ようこそ、お入りを・・・。

2017/8/30

8月稽古場 6  稽古

昨日8月29日は
表千家13代即中斎宗匠の祥月命日でした


私が名古屋でお茶を習っていた頃

先生のお話のなかで
即中斎宗匠のお名前を度々耳にしていたものの

当時の私にとっては
遥か彼方に仰ぎ見る方でありました


それだからこそでしょうか

一度もお目にかかったことがないのに
「即中斎宗匠」という言葉の響きに
とても懐かしさを感じてなりません




クリックすると元のサイズで表示します
即中斎一行
「古今無二路」


本日は
お茶とうをした後

初炭
一二三
後炭
花月

以上のお稽古をいたしました


クリックすると元のサイズで表示します
お茶とうをした時
よく不思議に思うことがあるのですが。。。

なぜか今日も
くっきりとオーブが写っていました

そんなものは思い込みだよと
笑われるかもしれませんが

即中斎宗匠が
「ガンバレ ガンバレ」と
励まして下さっているような気がします


クリックすると元のサイズで表示します
一二三は
お点前をする人のみならず
参加した稽古人すべてにとっての
厳しい修練だと思います


クリックすると元のサイズで表示します
花月
今回初めて花月を稽古した方も
頑張りました


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  木槿  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子 志ば味糖  俵屋吉富製


クリックすると元のサイズで表示します
「随処作主」 禅居庵一渓師

玄関にかけていた
この色紙の言葉に
今日の稽古の皆さんは
気づいてくれたかしら。。。


気になる方は
コチラをお読みくださいませ



12

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ