買ってきたのです


ところが昨日
「柴舟」とは何かと検索していたら
新古今和歌集に
こんな歌があることがわかりました(⇒名歌鑑賞





暮れてゆく 春のみなとは 知らねども

霞に落つる 宇治の柴舟  

                寂連法師


終わりになって去っていく
春の行き着く所は知らないが
今 霞の中に落ちるように下っていく
宇治川の柴舟とともに
春が去って行く感じがする





驚いたことに

去りゆく春の情感漂う
まさに
今日の心持に
ぴったり合う歌でした。。。


お弟子さん達と共に
宇治川の情景を思い浮かべながら
私も一服
炉の最後のお茶を相伴いたしました










12

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ