2007/8/25

我の強い昔の自分  気功関連

 私は元々、とても我の強い人間でした。気功師としてそれが、かなり足かせになっていた時期があります。今にして思うと、自分の力で何か結果を出したいという気持ちが強過ぎました。結果として良くなるのでは物足りなく、もっと「自分がやった!」という実感が欲しかったのです。大袈裟に言えば、光輝くような栄光が欲しかったんです。力でそれを成し遂げたならば、そこに栄光を感じられます。
 無為無我の境地では、治そうという意識はありません。ですから幾ら結果が出ても「自分がやった!」という実感は持ち難いんです。つまり栄光を感じ難いんですね。

 いつからでしょうか、この「自分がやった!」が欲しくなくなったのは。何が切っ掛けになったのかも、よく覚えていません。
 一義流気功の理念は、「一つの良い事を発信し続けよう」です。気功治療もその他の活動も含めて、正のエネルギーの源流であり続け、自分の手から離れたエネルギーは自由に解き放ちます。実はこの意識が、治療効果の深さを生み出します。
 ですから一義流気功を立ち上げる段階では、もう「自分がやった!」には興味がなくなってきていて、世界の中で自分がどうあるべきか? どう関わって影響を与えていくべきか? どう役割を果たしていくべきか? といった意識が強くなっていたのは確かです。

 治療師という者の性で、これはもう誰でも絶対に治したいんです。自分の栄光のためでも、患者さんを思う気持ちでも、お金のためでも、とにかく結果が欲しい。治したい意識から逃れるのは、言うは易し、行うは難しです。
 この「治したい」も、実はエネルギーです。施術中に願えば願うほど、このエネルギーは強くなります。ところが治したいという気持ちが強ければ強いほど、良くなるわけではありません。気の療法の世界では、それさえも不純物として、質が下がる要素になります。

 病気は敵ではないのだし、症状には意味があります。必ずしも、素直に治りたがっているわけではありません。あるべき姿に近づく、行くべき方向に進む、これが広い意味での治療になります。決して単純に「治す」が目的では、決してありません。潜在意識との協調関係がなければ、気功治療は底の浅い限定された効果に留まってしまうんです。治そうとする治療師の意識は、結果として障害になります。

 自分は治す事を決定する立場にはない。

 この事に気付くのに、少し時間がかかった気がしています。結局結果として本当の意味で治るのは、病気や症状に意味がなくなった時です。結果は任せて、ただ自分は一つの源流であり続ける。万能の神ではない自分は、そうあるべきだと思っています。

 そして結果を追わないこの姿勢でいる事が、私を気功師として成長させていき、伸び代も大きく取られています。その事で、逆に治るという結果が出るのですから、面白いものです。でもやっぱり良い結果が出ると、素直に嬉しいんですよ。人間ですからね。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
10
タグ: 治療師 気功師



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ