Nゲージレイアウト、車両製作、作業日報などを紹介しています。 (管理人iga) 小舞鉄道HP

2017/2/4

腕の無さを道具でなんとかする!?  作業日報
ワンマイル版四国1000は、下地塗装中
クリックすると元のサイズで表示します

北関西版四国1200は前面のチェック中
クリックすると元のサイズで表示します
とここでサーフェイサーが無くなったので作業終了です。

せっかくの休日なので、最近気になっていた「UVジェルクリア」を試してみることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
ジェルをUVライトを照らして硬化させるという昔からは想像も出来ない面白そうなツールです。

犠牲お題はキハ54-0東京堂バージョンです。実車同様、一部ステンレスが使われていてかなり高価なキットでした。今ではレジンボディが反りつつある危険な状態ですが…。
高価な割には「お気楽仕様」で製作されたためライトパーツが表現できていません。
クリックすると元のサイズで表示します
ライトパーツごと無くなってたりと散々です。
クリックすると元のサイズで表示します

UVジェルクリアを使ってライトを表現できないかを検証します。
これは成功例です。完璧ですね!腕が無くても鉄コレレベルには並べそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

こちらは失敗例、ただし一度硬化させた後も重ねることも可能ですし、気に入らなければ簡単に取り出すことが可能です。(UVジェル自体は接着力が無い様です。)
クリックすると元のサイズで表示します

ただし、このUVジェルクリアは硬化後に体積が増える可能性があり車体にダメージを与える事がある様です。そこでジャンクボディのクハ381を使って耐久試験します。
クリックすると元のサイズで表示します

クハ381のヘッドマーク、ライトにUVクリアジェルをたっぷり塗って硬化させ放置します。
クリックすると元のサイズで表示します
問題無ければ、いろいろやりたい事がありますが…
0

2017/2/6  0:49

投稿者:iga
きじねこ様

igaの文章が解り難くて申し訳ないです。補足しておきますね。臭いは「ラッカー系程度」と言うより、ほとんど臭いません。締め切った室内で作業しても気持ち悪くなるような事はありませんでした。

ライトパーツとガラスパーツにかぎらずいろいろ試しています。ジェルなので特徴が解るまでかなり無駄にしてますが結構使えます。これでもう少し安ければ…

問題は体積が増える(?)事による車体へのダメージですが、今のところ2、3日程度ではまったく変化がありません。

仕掛品ばかりでなかなか進まない製作中の車両たちですがもしよろしければ引き続き訪問いただけるとやる気が出ます。^^)

こちらこそよろしくお願い致します。

2017/2/5  23:30

投稿者:きじねこ
コメント返信いただき、ありがとうございます。

ラッカー系程度であれば、一度試してみたいですね。
角型のライトレンズとか、「おゆまる」で型をとってガラスパーツの複製だとか…想像が膨らみます。(^^)

UVレジンの作例は、諸先輩方の記事などでよく見かけるんですけど、私にはあの匂いはどうしても無理でした。(しかも1〜2日程度じゃ消えないんですよ)

仕掛品が豊富で楽しみですね。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2017/2/5  19:58

投稿者:iga
きじねこ様

書き込み&御訪問ありがとうございます。

御質問の「臭い」の件、多少ありますが、ほとんど気になりません。(UVレジンは使用した事が無いので比較できませんが)少なくともラッカー系の塗装時より臭いはありません。

おまけに40秒程度で固まるのでなかなか面白い素材だと思います。

2017/2/4  23:20

投稿者:きじねこ
いつも楽しく拝見させていただいております。

よろしければ、一点教えていただきたいのですが、記事上のUVジェルクリアというものの「臭い」はいかがなものでしょうか?

以前、UVレジンというものに挑戦したことがあったのですが、その臭いの余りのキツさに耐え切れず、ビニル袋何重にもしてゴミ箱行きにしてしまったことがあるのですが。。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ